ポリゴンZ育成論

ポリゴンZの育成論。

ポリゴンZの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

ポリゴンZの基本データ

全国 No.474 ポリゴンZ
ポリゴンZ 分類 : バーチャルポケモン
タイプ : ノーマル
高さ : 0.9 m
重さ : 34.0 kg
種族値 タイプ相性
HP 85
攻撃 80
防御 70
特攻 135
特防 75
素早さ 90
×4
×2
×1/2
×1/4
無効
特性
てきおうりょく 自分のタイプと同じタイプのわざの威力が2倍になる。
ダウンロード 相手のステータスが防御<特防なら攻撃、防御≧特防なら特攻のランクが1段階上がる。
隠れ特性(夢特性)
アナライズ そのターンのいちばん最後にわざを出すと、わざの威力が1.3倍になる。

ポリゴンZのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ポリゴンZを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ポリゴンZの特徴

【良いところ】

  • 特性「ダウンロード」「てきおうりょく」はどちらも強力です。
    基本的に、サブウェポンの火力まで上がる「ダウンロード」がオススメ。ノーマル技の火力も「てきおうりょく」時よりも高くなります。攻撃と特攻どちらが上がるかは分からないため一見運ゲのようにも見えますが、防御>特防の相手を選んで出せば意図的に特攻を上げることができます。「てきおうりょく」の場合と違い、ポリゴンZを出す相手を選ぶ必要があります。
  • 特攻種族値が135ととても高いです。素早さも高めなので交代で出てきた相手にも先手を取りやすく、そこそこ受けにくい特殊エースとして期待できます。「ダウンロード」で特攻UPに成功すれば火力は高いです。特防振りカビゴンも、特攻全振りポリゴンZの「ダウンロード(特攻↑)」+「いのちのたま」+「トライアタック」で低乱数2となり、安定して受けられません。メタグロスなどの後出しもできなくなります。
  • 決定力を大きく上げる積み技「わるだくみ」を覚えることができます。「ダウンロード(特攻↑)」と合わせれば特攻が2.5倍になります。耐久はないため、相手の交代読みで積みましょう。
    味方の「アンコール」で相手の補助技を縛ったり、「おきみやげ」により相手の交代を誘うサポートから積むのもアリです。
  • 特殊アタッカーでありながらハピナスを突破することができます。ハピナスを突破する主な方法は2つあります。
    1つは「ダウンロード(攻撃↑)」+「いのちのたま」+「おんがえし」による突破。
    もう1つは「ダウンロード(特攻↑)」+「いのちのたま」+「わるだくみ」+「トライアタック」による突破です。
    これらの方法で、ハピナスをそれぞれ確2・中低乱数2に持ち込むことができます(ハピナスは防御振り性格補正↑・特防振り)。
    ポリゴンZは、強力な特殊エースであるスターミーよりもハピナス・カビゴンを突破しやすいポケモンです。ハピナスを倒せれば、コチラ後続の特殊アタッカーが活躍しやすくなります。

【悪いところ】

  • 耐久が高くなく、タイプ耐性がほぼありません。そのため、バトルに交代出しするチャンスがほとんどありません。一度バトルに出たら、なるべく止まりにくくする必要があります。
    止まりにくくしたいとはいえ、素早さ種族値は微妙なところです。スターミー、ゴウカザル、ガブリアスなど様々な相手に抜かれてしまうので、バトル終盤の全抜きエースにはなれそうもありません。「こだわりスカーフ」を持たせれば彼らを抜くことはできます。しかし技選択ができなくなるため、止まりにくくするという点から見ると本末転倒という感じはします。火力UPアイテムを持たせることもできません。
    素早さが微妙なため抜き性能に欠けてしまい、かといって「こだわりスカーフ」を持たせると止まりやすくなってしまいます。同じ特殊寄りアタッカーとしては、抜き性能の高いスターミーやゴウカザルの方が使いやすいといえます。
  • 「トライアタック」がゴーストタイプに無効化されてしまうので、相手のゴーストが無償降臨してきます。特にゲンガーはポリゴンZよりも素早く、出られてしまうとコチラは逃げるしかありません。
    ゲンガーなどのゴーストを狩るには「おいうち」持ちハッサムがオススメです。
  • 「トライアタック」に耐性のある鋼・岩タイプも呼び寄せます。「ダウンロード(特攻↑)」+「いのちのたま」でメタグロスは何とかなりますが、バンギラスはキビシイです。「ダウンロード」で特攻が上がるとは限りませんし・・
    メタグロスなどの鋼タイプに後出しされた場合、コチラに「じりょく」ジバコイルがいれば逃がさずに狩ることができます。
  • メインウェポンの「トライアタック」の威力が80と低いです。「ダウンロード」で特攻が上がらなかった場合、スターミーの「ハイドロポンプ」やゴウカザルの「だいもんじ」の方が威力がある分、火力が高いです。

