セレナ「お隣さんに勝てないから新しい地方行くわ」
日時: 2014/01/02 20:39
名前: タナカ◆H5dtFOWvLQM ID:zeIIUN1s

はじめまして タナカと申します
本名は田中ではないですし知り合いに田中もいませんがなんとなく思いついた苗字を名前にしただけで特に意味はありません



はっきり言ってセレナやその他キャラクターのキャラは特に覚えていないのですみません

時はカルム(XY男主人公)がカルネを倒して殿堂入りしたときです
舞台は新しいオリジナル地方 ヴィルドス地方という場所です



誤字脱字も多いかと思いますがよろしくお願いします



登場する名前や地域名が何かと被っているかもしれません
それはパクリでもなんでもなく偶然です すみません
メンテ
Page: 1 | 全て表示 |
Re: セレナ「お隣さんに勝てないから新しい地方行くわ」 ( No.1 )
日時: 2014/01/02 21:08
名前: タナカ◆H5dtFOWvLQM ID:zeIIUN1s

ふと 思い出すことがある
あの日 隣の家に引っ越してきた少年を
カルムと名乗る彼はポケモンをもらうとものすごい勢いで成長した
私はどれだけ努力しても追いつけなかった 手が届かなかった
悔しくて悔しくて努力した ポケモンたちもそれにこたえてくれた


なのに なのに・・・・・

フレア団も全部あの子が片付けてしまった
伝説のポケモンも


私はチャンピオンロードで彼に負けた次の日 ふとテレビをつけたらチャンピオンへの挑戦者の生中継をしていた

チャンピオンであるカルネさんの目の前で彼女と戦っているのは やっぱり彼だった

「サーナイト!」

メガ進化しているサーナイト その前には同じくメガ進化をしたルカリオ
両者の手持ちは残り一匹のようだ

「ルカリオ! ラスターカノン!」





その日 この地方のチャンピオンが入れ替わった

カルム それが新しいチャンピオンの名前だ
メンテ
Re: セレナ「お隣さんに勝てないから新しい地方行くわ」 ( No.2 )
日時: 2014/01/03 21:21
名前: タナカ◆H5dtFOWvLQM ID:zeIIUN1s

「ねぇカルム セレナはいないの? せっかくカルムがチャンピオンになったパレードだっていうのに!」
「・・・・・セレナ・・・何かあったのかな???」
「あっカルム 誰か来るよ」

「わたしと 戦ってくれ」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「譲ちゃん 一人で旅にでも出るのかい?
いや〜おっちゃん30年も船の上で仕事してきたけどこんな子始めてみたよ

一人でカロスからヴィルドス地方へいこうとする人間なんてね〜」
「そうなんですか・・・・・」
「なんかさっきからさみしそーな顔してるけどさ・・・なんかあったの?」

ポーカーフェイスに自信はまったくなかったのだが見ず知らずの人に一発で見破られるほど落ち込んでいたのだろうか

今頃みんなはパレードにいってるのかな
サナには友達がとかなんとか言われてたのに投げ出しちゃった


もう・・・・戻れないのかな・・・・・


「すみません少し『知り合い』といろいろあって 別にもうすんだことなので心配いらないです
それより向こうまであとどれくらいですか?」


ヴィルドス地方
多くの種類のポケモンが生息する地方
ほかの地方と比べカロスからは遠くあまりこの地方の情報をカロスで得ることはない


まあちょっとしたマップとかは手に入ったりするのだが結局カロスをでてわざわざ行く人も少なくそういった意味から情報は得られない
ただ一部ポケモンマニアには非常に好評で定期的にヴィルドス行きの飛行機や船はでている


「譲ちゃん 見えてきたよ あれがヴィルドスの港町 クアレシティだ
それじゃあがんばるんだね 何 不安も何もかも時間が吹き飛ばしてくれるよ」






私は新たな地へと降り立った
すべては あのお隣さんに勝つために
メンテ
Re: セレナ「お隣さんに勝てないから新しい地方行くわ」 ( No.3 )
日時: 2014/01/04 16:22
名前: タナカ◆H5dtFOWvLQM ID:zeIIUN1s

