ゴウカザル育成論

ゴウカザルの育成論。

ゴウカザルの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

ゴウカザルの基本データ

全国 No.392 ゴウカザル
ゴウカザル 分類 : かえんポケモン
タイプ : ほのお / かくとう
高さ : 1.2 m
重さ : 55.0 kg
種族値 タイプ相性
HP 76
攻撃 104
防御 71
特攻 104
特防 71
素早さ 108
×4
×2 水 地 飛 超
×1/2 炎 草 氷 悪 鋼
×1/4
無効
特性
もうか HPが1/3以下になると、ほのおタイプのわざの威力が1.5倍になる。
隠れ特性(夢特性)
てつのこぶし パンチを使うわざの威力が1.2倍になる。

ゴウカザルのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ゴウカザルを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ゴウカザルの特徴

【良いところ】

  • 攻撃・特攻種族値が104と高めです。多くの技を習得でき、「いのちのたま」で火力を補えば受けにくいエースとして活躍できます。受けにくさを追求すると、特殊技の「だいもんじ」をメインに物理技の「インファイト」を合わせた二刀流型となります。格闘タイプがついているため、特殊寄りのアタッカーでありながらハピナス・カビゴンを寄せつけません。
  • 素早さ種族値が108と高めです。ガブリアスやボーマンダを抜いているので、コチラ先制の「めざめるパワー氷」を当てることができます。このためドラゴンを釘づけにでき、炎タイプでありながら「だいもんじ」読みで彼らに後出しされることが少ないです。バトル終盤にガブリアスに死に出しされても引かずに戦うことができます。
  • 対戦でよく見るフルアタ型(CS252@いのちのたま だいもんじ/インファイト/くさむすび/めざめるパワー氷)はいろいろな相手の弱点をつくことができます。バンギラス、メタグロス、ボーマンダ、ガブリアス、ドサイドンのような強力なアタッカーを寄せつけません。火力のある相手を呼び寄せにくいポケモンです。
  • 「アンコール」を習得できます。ゴウカザルよりも遅い相手の補助技読みで交代出しし、「アンコール」で技を縛ることにより相手を流せます。相手の補助技を牽制する効果もあり、コンボ封じにもなります。積み技や「みがわり」読みでの交代出しができるポケモンです。

【悪いところ】

  • 耐久は低めなので、相手の攻撃を受けないように戦いましょう。既に傷ついた相手を狩ることが主な仕事となりますが、相手の「こだわりスカーフ」による奇襲などもイタイので注意。
    交代で出すことは、相手の補助技読みで出して「アンコール」で縛れる時以外はほぼできません。バトルに出にくいので、止まりにくい技構成にします。
    味方のハッサムの後攻「とんぼがえり」などを使ってバトルに出る回数を増やしてもよいです。
  • 火力がそこそこにあり、いろいろな技を覚え、素早さが高めなのでバトル終盤で傷ついた相手を狩ることは得意です。止まる相手を予め倒すかダメージを与えておけば、全抜きも狙えます。
    しかし、バトル終盤の抜きエースとしてはより素早さの高いスターミーがいます。ゴウカザルはスターミーに弱く、先制で弱点をつかれてしまいます。スターミーは強力な特殊エースであり、使用率も高くメジャーな相手です。そのため結果的に終盤エースとしてゴウカザルが活躍しにくい状況となっています。ゴウカザルで全抜きを決めるためには、スターミーを予めソーナンスやカビゴンなどで狩っておく必要があります。
    また、単純に全抜きエースと考えた場合、素早さで勝っているスターミーの方が向いているとも考えられます。スターミーと差別化する場合、「アンコール」が使えること、ハピナス・カビゴンなどで止まらないことが挙げられます。バトル終盤では相手の特殊受け(ハピナス・カビゴン)は既にボロボロであると仮定すると、差別化点は「アンコール」により補助技読みでの交代出しができることのみとなります。
    しかしバトルでは相手を攻撃することが基本ですから、相手が補助技を使いそうもない場合「アンコール」は役に立ちません。また、補助技を使うと読んだ相手が攻撃してくるリスクもあります。例えばトドゼルガの「みがわり」読みで出して技を縛るとしても、読み外して相手が「なみのり」を使ってくると大ダメージということになります。また、相手が交代したターンに「アンコール」をすると相手の無償降臨を許してしまいます。これらのことはゴウカザルの問題点というよりも「アンコール」の問題点なのですが、「アンコール」でスターミーと差別化・・ということを考えるとゴウカザルの問題点ということにもなります。
    というわけで使いにくい「アンコール」を切り捨てて他の攻撃技を入れるということになりますが、ならば抜き性能のより高いスターミーを使った方がよいのではないか?ということになります。
  • 覚える技が多いことで有名です。最も止まりにくいテンプレの構成以外にも、「インファイト」を軸とした物理寄りの型もあります。どんな技構成にしても止まる相手は存在するので、ムリな相手が来たら素直に後続に交代します。エースのゴウカザルが苦手な相手を理解して、彼らに対応できるメンバーをパーティに入れておくのが基本です。
  • 二刀流で格闘タイプを持つため、ハピナスやカビゴンを呼び寄せません。これはスターミーと異なる点です。しかしソーナンスに捕まる点はゴウカザルもスターミーも同じ(ソーナンスをゴウカザルに出すのはもったいないですが・・)。コチラが二刀流なのでソーナンス側は「ミラーコート」一択とはいかないとはいえ「インファイト」は半減ですし、捕まると大変です。

