魂銀 『伝説の幕開け』
日時: 2014/10/04 16:42:55
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:u8Iotu.g

こんにちは?ブレイズです。
今回、書かせて頂く小説は、2009年に発売された、ポケットモンスターソウルシルバーをベースに書いていこうと思います。
ちなみに僕が此処に来て最初に書いたのもこれをベースとしています。
リメイクって感じです。
では。
メンテ
Page: 1 | 全て表示 |
Re: ポケモン 魂銀 ( No.1 )
日時: 2014/10/04 16:51:48
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:u8Iotu.g

第一話「全ての始まり」

ここジョウト地方に位置するワカバタウンから今日も一人トレーナーとして旅をすることになった少年が一人。

ソウル「どけどけぇーい!」

少年の名前はソウル。歳は12歳。この少年は今日からトレーナーとして旅をすることに。何故、急いでいるかというと、理由は簡単。寝坊をしたのだ。

ソウル「ふぅ。やっと着いた。にしてもなんでだ?俺にはイーブイがいるのに。」

説明し遅れたが、彼にはイーブイという相棒がいる。Lvは5ぐらい。

ウツギ「やぁソウル君。随分早いねぇ。まだ予定時刻の12時間も前なのに。」

ソウルは首をかしげた。何故なら

ウツギ「まだ朝の6時なのに。ふぁぁ」

ソウル「時計を読み間違えた・・・」
メンテ
Re: ポケモン 魂銀 ( No.2 )
日時: 2014/10/04 17:22:07
名前: 瓜島 パンプキン ID:r37n1bMA

面白そうですね。僕も金銀を書いてるのでよろしくお願いします。ソウル…Oh no!ですね。
メンテ
Re: ポケモン 魂銀 ( No.3 )
日時: 2014/10/04 19:56:16
名前: ソラ◆pYp9ZGInBgw ID:iswJ2X8I

自分も金銀もの書いてます!
頑張ってください!
メンテ
Re: ポケモン 魂銀 ( No.4 )
日時: 2014/10/05 07:48:45
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

>>2-3
早速コメントありがとうございます。
同じテーマを持つもの同士、頑張りましょう
メンテ
Re: ポケモン 魂銀 ( No.5 )
日時: 2014/10/05 07:58:38
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

第二話「運命の出会い」


ソウル「んで、ポケモンは?」

ウツギ「ごめんごめん。一ヶ月前に一匹盗まれて、昨日一匹女の子と一緒に旅に出たよ」

ソウル「一匹しかないんですかぁ!?」

ソウルは呆れたようにこう続けた。

ソウル「強制的にそいつですか・・・」

ウツギ博士は楽しそうにこう言った。

ウツギ「進化が早いタイプなんだ。強いと思うよ」

ソウルの呆れたよう表情からさっと嬉しそうに喜んだ。

ソウル「で何処に?」

ウツギはキリッとした表情でモンスターボールをポケットから出した。

ソウル「こいつはどんな名前ですか!?」

ウツギ「ワニノコさ」

ここからソウルとワニノコの伝説が始まった。ワカバの風は、静かに吹いた、
メンテ
Re: ポケモン 魂銀 ( No.6 )
日時: 2014/10/05 09:38:10
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

第三話「初めてのバトル」

ソウルは新たにワニノコという頼れる相棒と一緒に、ヨシノシティに居た。

ソウル「さーてポケモン捕まえようかな〜」

と、ソウルが言った直後、町が暗くなった。
理由は雲でも、時間のせいでもなかった。

ソウル「たたたた大量のズバットォォ!?」

そう。ズバットの大群だった。

ソウル「こういう時はボスを倒せばいいんだっけ」

ソウルは先頭にいるズバットめがけてモンスターボールを投げた。現れたのは・・・

ソウル「ワニノコ!先手必勝"かみつく"だ!」

ワニノコは先頭のズバットに勢いよくかみついた。
するとズバットは地面に落ちようとしていた。

ソウル「モンスターボール!」

ボールは四度揺れ、カチッと捕獲完了を示す音が流れた。

ソウル「よっしゃあ!ゲット!」


途中経過
ソウルの手持ち
ワニノコLv6 性格 ゆうかん
イーブイLv7 性格 せっかち
ズバットLv4 性格 ようき
メンテ
Re: ポケモン 魂銀 ( No.7 )
日時: 2014/10/05 11:10:35
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

第四話「ワニノコVSヒノアラシ」

ソウル「よっしゃあ!ワニノコのLvが10になったぜ!」

ソウルは喜んでいたが、それを破る声。

「ちょっと待った!」

ソウル「誰だよお前。」

ハート「俺の名前はハート。通りすがりのトレーナーだ」

ソウル「なんだよ通りすがりのトレーナーって。仮面ライダーかお前は」

ハートと名乗る少年はずっこけた。ヤレヤレというように。

ハート「俺と勝負しろ!」

ソウル「やなこった!知らない人と勝負するなって学校で教えられたんだよ!」

またまたハートはずっこけた。

ソウル「どうしてもというなら良いけど・・」

ハート「お前何様のつもりだよ」

ハートは完全に呆れていた。

ソウル「隙あり!ワニノコ!ハートのケツに噛みつけ!」

ハートはモンスターボールから、ヒノアラシを出し

ハート「ヒノアラシ、たいあたりだ。」

と指示した。ワニノコがはねかえされ、吹っ飛んだ。

ハート「これがLvの違いだ」
メンテ
Re: ポケモン 魂銀 ( No.8 )
日時: 2014/10/05 13:44:01
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