見慣れない町
レンガの家屋が並ぶ町 港には釣られたポケモンたちで勝負をする船乗りたち



ヴィルドス青の町 クアレシティ
施設は巨大水族館とジムがある

あのころのポケモンはほとんどおいてきて今いるのはフォッコとラルトスだけだ
・・・・お腹がすいたしまずはご飯にでもしようかな



ふと町の中を見るとベンチにあのころの私と同じくらいの歳の子が数人座っていた
「やったー!今日から僕もポケモントレーナーだ!」
「タケル!じゃあ私と勝負しよう! どっちが最強のトレーナーに近いか!」

あんなこと私もやってたんだっけな

----------------------------------------------------------------------------------

「じゃあ俺はハリマロンな」
「私は・・・・ケロマツにする!」
「私はフォッコね」

「お隣さん!どっちが強いか勝負しましょう!」

----------------------------------------------------------------------------------
あれを含めて5回戦って 結局全敗
・・・・・・さっきからいい思い出がちっともでてこない


―――ドンッ


「あっすみません」
「ってーなーちゃんと前向いて歩けよ〜
ん?お前ほかの地方から来たのか?」

私と同じくらいの歳の青年だった
どことなく お隣さんと似ている雰囲気だった

「・・・・・・」
「なんか言ってくれよ 俺は翼 宮西翼だ
ホウエン地方からここにやってきた ヨロシク」
ヨロシクなんていわれても なんかぴんとこない


「ん? それポケモン図鑑か?へぇ〜マジであるんだな〜すっげぇ」
翼と名乗る彼は私の図鑑にかなり興味を示していた

確かにポケモン図鑑を託されるトレーナーは数少ない
そのへんで市販されているわけでもないし プレミア度はかなり高いようだ

「な 見せてくれよ!」

まるでクリスマスプレゼントをあける子供のような目だった
・・・・・彼もトレーナーなのだろうか?




「いいわよ ただし バトルに勝ったらね」

私は空腹などとっくに忘れていた

「ん?バトルか? いいよかかってこい」
あのころのお隣さんと同じ目をしていた 私はそれがなんとなくいやだ
メンテ
Re: セレナ「お隣さんに勝てないから新しい地方行くわ」 ( No.4 )
日時: 2014/01/07 20:08
名前: タナカ◆H5dtFOWvLQM ID:zeIIUN1s

「いけっラルトス」

「お〜ラルトスなんて持ってんのか〜久しぶりに見たな〜
んじゃまっ 行って来い!ライチュウ!」

早速進化系のポケモン・・・・
新しい地方で心機一転とポケモンをおいてきたがやっぱり完全装備でくるべきだったのかな?

「ラルトス!念力」
「ライチュウ!かわして10万ボルトだ!」

しかもかなりガチで育て上げられているようだ
負ける・・・・・負ける・・・・・・勝てるわけない・・・・・



「ん?ライチュウやめだ どうかしたのか?体調悪いのか?」
相手は攻撃をやめ聞いてきた
・・・・・・


「おいおい大丈夫か? あっそうだ 戻れライチュウ」
翼が近づいてくる

「ごめんなさい」
「いや別謝んなくってもいいけどさ たぶんここの気温にやられたんだろ
俺も昨日きたばっかだけどだいぶあっついからなここ」

・・・そんなわけない・・・・私は・・・・・・・

「とりあえず今日は一日休んだほうがいいぞ まっ俺はこれから旅を続けるからまたあったらバトルしような
・・・・・・・・・・・・・・ポケモンセンターまで送ろうか?」
彼の優しさが 妙にきつかった


結局彼にポケモンセンターまで運ばれた
翼は部屋の手配までしてくれた


「それじゃまっ」
「まっ待って! 連絡先を教えて!」

彼だというのだろう
間違いなく彼だ




この地方でのライバルとなる少年は
メンテ
Re: セレナ「お隣さんに勝てないから新しい地方行くわ」 ( No.5 )
日時: 2014/01/09 21:23
名前: タナカ◆H5dtFOWvLQM ID:zeIIUN1s

彼の連絡先を聞くと彼は最後まで笑顔でポケモンセンターを後にした


帽子も取らずにベッドに倒れこむ

「フフフッ」
笑い声 自分でも気持ちが悪いな そう思う

なぜだろう

ここに来るまでの船の中で考えていた彼の姿が急に浮かんできた
好きでもないのに 恋愛とかうい感情とはまったく違うといいきれる


翼とお隣さんの姿が重なる



「ぜんっぜん似てないじゃん」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「セレナ?
ヴィルドスに行くとか何とか