ゴウカザルの型

【特殊寄り二刀エース型】

性格 :
むじゃき
努力値:
①素早さ252、攻撃調整、残り特攻
②素早さ252、特攻252、攻撃6
持ち物:
いのちのたま
メイン:
だいもんじ、インファイト
サブ技:
くさむすび、めざめるパワー氷
補助技:
アンコール

素早さが高いため抜き性能があり、相手を次々に倒していくことに向いています。6on6バトル終盤の抜き要員です。
相手のスターミーが邪魔なので、ソーナンスやカビゴンで狩っておくと吉です。
先発にして相手のギャラドスなどを呼び寄せておき、ギャラドスを倒してからもう一度繰り出して全抜きを狙う手もあります。
もしくは終盤に死に出しか、相手の補助技読みで交代出しして「アンコール」で縛ります。
味方のハッサムなどの後攻「とんぼがえり」から繋ぐこともできます。

性格・努力値について。
ガブリアスやボーマンダを抜いて攻撃したいので最速です。「インファイト」を使うため攻撃は下げたくないので特防↓のむじゃきとします。最速ガブリアス抜き程度に素早さ調整してもよいですが、バトル終盤で相手のゴウカザルと戦わざるを得ないときに確実に後攻となることはイタイです。
攻撃は防御振り性格補正↑ハピナスを「いのちのたま」+「インファイト」で確1にできるように調整します。ゴウカザルの攻撃個体値がVなら、20だけ振ればこの調整ができます。攻撃に無振りでも「いのちのたま」込みで高乱数1ですし、そもそもハピナスにゴウカザルの「インファイト」が当たるとしたら、ダメージの蓄積したバトル終盤だと考えられるのでこの調整はしなくてもよいです。お好みで。
「だいもんじ」を軸にしたエースなので残りは特攻に振ります。

持ち物について。
素の特攻種族値はあまり高くありません。火力を補うために「いのちのたま」がオススメです。
ついでに無振りの攻撃も補うことができます。

技について。
「だいもんじ」「インファイト」「くさむすび」「選択肢」という技構成とします。
「だいもんじ」はメイン技です。バトル終盤に相手を次々に倒していきたいので、特攻ダウン効果により連打できない「オーバーヒート」ではなくコチラを。「だいもんじ」と威力は同じですが反動があり、鋼相手に効きにくい物理技の「フレアドライブ」よりもオススメです。
「インファイト」はメイン技その2。「だいもんじ」に耐性があるバンギラスなど岩タイプや、特殊技に強いハピナス・カビゴンの弱点をつくことができます。
「くさむすび」は「だいもんじ」に耐性があるスターミー・ヤドラン・ラグラージなど水タイプの牽制です。ギャラドスに交代読みで撃って等倍ダメージを与えることもできます。ゴウカザルに交代出しされる相手の多くにダメージが通りやすいので、初手行動の交代読みにもオススメ。選択肢の「めざめるパワー氷」よりも有効な範囲が広いです。
残りの技は選択肢となります。
「めざめるパワー氷」は「だいもんじ」に耐性があるドラゴンタイプの弱点を突く技。バトル終盤の全抜きの時に、ドラゴン(ガブリアス・ボーマンダ)の死に出しで止まらなくなります。ゴウカザルは彼らよりも素早さが高いため、彼らを釘づけにできる炎タイプとしては持っておきたい技です。特にバトル終盤にガブリアスとタイマンとなることがあるので便利です。しかしドラゴンほぼピンポイントであり「くさむすび」の方が範囲は広いです。実は「だいもんじ」でもドラゴンにそこそこダメージは与えられるので、彼らはゴウカザルに後出しされにくく、氷技が必須というわけではありません。
「アンコール」はコチラよりも素早さの低い相手の補助技(特に「みがわり」など)読みでコチラゴウカザルを繰り出し、次のターンに使うことにより相手の技を縛ることができます。コレを利用して補助技を使う相手全般を流せるため、コチラがバトルに出やすくなるというメリットがあります。しかし読み外して攻撃技を受けると耐久の低いコチラには致命的。交代出しした時に相手の攻撃を受けるかもしれない&コチラが「アンコール」するターンに相手に無償で交代されてしまうかもしれないと、読み外すリスクを二重に負います。また、現実問題として「アンコール」できるような相手がなかなかいません。6on6では終盤ガブリアスとのタイマンで勝てる「めざめるパワー氷」を切って「アンコール」を入れてまで交代出ししやすくしたいなら、いっそのこと元から交代で出しやすい別なポケモンを使った方がいいのではないか?という考え方もあります。バトルに出るチャンスを増やしたいだけなら味方の後攻「とんぼがえり」から登場すればよいですし・・

役割関係

【ゴウカザルを繰り出せるポケモン】

【ゴウカザルに繰り出されるポケモン】


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館