第五話「諦めが悪いようで」

ハート「試合続行不可能だな。HPは4ってところか」

ワニノコに立ち上がる気力は無かった。

ソウル「でも、まだ俺には二体ポケモンがいるんだぜ?」

イーブイとズバットがまだ残っている。ソウルはまだ諦めていなかった。

ソウル「いけ!イーブイ!・・・いや、サンダース!」

ソウルはイーブイを出した。そして、かみなりのいしをイーブイに当て、イーブイはサンダースに進化した。

ハート「なっ・・・。進化したところでLvの差は変わらん!」

ソウル「それはどうかな?サンダース!かみなりだ!」

ヒノアラシの頭上に雷雲が現れ、電撃が直撃した。

ハート「俺の負け・・・か」

何故、かみなりのいしを持っていたのかというと、母親から何かあったときのために貰っていたのだ。
そして、これが勝利の鍵となったのだ。
メンテ
Re: ポケモン 魂銀 ( No.9 )
日時: 2014/10/05 15:34:25
名前: 瓜島 パンプキン ID:r37n1bMA

wonderful…
メンテ
Re: ポケモン 魂銀 ( No.10 )
日時: 2014/10/10 18:09:53
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:Z80OyZ5I

第六話「俺と勝負しろ!」


ソウルはポケモン達のLvを上げ、キキョウシティにいた。そこで出会った人物とは?

ソウル「これがポケモン図鑑と・・・ヒトカゲ?」

オーキド「そうじゃ。そのヒトカゲは未知の力を秘めている。その力を解放させる、『リザードンナイトX』とキーストーンじゃ。持っていけ。」

そう言われて貰ったヒトカゲと謎の石2つ。この物語をどう左右していくのか?
ヒトカゲのLvは12だった。この時点で考えると平均的だろう。
ソウルはジムに入ったが・・・

ソウル「ジムリーダー!勝負をしろ!」

そうソウルが叫ぶと、何処からともなくピジョンの足に捕まって飛んでいる、一見ナルシストのような少年が現れた。

ハヤト「そんなに僕と勝負したいのかい?人気者は辛いねぇ。そうだ!マダツボミの塔へ行ってみなよ。話は後だ」

ムカつく態度をとるジムリーダーハヤト。ソウルが食い下がるわけがない。

ソウル「黙れナルシが!サンダース"かみなり"だ!」

ソウルはボールから出したサンダースにかみなりを指示し、ピジョンの頭上に現れた雷雲から雷がピジョンに直撃した。
メンテ
Re: 魂銀 『伝説の幕開け』リメイク ( No.11 )
日時: 2014/10/12 14:43:51
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

ソウルの5、6匹目のポケモンを募集をします!
条件は
・ジョウト、カントーのポケモン
・ジョウト、カントーのポケモンだが、特定のアイテムを持たせて通信交換で進化するポケモン(例 エレキブル等)

です
お待ちしています!
メンテ
Re: 魂銀 『伝説の幕開け』リメイク ( No.12 )
日時: 2014/10/12 17:06:13
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

第七話「なんだこのハゲ共は」

サンダースのかみなりにうち落とされたハヤトは倒れ、起きなかった。
死んだわけでも無いだろう。本人に当たってないから。単なる気絶に過ぎない。

ソウル「さて、言われた通りナゾノクサの塔にいくか」

ソウルはマダツボミをナゾノクサと間違えて覚えてしまったようだ。それを知らず、意気揚々と塔に向かって走っていった。


塔に入ると頭に髪の毛が一本も生えていない集団が待ち構えていた。

ソウル「なんだこのハゲ共は!?」

失礼なと言わんばかりに例のハゲ共は口々に

「失礼な!これも修行の一環だ!」

あーはいはいと頷くソウル。聞き飽きていることは誰が見てもわかった。


床に腰を下ろして胡座をかいていたソウルはうつ向いた頭をゆっくりあげてこう言った。

ソウル「じゃあ退いてくれよ。早く上に登りたいんで」
メンテ
Re: 魂銀 『伝説の幕開け』手持ちポケモン募集 ( No.13 )
日時: 2014/10/12 17:48:32
名前: 瓜島 パンプキン ID:r37n1bMA

・ゲンガー,ライバルと交換。
・カイリュー,タマゴから孵化。
・デンリュウ,アサギの灯台のアカリちゃんに懐かれる。
・ウィンディ,通常ゲット
・ベロベルト,通常ゲット
・オーダイル,ゲット済み
(ウィンディとリザードンはたまに交代。)

すごいパーティですが、良かったら使ってください!
メンテ
Re: 魂銀 『伝説の幕開け』手持ちポケモン募集 ( No.14 )
日時: 2014/10/12 19:18:11
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

