ウォッシュロトム育成論

ウォッシュロトムの育成論。ポケモンブラック・ホワイト対応版。

ウォッシュロトムの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

ウォッシュロトムの基本データ

全国 No.479 ウォッシュロトム
ウォッシュロトム 分類 : プラズマポケモン
タイプ : でんき / みず
高さ : 0.3 m
重さ : 0.3 kg
種族値 タイプ相性
HP 50
攻撃 65
防御 107
特攻 105
特防 107
素早さ 86
×4
×2 草 地
×1/2 炎 水 氷 飛
×1/4
無効
特性
ふゆう じめんタイプのわざを受けない。
隠れ特性(夢特性)
-

ウォッシュロトムのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ウォッシュロトムを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ウォッシュロトムの特徴

【良いところ】

  • 様々なタイプに耐性を持ち、半減技読みで繰り出しやすいポケモンです。メジャーな水タイプだけでなく、BWで種類が増えた炎タイプにも繰り出せます。メタグロスを初めとする鋼タイプにも特に強く、特性「ふゆう」で「じしん」も効きません。その他では、トゲキッスやトルネロスなど飛行タイプにも対応できます。
    ウォッシュロトムは様々な相手の対策になるので、パーティの苦手潰しとして優秀なポケモンです。
  • 通常の電気タイプはバンギラスやマンムーなどの物理アタッカーを呼び寄せてしまいがちですが、ウォッシュロトムは「ハイドロポンプ」を覚えるためこれらの相手を呼び寄せません。バンギラスや地面ポケモンに強い電気タイプは珍しく、ウォッシュロトムならではの活躍ができます。

【悪いところ】

  • ウォッシュロトムの電気技+水技に耐性があるドラゴンや草といったタイプの相手が苦手です。ウォッシュロトムは多くの水ポケモンが習得できる「れいとうビーム」を覚えられず、氷技が「めざめるパワー」しかないためこれらの相手の牽制手段に欠けます。
    強力なポケモンが多いドラゴンに弱いのは特に意識しておきましょう。ラティオス・ラティアスなどの強力なエースが繰り出されてしまうので、補助技やパーティ構成での対策を。

ウォッシュロトムの型

【こだわりメガネ型】

特性 :
ふゆう
性格 :
ひかえめ or おだやか
努力値:
①HP252 特攻252
②HP252 特防調整 特攻調整 (防御調整 素早さ調整)
持ち物:
こだわりメガネ
確定技:
10まんボルト or かみなり / ハイドロポンプ
選択肢:
めざめるパワー / ボルトチェンジ / トリック

有利な相手に繰り出し、一発攻撃したら逃げる戦法をとります。「こだわりメガネ」と相性がいいポケモンです。

◆特性について

「ふゆう」で地面技に無償光臨できます。地面ポケモンに強くなるだけでなく、鋼ポケモンの「じしん」も効きません。

◆性格・努力値について

①ベースとなる努力値です。半減技読みで繰り出して一発撃ち逃げという戦法に合った振り方です。火力を重視し、繰り出す耐久を確保するため素早さでなくHPに振っています。
②仮想敵に合わせて努力値調整をかけます。確定まで振ると努力値が足りなくなる場合、高乱数で妥協する手もアリ。
性格は基本的にひかえめでよいですが、ドラゴンの「りゅうせいぐん」耐え調整をしておきたいならおだやかです。

  • 特殊耐久調整:種族値の低いHPに全振りした上で特防を調整します。
  • 特攻調整:特攻を最低限に抑えることで耐久に多く回せます。
  • 物理耐久調整:HPに全振りした上で防御を調整します。必須ではありませんが、ガブリアスなどの仮想敵を意識して調整できます。
  • 素早さ調整:一発撃ち逃げ戦法なので理論上素早さは重視されませんが、実戦では抜いておくと便利な相手がいます。素早さ調整した分だけ耐久や火力が落ちるため、他ステータスの配分と相談です。

(略称 H:HP A:攻撃 B:防御 C:特攻 D:特防 S:素早さ)

