ずっと俺のターン

あるポケモンが一方的に攻撃している状態が続く戦法を「ずっと俺のターン」と呼ぶことがあります。

大抵はトゲキッスの戦法(下の例1)を指すことが多いですが、他の戦法を指すこともあります。

例1 てんのめぐみトゲキッスのでんじは+エアスラッシュ

でんじはで相手の素早さを下げてからエアスラッシュを連打します。

特性てんのめぐみでエアスラッシュのひるみ効果は6割。でんじはのマヒ効果も加わって相手のポケモンが動ける確率は、3/4×4/10=3/10 よって3割です。

トゲキッスだけがずっとエアスラッシュを撃ち続けて相手は何もできない・・・ということになりやすいです。

また、てんのめぐみノコッチは、ダブルバトルの時にトリックルームを使うと先制がとれるので、相手2匹に対していわなだれで6割ひるみのずっと俺のターンができます。

☆参考:
トゲキッス育成論
てんのめぐみ+ひるみコンボ

例2 こんらん+マヒ

相手をこんらん+マヒ状態にすると、相手が動ける確率は、1/2×3/4=3/8 37.5%です。

てんのめぐみトゲキッスには勝てませんが、かなりの確率で相手は動けません。

また、てんのめぐみトゲキッスの戦法は読まれやすいですし、ずっとエアスラッシュを撃ち続けなければいけないという制約がありますが、こちらはこんらん+マヒさえ撒いてしまえば後は自由なので自由度の高い戦法です。

メロメロ+マヒも相手が攻撃できない確率では同様です。

例3 プテラのねむねご昆布

あらかじめ別のポケモンでステルスロックやまきびしを撒いておき、素早さの高いプテラ(技:ねむる/ねごと/ほえる/ふきとばし)で、ねむる+ねごとを先制で使います。

このとき、ほえるORふきとばしが選択され相手が交代して昆布ダメージを受ける確率は、2/3≒67%です。けっこう高いです。

本来後攻技であるほえる、ふきとばしを先制で使い相手を交代させ続けることができるので、相手は攻撃できず昆布ダメージが蓄積されていきます。

☆参考:昆布戦法

ちなみに「ずっと俺のターン」とは某カードゲーム(?)漫画の主人公がよく使うセリフに由来しています(汗)

スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館