アグノム育成論

アグノムの育成論。

アグノムの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

アグノムの基本データ

全国 No.482 アグノム
アグノム 分類 : いしポケモン
タイプ : エスパー
高さ : 0.3 m
重さ : 0.3 kg
種族値 タイプ相性
HP 75
攻撃 125
防御 70
特攻 125
特防 70
素早さ 115
×4
×2 虫 霊 悪
×1/2 格 超
×1/4
無効
特性
ふゆう じめんタイプのわざを受けない。
隠れ特性(夢特性)
-

アグノムのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 アグノムを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

アグノムの特徴

【良いところ】

  • 攻撃・特攻種族値がともに125と高く、素早さも115族と高めです。速攻アタッカーとしての活躍が期待できます。
    素早さが高いため、相手ラティオスやゲンガーが死に出しで出てくることを牽制できます。仮にラティオスが出てきても、先制の「だいばくはつ」「れいとうパンチ」を当てていくことができます。
    耐久は低いので、相手からの攻撃は受けたくありません。バトル終盤に弱ったポケモンを狩ったり、味方の苦手なポケモンを「だいばくはつ」で倒したりというスタイルをとります。
  • 攻撃が高く、「だいばくはつ」を覚えるためハピナスなどの特殊受けで止まりません。アグノムが特殊受けに受けられても爆破することができます。相手の特殊受けをダメにすれば、コチラの後続の特殊エースが動きやすくなります。アグノムは「だいばくはつ」ゲンガー的な動きができ、しかも爆発の火力がゲンガーとは比べものになりません。
    アグノムが特殊受けを爆破した後に活躍できる特殊エースを手持ちに入れておくといい感じです。
  • エスパータイプなので「おいうち」に弱いです。
    しかしアグノムは「だいもんじ」を持つため、「おいうち」要員であるハッサムやメタグロスを牽制することができます。「いのちのたま」+特攻全振り性格補正無し「だいもんじ」で、HP振りメタグロスと特防特化ハッサムをどちらも確1にすることができます。
    「だいもんじ」は、「サイコキネシス」に耐性のある鋼タイプの弱点をつける優秀な技です。炎技を使えることは、ラティオスやフーディンとの差別化にもなります。

【悪いところ】

  • 紙耐久でありタイプ耐性も少ないため、交代出しのチャンスがほとんどありません。
    基本的には1撃で倒せる相手に死に出しをすることになりますが、交代読み「とんぼがえり」や「じしん」読みなどでバトルに出る回数を稼げればベターです。
  • 特攻種族値は高いのですが、メインウェポンとなる「サイコキネシス」の威力が90と低いです。このため、種族値のイメージほどは火力がありません。「りゅうせいぐん」を使えるラティオスや「ハイドロポンプ」を使えるスターミーに火力面で劣ります。
    散り際の「だいばくはつ」は強力ですが・・・
  • 強力な600族であるバンギラスを呼び寄せてしまいます。
    「サイコキネシス」「だいもんじ」に耐性があり、対処しにくい相手です。アグノムが逃げたターンのコチラ後続が大ダメージを受けるでしょう。アグノムはフーディンと違い「きあいだま」を覚えることができないため、バンギラスを牽制することができません。
    アグノムのような速攻アタッカーにはゴウカザル、スターミーがいます。彼らはタイプ一致技で弱点をつくことができるため、バンギラスを呼び寄せにくいです。
  • エスパータイプなので「おいうち」に弱いです。
    ハッサムやメタグロスは上記の通り牽制できますが、超霊狩りミカルゲには注意。ハッサムよりマイナーですが、「サイコキネシス」読みで無償降臨してくる上に「だいもんじ」で弱点をつくことができません。
    メタグロスでも「こだわりスカーフ」持ちがアグノムの「サイコキネシス」読みで出てくることがあります。
  • 準伝説解禁戦で強力なラティオスは、パーティにぜひ入れたいポケモンです。アグノムとラティオスは同じパーティで共存できるのでしょうか?
    アグノムもラティオスもエスパータイプのため「おいうち」に弱いです。アグノムは、「おいうち」要員ハッサムを「だいもんじ」で牽制できますが、スカーフメタグロスやミカルゲに弱い点はラティオスと被ります。そして準伝戦では、相手がラティオス意識で「おいうち」要員を入れてくることが通常戦より多いです。
    コチラのパーティにアグノムを入れることによりラティオスを採用しにくくなってしまうこと
    必ずといっていいほどいるラティオス対策のポケモンに弱いこと
    はアグノムの大きな欠点といえます。
    ラティオス禁止ルールでもない限り、ラティオスを使った方が強いです。

アグノムの型

【速攻アタッカー型】

性格 :
むじゃき
努力値:
特攻252 素早さ252 攻撃6
持ち物:
いのちのたまなど火力UP系 or きあいのタスキ
確定技:
サイコキネシス / だいもんじ / だいばくはつ
選択肢:
れいとうパンチ / くさむすび / とんぼがえり

速攻アタッカーとして使います。
バトル中盤にコチラの苦手なポケモンを「だいばくはつ」で倒したり、終盤に相手を全抜きする戦い方ができます。

◆性格・努力値について

「サイコキネシス」を使うため特攻に振ります。
素早さは、ゲンガーやラティオスと対峙せざるをえない時に抜かれないよう最速です。「だいばくはつ」を使うため攻撃を下げたくありません。特防↓のむじゃきとします。

◆持ち物について

    メインウェポンの威力が低いことを補える「いのちのたま」が理想です。サブウェポンの威力も同時に上げることができ、突破できるポケモンが増えます。
    「きあいのタスキ」で耐えて「だいばくはつ」もいいですが、バンギラスが出た時点で無意味となるためオススメできません。見せ合いありルール専用アイテムといえるでしょう。

    ◆技について

    「サイコキネシス」「だいもんじ」「だいばくはつ」「選択肢」という技構成とします。
    「サイコキネシス」はタイプ一致のメインウェポンです。
    「だいもんじ」は「サイコキネシス」に耐性のある鋼タイプに撃つ技です。アグノムが登場してからの第一手にもオススメ。適当に撃っておけば、アグノムを狩りにきたスカーフメタグロスに当たって倒せたりします。
    「だいばくはつ」は、コチラ後続の苦手なポケモンと共倒れになる技です。ハピナスなどに受けられた場合も突破することができます。
    残りの技は選択肢となります。
    「れいとうパンチ」はラティオスへの牽制技です。「いのちのたま」込みでHP4振りラティオスに7~8割程度のダメージがあります。ガブリアスやボーマンダ(「いかく」無し)も確1であり、バトル終盤の抜きに役立ちます。
    「くさむすび」は苦手なバンギラスへの牽制技となります。「いのちのたま」込みでHP振りバンギラス(砂嵐状態)に5~7割程度のダメージがあり、確2です。
    「とんぼがえり」は交代読みの技です。相手のポケモンを見てからコチラも交代できることが強みです。アグノムが呼び寄せるバンギラス・ラティオスの弱点を突いたり、相手の「おいうち」要員が誰かを確認しつつ交代ができます。とはいえ、バトルに出る機会の少ないアグノムが自分から引っ込むことになってしまうため、可能な限り使いたくはない技です。

役割関係

【アグノムを繰り出せるポケモン】

  • 特になし

【アグノムに繰り出されるポケモン】


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館