スイクン育成論

スイクンの育成論。ポケモンブラック・ホワイト対応版。

スイクンの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

スイクンの基本データ

全国 No.245 スイクン
スイクン 分類 : オーロラポケモン
タイプ : みず
高さ : 2.0 m
重さ : 187.0 kg
種族値 タイプ相性
HP 100
攻撃 75
防御 115
特攻 90
特防 115
素早さ 85
×4
×2 草 電
×1/2 炎 水 氷 鋼
×1/4
無効
特性
プレッシャー 相手が使用したわざのPPを1多く減らす。
手持ちの先頭にいると、レベルの高い野生ポケモンが出現しやすくなる。
隠れ特性(夢特性)
ちょすい みずタイプのわざを受けると無効化し、最大HPの1/4だけ回復する。

スイクンのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 スイクンを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

スイクンの特徴

【良いところ】

  • 物理耐久が高い水タイプなので、岩・地面・鋼タイプなどの物理相手に繰り出せます。岩・地面技には耐性がなく等倍で受ける必要がありますが、高い物理耐久が役立ちます。
    ドラゴン複合地面タイプのガブリアスへの後出しも無理ではありません。最近の調整では、攻撃調整ガブリアス(攻撃実値164程度)@こだわりハチマキ までの攻撃力のガブリアスがスイクンで対応する役割範囲に入ります。
  • 水タイプなので物理耐久に注目されますが、特殊耐久も高いです。ドラゴンの「りゅうせいぐん」を耐えやすく、ボーマンダなどのドラゴンに強引に反撃できるチャンスもあります。

【悪いところ】

  • 特攻種族値が高くなく、特攻に全振りする余裕もないため火力がありません。相手の交代先に対しダメージを稼ぎにくく、多くの強力なアタッカーを呼び寄せます。スイクンが呼ぶドラゴンや電気タイプの特殊エースは、特に味方で対策しておく必要があります。
    火力のなさはスキを見せることに繋がり、積み技の起点にもされやすいです。
  • タイプと耐久を活かして様々な相手に繰り出せますが、相手を流すこと以外にできることが特にありません。
    同じく耐久が高めの水タイプには、シャワーズやブルンゲルなどがいます。「ねがいごと」サポートを持つシャワーズ・ゴーストタイプと「おにび」が優秀なブルンゲルと異なり、スイクンは+αの採用メリットに欠けます。

スイクンの型

【改 岩・地面・鋼流し型】

特性 :
プレッシャー
性格 :
ずぶとい
努力値:
①HP252 防御252
②特攻調整 素早さ調整 残り耐久
持ち物:
オボンのみ or たべのこし
確定技:
なみのり or ハイドロポンプ or ねっとう / こごえるかぜ or れいとうビーム
選択肢:
どくどく / みがわり / まもる

スイクンの最近の型です。
水タイプと耐久を活かし、岩・地面・鋼などの物理相手を流します。草技を使わない炎タイプの流しも可能。
下の伝統的な【岩・地面・鋼流し型】よりもタイマンを重視し、ドラゴン複合地面のガブリアスへの繰り出しも意識した型です。

◆特性について

「プレッシャー」で相手のPPを削れます。特にPP8の大技には痛い特性。

◆性格・努力値について

①岩・地面など等倍物理技に繰り出すので、ずぶとい防御特化がベースです。
②主にガブリアスを意識して努力値調整します。
[特攻調整]

  • 「こごえるかぜ」で耐久調整ガブリアス(HP実数値201~205程度)を確2
  • 「れいとうビーム」でHP4振りガブリアスを確1(ついでにボーマンダも確1)

[素早さ調整]
振りすぎると耐久を削るので程々に。

  • 素早さ実数値113:「こごえるかぜ」で素早さ1段階↓最速ガブリアス抜き
  • 素早さ実数値120くらい:調整85族~グライオンを抜きやすくなる
  • 素早さ実数値125:最速バンギラス抜き
  • 素早さ実数値135:最速キノガッサ抜き