ごめんねぇせっかくカルムくんがチャンピオンになったっていうのに」
「そうですか すみません」

(ヴィルドス・・・・か・・・・・
だいぶ前から船なり飛行機の予約を取っていたんだろうなぁ


あのときのチャンピオンロードでの戦いはひょっとしてこことの決別か・・・・・・

あと2年か


まあセレナなら2年もあれば向こうでチャンピオンになれるかな
2年・・・・か・・・・・ 長いなぁ
さてと・・・・俺もチャンピオンの仕事をしないといけないな!)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ふむふむ・・・・・・ なるほどなるほど・・・・・
ヴィルドス ふむ 大変面白い構造をしている

ここで私の目標は達成できそうだ

さて・・・・と まず人材を集めなくては
しかし自己中心的な勢力や政府の軍事的なところには『多少の』反発は買うかもしれませんねぇ
まあ でも 世間からすれば軍事産業など必要ない あってはならない存在
もし彼ら馬鹿が私に反発すれば世間が私を味方することは目に見えている
フレア団・・・・彼らは私に近い考えをもつ組織
崩壊する前に少しお話できる機会があればよかったのですが・・・


しかし私の理想こそ 世界のあるべき姿   この世界でおこる醜き争いを封じる手



すべてのポケモンが存在しない世界 それこそが世界が この星が望む理想の世界」
メンテ
Re: セレナ「お隣さんに勝てないから新しい地方行くわ」 ( No.6 )
日時: 2014/01/12 19:13
名前: タナカ◆H5dtFOWvLQM ID:zeIIUN1s

翌日 昨日寝すぎてしまったせいか体が重たい

一日目からああなのに二日もだれてしまってはこのまま怠けてしまう

「よ〜いしょっと」
別に出さなくてもいい声を出しながら体を起こす


今日の いや当面の目標はまずはこのクアレジムに挑むことだ
そこで問題なのがクアレジムリーダーであるアクアスさんの手持ちだ

ここクアレは港町 多くのポケモンがつれる釣りスポットとしても有名だ
そう 今の手持ちがフォッコとラルトス 突破は難しいであろう

今日の目標は対アクアスの主戦力となるポケモン探しである
できれば可愛い子を見つけて使いたい そう思い近くの草むらへと駆け出した



「あっセレナだ」
ポケモンセンターから出ると 早速今回のライバル 翼に出会った
「ほら みてみてヴァッサバッチ!」
彼は誇らしげにそのバッチを私に見せ付けてきた

うざい 別にライチュウいるし余裕だろ アクアスさんを馬鹿にするようで悪いけど

「なぁ〜すごいだろ〜
セレナも挑戦しろよ!」

「言われなくてもするよ
ただ今はちょっと・・・」
「ふ〜ん そっか
じゃあアクアスさんに勝ったらバトルしような!
俺待ってるぜ! いっけね 早くこいつら回復させてあげないと
じゃあな」

何か言いたいことだけ言われてこちらは何も言いたいことをいえなかった気がする
だいたい何が『じゃあ』だよ どこからどうつなげて『じゃあ』だよ




やっぱりお隣さんとは似てないな あいつ
メンテ
Re: セレナ「お隣さんに勝てないから新しい地方行くわ」 ( No.7 )
日時: 2014/01/13 22:18
名前: タナカ◆H5dtFOWvLQM ID:zeIIUN1s

草むらは広く とても見通しがよかった
ふと木に目をやると名前のわからない草タイプと思われるポケモンの群れがむしゃむしゃと草を食べていた

可愛いポケモンだが群れ相手に勝負を挑むとろくな事にならない
どこか群れとはぐれてしまっているポケモンはいないものか


まあ 釣りと同じで気長に気長に行かなくちゃ!