ポリゴンZの型

【特殊エース型】

特性 :
ダウンロード推奨
性格 :
むじゃきorおくびょう
努力値:
特攻252、素早さ252、HP6
持ち物:
いのちのたま
メイン:
トライアタック
サブ技:
あくのはどう、10まんボルト、おんがえし
補助技:
わるだくみ

死に出しで登場することが多くなります。
素早さが微妙なので、バトル終盤に残しても相手のスターミーやゴウカザルに負けてしまいます。
相手の素早いアタッカーをソーナンスなどで早めに狩っておくか、ポリゴンZを早めに使いきるかしましょう。

特性について。
相手を選べば、サブウェポンも含めて高火力となる「ダウンロード」推奨です。

性格・努力値について。
止まりにくくするため、先制で攻撃できる相手を増やす最速とします。相手に交代されても、次のターンの先制の一撃で相手をしとめやすくなります。
「おんがえし」を使う場合は攻撃を下げたくないのでむじゃき、使わない場合はおくびょうです。
エースなので特攻に振ります。

持ち物について。
突破力を上げる「いのちのたま」です。コレにより、攻撃に努力値を割かなくても「おんがえし」でハピナスを確2にできるメリットもあります。

技について。
「トライアタック」「あくのはどう」「10まんボルト」「選択肢」という技構成とします。
「トライアタック」はメインウェポンです。「はかいこうせん」も強力ですが、コレで相手を倒してしまうと反動ターンに積み技を使われてピンチとなることがあるため、使える相手が最後の一匹の時に限られてしまいます。普段使いしやすい「トライアタック」がオススメです。
「あくのはどう」はノーマル技に対し無償降臨してくるゴーストタイプに撃つ技です。ゲンガーには交代読みで当てる必要があります。ゴーストタイプの弱点は「シャドーボール」でも突けますが、ポリゴンZはハピナス・カビゴンなどノーマルタイプを呼び寄せる場合もあるので、彼らに無効化されない「あくのはどう」にします。
「10まんボルト」は耐久の高い水タイプの弱点を突くことができます。コレがないと「ダウンロード」で特攻UPに失敗した場合、HP振りミロカロスにすら受けられてしまいます。電気技は鋼タイプへの攻撃手段にもなります。このスペースにドラゴン対策の「れいとうビーム」を入れることも考えられますが、HP4振りガブリアス・ボーマンダが「トライアタック」でも確2となるためそこまで必要ありません。ドサイドンなどに撃つことはできますが・・
残りの技は選択肢となります。
「おんがえし」はハピナスを突破できる技。「ダウンロード(攻撃↑)」+「いのちのたま」で防御振り性格補正↑ハピナスが確2となります。「すてみタックル」なら「ダウンロード(攻撃↑)」無しでもハピナスを確2にできますが、大量の努力値を攻撃に割かなくてはいけないのでムリです。反動も痛いのでコチラを使います。
「わるだくみ」は決定力を上げる積み技です。コレを積んでも、素早さの関係から全抜きは難しいことが残念です。また、交代読み以外では積みにくいです。

役割関係

【ポリゴンZを繰り出せるポケモン】

  • 特になし

【ポリゴンZに繰り出されるポケモン】


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館