●特殊耐久調整
No. 性格 能力
実数値
努力値
(6V時)
説明
1 ひかえめ H157
D142
H252
D116
特攻全振り性格補正無しラティオス@いのちのたま の
りゅうせいぐん1発耐え
2 ひかえめ H157
D150
H252
D180
特攻特化シャンデラの
シャドーボール2発耐え
☆シャンデラ@こだわりスカーフ にも繰り出しやすくなる
3 おだやか H157
D158
H252
D132
特攻調整性格補正↑サザンドラ(C実数値176)@こだわりメガネ の
りゅうせいぐん1発耐え
☆C116振りサザンドラに合わせた調整
4 おだやか H157
D165
H252
D180
特攻全振り性格補正無しラティオス@こだわりメガネ の
りゅうせいぐん1発耐え
●特攻調整
No. 性格 能力
実数値
努力値
(6V時)
説明
1 ひかえめ C147 C68 HP4振りウルガモス(ちょうのまいで特防1段階↑)を
ハイドロポンプ@こだわりメガネ で確定1発
2 おだやか C134 C68 耐久調整ガブリアス(H実数値201 特防4振り)を
めざめるパワー氷@こだわりメガネ で確定1発
☆性格ひかえめなら無振りでも確定1発
3 おだやか C136 C84 HP振りサザンドラを
めざめるパワー氷@こだわりメガネ で確定2発
2のガブリアス確1調整では高乱数2発
4 おだやか C139 C108 HP振りスイクンを
かみなり@こだわりメガネ で確定1発
☆性格ひかえめなら無振りでも高乱数1発
●物理耐久調整
No. 性格 能力
実数値
努力値
(6V時)
説明
1 ひかえめ
おだやか
H157
B133
H252
B44
攻撃調整性格補正↑バンギラス(A実数値194)@こだわりハチマキ の
ストーンエッジ1発耐え(砂嵐込み)
☆A180振りバンギラスに合わせた調整
2 ひかえめ
おだやか
H157
B139
H252
B92
攻撃特化バンギラス@こだわりハチマキ の
ストーンエッジ1発耐え(砂嵐込み)
☆バンギラスにタイマンで勝て、ドサイドン@こだわりハチマキ にも繰り出しやすくなる
3 ひかえめ
おだやか
H157
B140
H252
B100
攻撃全振り性格補正無しガブリアス@こだわりハチマキ の
げきりん1発耐え
●素早さ調整
No. 性格 能力
実数値
努力値
(6V時)
説明
1 ひかえめ
おだやか
S114 S60 素早さ全振り性格補正無しバンギラス抜き
素早さ調整スイクン(こごえるかぜで素早さ1段階↓最速ガブリアス抜き調整)抜き

※求めている条件が性格ひかえめ・おだやか両方で達成できる場合、おだやかにして種族値が高い特防に性格補正をかけた方が努力値が少なく済みそうです。しかし、ウォッシュロトムの特攻・特防の種族値差が小さいため、切り捨て計算の誤差により実際にはひかえめの方が努力値が少なく済むケースもあります(おだやかにすると特防が条件ピッタリにならず、ムダが出てしまう場合)。ひかえめ・おだやかどちらが努力値が少なく済むかは努力値配分により異なるため、こだわる方はケースごとに計算して決めてください。

◆持ち物について

  • こだわりメガネ :
    繰り出しやすく、一発撃ち逃げの戦法をとりやすいウォッシュロトムと相性がよいアイテムです。

◆技について

  • 10まんボルト :
    水タイプ全般への遂行技です。
  • かみなり :
    「10まんボルト」より命中は落ちますが、高耐久水タイプを落としやすくなります。「こだわりメガネ」と特攻調整によりスイクンも落とせます。
    雨下で必中化するので、雨パの水タイプにも効果的。
  • ハイドロポンプ :
    炎・地面タイプやメタグロスへの遂行技。この技を持つためバンギラスも呼び寄せません。
  • めざめるパワー :
    氷タイプ⇒電気技+水技に耐性があるドラゴンへの牽制技。ガブリアスの4倍弱点を突けますが、特防が高いラティアスへのダメージは微妙。
    草タイプ⇒トリトドンを初めとする水/地面タイプやランターンへの牽制技。これらのポケモンよりもドラゴンの方が対処が難しいため、通常は氷タイプが優先されます。
    炎タイプ⇒ナットレイ・ユキノオーの4倍弱点を突けます。これらの相手よりもドラゴンの方が対処しにくいため、やはり氷タイプ優先です。
  • ボルトチェンジ :
    交代読みで使い、交代先の相手を見てからこちらも交代できるサポートです。「こだわりメガネ」と合わせれば火力も中々。
    「とんぼがえり」と異なり、地面タイプに交代されると無効化される点に注意です。必ずしも安定行動とはいえません。
  • トリック :
    「こだわりメガネ」を相手に押しつけて行動を制限します。ナットレイなどの物理相手には効果的ですが、呼び寄せたラティオスなど特殊ドラゴンに押しつけても意味がなく、状況によっては相手を強化してしまいます。