残りは繰り出しに備えて耐久へ。HPに振ってから防御に振るのがベースです。

◆持ち物について

  • オボンのみ :
    「オボンのみ」込みで攻撃を耐えることで耐久に回す努力値を削り、特攻や素早さに割けます。
  • たべのこし :
    役割の安定に。乱数で落ちる攻撃を確定耐えしたりもできます。「みがわり」とも好相性。

◆技について

  • なみのり :
    岩・地面・鋼タイプへの無難な遂行技。低威力のためタイプ一致で弱点を突いても落とせない相手が多数います。
  • ハイドロポンプ :
    岩・地面・鋼タイプへの遂行技。ウルガモスなどを落としやすくなりますが、遂行技の命中率としては安定しません。
    特性「プレッシャー」が多い準伝説戦だとPPにも不安が残ります。
  • ねっとう :
    やけどは便利ですが、発動するかは分からないので運ゲ気味。「なみのり」でも足りない威力がさらに下がります。
  • こごえるかぜ :
    対ガブリアスで役立つほか、交代読みで相手の素早さを下げればスイクンの後続サポートになります。
  • れいとうビーム :
    水技に耐性があるドラゴンへの牽制技ですが、弱点を突いても低火力すぎます。ドラゴンとのタイマンにも使います。
    「こごえるかぜ」と異なり「きあいのタスキ」に弱いです。
  • どくどく :
    高耐久水タイプ・ハピナス・ポリゴン2@しんかのきせき などとバトルが硬直状態になることを避けます。アタッカーには効果が薄いので注意。
  • みがわり :
    「プレッシャー」「たべのこし」と相性が良く、交代読みや状態異常回避に使えます。
  • まもる :
    「たべのこし」の回復を稼ぎつつ「プレッシャー」でPP削りができます。様子見にも使えますが、多用すると読まれて交代されます。

【岩・地面・鋼流し型】

特性 :
プレッシャー
性格 :
ずぶとい
努力値:
①HP252 防御252
②特攻調整 残り耐久
持ち物:
カゴのみ
確定技:
なみのり or ハイドロポンプ or ねっとう / ねむる
選択肢:
れいとうビーム / リフレクター / めいそう / ほえる / みがわり

スイクンの古き良き型です。
水タイプと耐久を活かし、岩・地面・鋼などの物理相手を流します。草技を使わない炎タイプの流しも可能。

◆特性について

「プレッシャー」で相手のPPを削れます。特にPP8の大技には痛い特性。

◆性格・努力値について

①岩・地面など等倍物理技に繰り出すので、ずぶとい防御特化がベースです。
②水技の火力が足りないので、基準の相手を決めて特攻に割きます。素早さ調整は必須ではありません。
[特攻調整]

  • 「なみのり」で特防振り「ハードロック」ドサイドンを確1
  • 「れいとうビーム」でHP4振りガブリアスを確1(ついでにボーマンダも確1)

残りは物理耐久へ。HPに振ってから余りを防御に振るのが基本です。

◆持ち物について

  • カゴのみ :
    ねむカゴで確実に回復。

◆技について

  • なみのり :
    岩・地面・鋼タイプへの遂行技。低威力のためタイプ一致で弱点を突いても落とせない相手が多数います。
  • ハイドロポンプ :
    岩・地面・鋼タイプへの遂行技。特攻を調整すれば落とせる相手を増やせますが、「なみのり」より命中率が下がるので安定感に欠けます。
    特性「プレッシャー」が多い準伝説戦だとPPにも不安が残ります。
  • ねっとう :
    やけどは便利ですが運ゲ気味。「なみのり」でも足りない威力がさらに下がります。
  • ねむる :
    唯一の回復技。繰り出せる回数を増やします。
  • れいとうビーム :
    水技に耐性があるドラゴンへの牽制技。弱点を突いても低火力すぎます。
  • リフレクター :
    スイクンの耐久を高められ、交代しない物理相手に強くなります。
  • めいそう :
    積み技で火力を上げます。特殊耐久を上げて居座りも狙えます。
  • ほえる :
    相手の積み技を解除できます。
  • みがわり :
    交代読みで使えて「プレッシャー」との相性も良いですが、体力を削ります。