ふと時計を見ると午後1時9分・・・・・・・


ご飯も食べずによくここまでもったなぁ 自分でもそう思う


フォッコもしばらくボールからだしっぱなしにしていたからかとても疲れているようだ
「一回町に戻ってご飯にする?」

そう聞くとフォッコは大きく頷いた
人間の言葉がわかるなんて ポケモンはやっぱり不思議なんだなぁ


運がいいのか無意識のうちに歩いていたのかはわからないけどクアレと草むらをつなぐゲートはすぐそこだった





旅の予算はあまりない
一応 これでもカロスではジムバッチをすべて集めているのだけどあまりにも服に使いすぎてしまった・・・・・・

あのときの自分に激しく後悔している
意識してしまうと空腹がどんどん強くなってくる
早く・・・早く食事を 何か食べ物を・・・・・・・・
ゲートはすぐそこだ 確かゲートの中にもちょっとしたレストランとかがあった気がする あんまり覚えてないけど
そういえばゲートのすぐ近くに近道の路地があったはずだ
そこから行けば整備された道から行くよりは早くお昼ごはんにすることができる
有名な道なのか人も若干多いから変な集団に見るかることもない



「へっへ〜ウルガモスちゃん 火炎放射〜〜」
「ははは そんなことやったらこの子燃えちゃうよケンジ〜〜〜」
「別親とはぐれてるみてぇだしどの道すぐ死ぬって その前にミカコに面白いもの見せてやろうと思ってよ」
「もうケンジドSじゃん〜〜〜 サイコ〜〜〜」
ゲートの目の前での出来事だった

ポケモンが虐待をうけていた
明らかにうまれてまもないであろうポケモンがウルガモス相手に勝てるわけがない


周りの人は見て見ぬフリで素通り

・・・・・・・・・・・・・・ウルガモス・・・・・・・
フォッコとラルトスじゃ勝ち目はない・・・・か・・・・




私はどうすれば・・・・・
メンテ
Re: セレナ「お隣さんに勝てないから新しい地方行くわ」 ( No.8 )
日時: 2014/01/18 17:30
名前: タナカ◆H5dtFOWvLQM ID:zeIIUN1s

なぜ一匹の命をそんなに軽く見られるのだろう

「この辺じゃケンジ最強なのに喧嘩売るなんてね〜
たぶん旅の子だろうしサクッとやっちゃえば大金手に入るよ〜〜〜」

「そうだね〜 あいつのも飽きてきたころだしサクッとやっちゃいますか
いくよウルガモス!」
やっぱり・・・ポケモン勝負になっちゃうのか・・・・・

勇気を出さなきゃ・・・勇気を
「ギャハハ!ケンジこいつ手ぇちょ〜震えててウケル」
・・・・腹の立つ女・・・ああはなりたくないなぁ
勇気を出さなきゃ!

「なぁ若者よ この勝負わしに任せてもらえんかね?」


モンスターボールを握ったところで私の隣にヌッと入ってきた初老の男が私の手を止めた
左目に大きく入った傷と多くの古傷
そして鍛え上げられた強靭な体
「あ?やんのかじじぃ」
「じじぃ? わしを知らないのか
やはり最近の子はニュースを見ないようじゃのう 悲しくなるわい」

「あ?じじぃてめぇテレビでてんのかよ
俺も最強トレーナー選手権ってテレビでベスト4になったことあるぜ」
「ほう・・・・それがどれほどすごいのか

決めようか いくのじゃバンギラス」
メンテ
Re: セレナ「お隣さんに勝てないから新しい地方行くわ」 ( No.9 )
日時: 2014/06/11 17:03
名前: ◆mF1QH4PEr.E ID:8m2k0cac

なにこれ…
メンテ
Re: セレナ「お隣さんに勝てないから新しい地方行くわ」 ( No.10 )
日時: 2014/12/22 07:26:25
名前: 名無し ID:3CIRcAZU

支援
メンテ
Re: セレナ「お隣さんに勝てないから新しい地方行くわ」 ( No.11 )
日時: 2015/01/01 21:50:32
名前: オーハク◆EFbXp65aNSk ID:gNovlYlE

結構気に入ってます!^^

がんばってください〜
メンテ
Page: 1 | 全て表示 |
タイトル スレッドをトップへ移動
名前 (偽者防止にを付けましょう)
パスワード (半角8文字以内) ※投稿内容修正時に使用します メンテ
投稿キー (投稿時 を入力して下さい) ※投稿キーが4桁表示されない場合
コメント

   文字入力できない場合
| ポケモン王国 | ポケモンUSUM攻略 | ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモンORAS攻略 | ポケモンXY攻略 | ポケモンBW2攻略 | ポケモンBW攻略 | ポケモンHG・SS攻略 | ポケモン図鑑 | ポケモン育成論 | 掲示板TOP | ▲TOP |