ライチュウ育成論

ライチュウの育成論。

ライチュウの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

ライチュウの基本データ

全国 No.026 ライチュウ
ライチュウ 分類 : ねずみポケモン
タイプ : でんき
高さ : 0.8 m
重さ : 30.0 kg
種族値 タイプ相性
HP 60
攻撃 90
防御 55
特攻 90
特防 80
素早さ 100
×4
×2
×1/2 電 飛 鋼
×1/4
無効
特性
せいでんき 直接わざを受けたとき、30%の確率で相手をまひ状態にする。
手持ちの先頭にいると、でんきタイプの野生ポケモンが出現しやすくなる。
隠れ特性(夢特性)
ひらいしん でんきタイプのわざを全て自分が受けて無効化し、特攻のランクが1段階上がる。

ライチュウのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ライチュウを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ライチュウの特徴

【良いところ】

  • 耐久がないため相手の攻撃技を受けて出て行くのは難しいです。しかしライチュウは素早さが高めで「アンコール」を使えるため、相手の補助技読みで出していき技を縛ることができます。ハピナスの「タマゴうみ」やミロカロスの「じこさいせい」を縛って隙をつくりましょう。「アンコール」の後は交代読み「みがわり」や「きあいパンチ」でも。
  • 「アンコール」「ねがいごと」など味方のサポートに使える技を覚えることができます。
  • ライチュウに出てきた遅い相手の「じしん」を先制「でんじふゆう」でかわし、「アンコール」で縛ることができます。技スペースがきつすぎますが・・
  • サンダース、ライコウなど電気タイプにはサブウェポン不足に悩むポケモンが多いですが、ライチュウは「くさむすび」「きあいパンチ」「きしかいせい」などを使うことができ、技の幅があります。特に、「くさむすび」を持てることにより相手のドサイドン、ラグラージがライチュウに対し出てきにくくなっています。
  • 進化前のピカチュウに比べ素早さ種族値が10も高いです。また、耐久もピカチュウよりは安定し、特攻無振りの相手の特殊技なら大抵1発は耐えてくれます。

【悪いところ】

  • ピカチュウよりは安定したとはいえ、物理耐久がとても低いです。攻撃力の高い相手だと、先制技2発で倒されてしまうことも。
  • フルアタ寄りにするとピカチュウの劣化気味となります。「ボルテッカー」で突っ走りたいならピカチュウを使いましょう。ライチュウは相手を見ながら大人の戦いをするのです♪
  • 特防に振ってヤドラン等水タイプ相手に出ていき、相手を流す型もあります。しかし素早さがサンダースよりも遅く、最速スターミーを抜くことができず、しかも特殊耐久がサンダースよりも低いため劣化気味です。また、サンダースと違い「でんじは」など電気技読みでの無償降臨ができません。

ライチュウの型

【アンコール型】

性格 :
せっかちorおくびょう
努力値:
特攻252、素早さ252、HP6(特防、素早さ調整でも可)
持ち物:
いのちのたま等火力UP系
メイン:
10まんボルト
サブ技:
(物理)きあいパンチ
(特殊)くさむすび、めざめるパワー氷
補助技:
アンコール、みがわり

相手の補助技を読んで登場し、次のターン先制の「アンコール」で縛ります。
「アンコール」は相手に読まれて交代されやすいため、あえて「アンコール」せずに「みがわり」選択でもOK。

性格・努力値について。
基本的に最速・特攻全振りとします。
ライチュウは「アンコール」のイメージで相手の交代を誘いやすく、「みがわり」「きあいパンチ」との相性がよいです。
「きあいパンチ」を使っていくなら攻撃は下げたくないので、防御↓のせっかちとします。相手水ポケモンに出す時のために、特防は下げたくありません。「きあいパンチ」を使わないならおくびょうです。

持ち物について。
素の攻撃・特攻種族値はどちらも90と高くありません。突破力を上げる「いのちのたま」がよいです。反動ダメージが嫌な場合は「いかずちプレート」など。仮想敵である水タイプは耐久が高めのポケモンが多く、特攻全振りでも半分程度しかダメージを与えられないため、火力UP系アイテムがオススメです。

技について。
「アンコール」「10まんボルト」「選択肢」「選択肢」という技構成にします。
「アンコール」は、耐久のないライチュウを後出しするための大切な技です。相手の回復技や「のろい」等を読んだらライチュウに交換し、「アンコール」します。相手のコンボ封じとして役立つ技です。読まれやすいですが、コレがないと始まりません。
「10まんボルト」は耐久型水タイプ中心に撃つ技で、「いのちのたま」持ちでHP振りヤドランが高乱数1、HP振りミロカロスが確2というところです。
選択肢は、サブウェポンか「みがわり」が入ります。
「くさむすび」は地面タイプに効果抜群で、ラグラージ・ドサイドンを強く牽制できますが、ラグラージの「リンドのみ」+「ミラーコート」には注意です。
「めざめるパワー氷」は、ライチュウに出てきやすいガブリアスに撃つ技です。交代読みで撃ってもよいですし、交代読み「みがわり」→「めざめるパワー氷」とつなげても。ガブリアスの方が素早いため、交代読みしか使う機会がないのが欠点です。火力も範囲も「くさむすび」の方がベターですが、パーティと相談で決めましょう。
「きあいパンチ」は、「アンコール」で相手の交代を誘いやすいライチュウと相性のよい技です。ゴーストタイプが怖いなら、交代読み「みがわり」をキメてから「きあいパンチ」してもOK。

「アンコール」で補助技を縛るか、読まれて相手に無償降臨されるか。
相手のパーティや技を読むプレイングが求められます。

関連


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館