クロバット育成論

クロバットの育成論。

クロバットの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

クロバットの基本データ

全国 No.169 クロバット
クロバット 分類 : こうもりポケモン
タイプ : ひこう / どく
高さ : 1.8 m
重さ : 75.0 kg
種族値 タイプ相性
HP 85
攻撃 90
防御 80
特攻 70
特防 80
素早さ 130
×4
×2 電 氷 超 岩
×1/2
×1/4 草 格 虫
無効
特性
せいしんりょく ひるまない。
隠れ特性(夢特性)
すりぬけ 相手の「リフレクター」や「ひかりのかべ」の効果を無視して攻撃できる。

クロバットのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 クロバットを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

クロバットの特徴

【良いところ】

  • 素早さが130族なので、ほぼ確実に相手に先制できます。「さいみんじゅつ」「はねやすめ」「ちょうはつ」など先制できると使い勝手の良い技を覚えるため、素早さを活かすことができます。
  • 「とんぼがえり」を習得できます。交代読みの後攻「とんぼがえり」はハッサムの方が向いているものの、都合の悪い相手からは先制「とんぼがえり」で逃げることができます。「さいみんじゅつ」だけかけて「とんぼがえり」してもOKです。
  • 「あまごい」を習得できるため、雨サポート要員として使うこともできます。雨を降らせた次のターンに「とんぼがえり」で逃げることができますが、コチラ交代先の雨パエースが相手の攻撃を受けることが欠点です。

【悪いところ】

  • クロバットは種族値的に火力が微妙です。「さいみんじゅつ」などの補助技を先制で使えることを活かして戦います。
  • 「さいみんじゅつ」と「ブレイブバード」はどちらもタマゴ技ですが、同時遺伝不可です。クロバットの習得できる攻撃技は「ブレイブバード」以外威力の低いものが多いので、「さいみんじゅつ」を使うと火力が落ちます。高い素早さからの「さいみんじゅつ」を取るか、火力ある「ブレイブバード」をとるか選択となります。
  • 毒タイプの技も飛行タイプの技も鋼タイプで止まります。「ねっぷう」を習得できますが、特攻種族値が70しかありません。特攻全振りのクロバットの「ねっぷう」でもHP振りメタグロスに約4~5割、特攻無振りで約3~4割とダメージが小さいです。

クロバットの型

【サポート型】

性格 :
おくびょうorようき
努力値:
素早さ252、HP252、防御or特防6
持ち物:
くろいヘドロorこうかくレンズ
メイン:
おくびょうなら ヘドロばくだん、エアスラッシュ
ようきなら クロスポイズン、つばめがえし
サブ技:
とんぼがえり
補助技:
さいみんじゅつorあやしいひかり、ちょうはつ、みがわり、はねやすめ

クロバットは高い素早さから先制でいろいろな補助技を繰り出して相手を撹乱することができます。交代読み「とんぼがえり」で逃げてもよいです。

性格・努力値は最速で。おくびょうとようきは技により選択です。
持ち物は「くろいヘドロ」が基本ですが、「さいみんじゅつ」の命中率を補う「こうかくレンズ」でもよいです。
いろいろな戦法ができます。
格闘技読みで繰り出し、交代読みで「さいみんじゅつ」や「あやしいひかり」で相手の行動を制限するだけでも十分です。「ちょうはつ」を持つことにより相手先発の「ステルスロック」を牽制することができます。
先手をとれることがウリなので、「でんじは」などマヒ撒きに気をつけてください。

関連


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館