【小回り型】

特性 :
ふゆう
性格 :
ひかえめ or おだやか
努力値:
①HP252 特攻252
②HP252 特防調整 特攻調整 (防御調整 素早さ調整)
持ち物:
たべのこし or オボンのみ
確定技:
10まんボルト or かみなり / ハイドロポンプ
選択肢:
ボルトチェンジ / みがわり / いたみわけ / でんじは / おにび /
ひかりのかべ / リフレクター / めざめるパワー

ウォッシュロトムは「こだわりメガネ」と相性がよいですが、パーティでラティオスやラティアスと組ませるのに適したポケモンでもあります。ラティオスやラティアスに「こだわりメガネ」を持たせるなら別なアイテムを持たせることになります。【こだわりメガネ型】に比べ火力は落ちますが、小回りがききます。

◆特性について

「ふゆう」で地面技に無償光臨できます。地面ポケモンに強くなるだけでなく、鋼ポケモンの「じしん」も効きません。

◆性格・努力値について

①ベースとなる努力値です。半減技読みで繰り出したら一発撃ち逃げの戦法をとるため特攻を重視し、素早さではなくHP振りです。
②仮想敵に合わせて努力値調整をかけます。確定まで振ると努力値が足りない場合、高乱数で妥協する手もアリ。
性格は基本的にひかえめですが、ドラゴンの「りゅうせいぐん」耐え調整をかけたいならおだやかです。
耐久調整・素早さ調整は上の【こだわりメガネ型】を参照。

●特攻調整
No. 性格 能力
実数値
努力値
(6V時)
説明
1 ひかえめ C154 C116 HP振りメタグロスを
ハイドロポンプで確定2発
2 おだやか C130 C36 HP振りスイクンを
10まんボルトで確定2発
☆性格ひかえめなら無振りでも確定2発
3 おだやか C134 C68 HP4振りスターミーを
10まんボルトで確定1発
☆性格ひかえめなら無振りでも確定1発
4 おだやか C142 C132 耐久調整バンギラス(特攻全振り性格補正無しラティオス@こだわりメガネ のりゅうせいぐん1.5発耐え)をハイドロポンプで確定2発(砂嵐下)
☆性格ひかえめなら無振りでも高乱数2発

◆持ち物について

  • たべのこし :
    何度も繰り出せるので相性がよいです。「いたみわけ」と併用もできます。
  • オボンのみ :
    繰り出せる回数や「みがわり」を張れる回数が増えます。

◆技について

  • 10まんボルト :
    水タイプ全般への遂行技です。
  • かみなり :
    「10まんボルト」より命中が落ち、遂行技としては不安定。高耐久水タイプにより多くのダメージを見込めますが、スイクンやスターミーへの確定数は「10まんボルト」でも変わりません。
  • ハイドロポンプ :
    炎・地面タイプやメタグロスへの遂行技。努力値配分によっては特防に振ったメタグロスを半分も削れません。
  • ボルトチェンジ :
    交代読みで使い、交代先の相手を見てからこちらも交代できるサポートです。
    「とんぼがえり」と異なり地面タイプに交代されると無効化される点に注意。
  • みがわり :
    交代読みで使い、交代先の相手を見てから行動を選択できます。
  • いたみわけ :
    HPが低いウォッシュロトムと相性がよい回復手段。ラティオス・ラティアスの「りゅうせいぐん」を耐えて回復することもできます。
  • でんじは :
    ラティオス・ラティアスなど素早い相手への牽制手段。素早いドラゴンにマヒが入れば、後続のサポートになります。
  • おにび :
    物理相手を機能停止にできますが、ウォッシュロトムが呼び寄せるのは特殊相手が多いため微妙です。対メタグロスでは「ハイドロポンプ」よりも強力な流し手段。
  • ひかりのかべ :
    ラティオスなどの特殊エースへの交代読みで使い、後続の負担を減らせる技です。
  • リフレクター :
    物理相手に強くなります。呼び寄せる相手で最も警戒すべきラティオス・ラティアスを対策できないため、「ひかりのかべ」が優先されます。
  • めざめるパワー :
    「こだわりメガネ」無しではなおさら火力不足です。
    氷タイプ⇒電気技+水技に耐性があるドラゴンへの牽制技。低威力のため、4倍弱点を突けるガブリアスでも削り切れなかったりします。

役割関係

【ウォッシュロトムを繰り出せるポケモン】

鋼や地面タイプなどの物理相手から、水や炎タイプといった特殊相手まで幅広く役割範囲に入ります。飛行タイプの相手も得意。

【ウォッシュロトムに繰り出されるポケモン】

電気技+水技に耐性があるドラゴンや草といったタイプを呼び寄せます。ウォッシュロトムは特殊アタッカーなので、特殊耐久が高いノーマルタイプも苦手。


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館