【ぜったいれいど型】

特性 :
プレッシャー
性格 :
のんき
努力値:
①HP252 防御252
②「しんそく」あり:(素早さ調整) 特攻調整 残り耐久
③「しんそく」なし:素早さ調整 特攻調整 残り耐久
持ち物:
オボンのみ
確定技:
なみのり or ハイドロポンプ or ねっとう / ぜったいれいど /
れいとうビーム or こごえるかぜ
選択肢:
しんそく / みがわり

配布クラウンスイクンの型。「しんそく」の有無で努力値と技構成が変わります。
低火力の攻撃技の代わりに一撃必殺技「ぜったいれいど」を使います。スイクンの火力無さを解決してくれますが、「ぜったいれいど」が当たらなければ意味がないため試行回数を稼げるような組み立てを。
「ぜったいれいど」により、シャワーズ・ハピナス・ポリゴン2@しんかのきせき などにも圧力をかけられます。

◆特性について

この型ではオマケ程度な「プレッシャー」です。

◆性格・努力値について

配布クラウンスイクンの性格はのんき固定です。
①岩・地面・鋼タイプを中心とした物理相手に繰り出すため、防御特化がベースです。
②「しんそく」を使うときの努力値調整
[素早さ調整]
「れいとうビーム」+「しんそく」でガブリアスを倒せるので、「こごえるかぜ」前提の調整は必要ありません。ただし、性格のんきの下降分を補うためにある程度振るのはアリ。素早さ実数値103で全振り性格補正無しラッキーを抜けます。その場合耐久に回す分が減るので、耐久をある程度妥協することになります。
[特攻調整]
「れいとうビーム」+「しんそく」で耐久調整ガブリアス(HP実数値201~205程度)を確定で倒せるよう調整。
[耐久]
HPに振ってから余りを防御へ。大半の攻撃を2発は耐える耐久です。
③「しんそく」を使わないときの努力値調整
「こごえるかぜ」でガブリアスに打ち勝つことを基準とした努力値調整があります。
[素早さ調整]
「こごえるかぜ」で最速ガブリアスを抜ける実数値113が最低ライン。
[特攻調整]
「こごえるかぜ」で耐久調整ガブリアス(HP実数値201~205程度)を確2など。
[耐久]
物理相手への繰り出しに備えます。まずHPに振り、余りを防御へ。

◆持ち物について

  • オボンのみ :
    「オボンのみ」込みで攻撃耐え調整をすることで耐久に回す努力値を削り、特攻や素早さに割けます。

◆技について

「しんそく」の有無で技構成が変わります。
「しんそく」あり:水技/ぜったいれいど/れいとうビーム/しんそく
「しんそく」なし:水技/ぜったいれいど/こごえるかぜ/選択肢
となります。

  • なみのり :
    岩・地面・鋼タイプへの遂行技。安定しますが火力不足です。
  • ハイドロポンプ :
    岩・地面・鋼タイプへの遂行技。落とせる相手を増やせますが、安定感に欠けます。
  • ねっとう :
    やけどは便利ですが運ゲ気味。「なみのり」でも足りない威力がさらに下がります。
  • ぜったいれいど :
    試行回数を稼げれば強力な技。一度も当たらないと悲惨ですが・・
  • れいとうビーム :
    「しんそく」があるなら氷技はこちら。特攻調整「れいとうビーム」+「しんそく」でガブリアスに勝てます。
  • こごえるかぜ :
    「しんそく」がないなら氷技はこちら。素早さ↓効果でガブリアスに勝てます。
  • しんそく :
    火力不足から削りきれない相手に追撃できます。特にドラゴンとのタイマンに重宝しますが、相手の交換には弱いので注意。
  • みがわり :
    交代読みで使い、交代先を見てから技選択ができます。

役割関係

【スイクンを繰り出せるポケモン】

岩・地面・鋼など、水タイプとして有利な物理相手の流しが中心。

【スイクンに繰り出されるポケモン】

ラティオス・ラティアスやライコウといった特殊エースを呼び寄せやすい。パーティで対策を。


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館