>>13
意見ありがとうございます。
ウィンディですが、ソウルシルバーを主としているので通常ゲットは難しいと思います。
メンテ
Re: 魂銀 『伝説の幕開け』手持ちポケモン募集 ( No.15 )
日時: 2014/10/12 21:29:29
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

第八話「マダツボミェ・・・」


異様な殺気に怯んだ例のハゲ集団は最上階に上がる階段への道を開けた。

ソウル「ありがとうございますよ。こんなに親切な方たちだったんですね」

愛想笑いを浮かべたソウルは最上階へと登った。

すると、神々しい光に包まれた老人が現れた。

長老「フォッフォッフォッ。よく来たな少年。その力見せてもらおう。マダツボミ」

ソウル「マダツボミとか弱・・・。まぁいい。ヒトカゲ!ひのこだ!」

ひのこはマダツボミの体をかすったが、戦闘不能となった。
メンテ
Re: 魂銀 『伝説の幕開け』手持ちポケモン募集 ( No.16 )
日時: 2014/10/13 09:38:40
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

第九話「ヒトカゲが進化!?」


ソウル「ざまぁみやがれ!このクソジジイが!」

初対面のハゲ・・・いや人物を煽っているソウルに対して長老は

長老「威勢がいいのォ若者よ。燃えてきたわい。メガニウム!」

老人が繰り出してきたのは最初に選べるポケモンの内の一匹であるチコリータの進化形であるメガニウムだった。

ソウル「最終形かよ!?勝ち目ねぇじゃん!」

焦るソウルだったが、ヒトカゲがいることを思いだしヒトカゲに指示をした。

ソウル「ヒトカゲ!ひのこだ!」

効果は抜群と言えども所詮はLvの差がある。

長老「メガニウム、たいあたりじゃ」

強烈なたいあたりがヒトカゲを襲う。ヒトカゲは大きく飛ばされたが、ソウルは立ち上がれ!と叫んだ。すると、ヒトカゲは光に包まれ・・・進化した!

ソウル「ヒトカゲ?図鑑を見てみよ」

そのポケモンの名前はリザードと言った。

ソウル「リザード!ほのおのキバだ!」

リザードはメガニウムにほのおを帯びた牙で噛みつき、メガニウムは倒れた。

ソウル「道で拾ったアメが役にたつとはなぁ」

ヒトカゲが進化するのはこの時点ではあまりにも早い。ソウルは道でふしぎなアメを4つ拾い、ヒトカゲに与えたのだ。


長老「では、ジムリーダーに挑む許可を与える」

ソウルは申し訳無さそうに

ソウル「それが・・・ついさっきサンダースのかみなりで気絶させてしまったんです」

その言葉を聞いた長老は一瞬驚いたが、気にせずにソウルを見送った。
メンテ
Re: 魂銀 『伝説の幕開け』手持ちポケモン募集 ( No.17 )
日時: 2014/10/13 12:35:37
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

途中経過

ワニノコ♂Lv14 性格 ゆうかん
サンダース♂Lv15 性格 せっかち
ズバット♂Lv11 性格ようき
リザード♂Lv16 性格いじっぱり

第10話「勝負しろよ!」

ソウルは再びキキョウジムへと向かった。あれからもう五時間が経った。流石に目を覚ましているだろう。

ソウル「おーい!ナルシー!挑戦に来てやったぞー!」

ソウルは大声で叫んだ。しかし返事がない。数分後、やっと返事が来た。紙に書かれて。紙にはこう書いていた。

『君のサンダースの強さはよくわかった。僕は君に勝てない。だから降伏します。』

この紙の裏にジムバッジが付いていた。

もちろんソウルは・・・

ソウル「やっほーい」

と喜んだ訳がない。すぐに歓喜の表情から

ソウル「はぁ?ふざけんじゃねーぞナルシ野郎が!それでもジムリーダーかお前はッ!!!!!」

怒り狂った声で叫んだ。
メンテ
Re: 魂銀 『伝説の幕開け』手持ちポケモン募集 ( No.18 )
日時: 2014/11/02 07:33:43
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

第11話「バッジを賭けて」

ソウルが怒り狂って叫んでいたとき、後ろからそのハヤトの声が聞こえた。

「やぁ挑戦者君。そんなに怒らなくていいんだよ。僕は逃げも隠れもしない。ちょいと脅かそうとしただけさ」

ソウルはこれを聞いてホッとしたが、と同時にハヤトをこの場でボコボコにしたかった。

ソウル「んで使用ポケモンは二体ですよね?」

ハヤト「そうとも!」

こうして、ハヤトVSソウルのウイングバッジを賭けた勝負が始まった。
ハヤトの一番手は

ハヤト「オニスズメ!」

対するソウルは

ソウル「ズバット!」

ソウルのポケモンを見たとき、ハヤトは自信満々にこう言った。

ハヤト「飛行VS飛行か。でも、専門の僕が負けるわけがない!」

ソウルはハヤトの言い様に少し怒りを覚えたらしく、こう言い返した。

ソウル「どうですかね?こいつは繋がりの洞窟の頭領だったんですよ。そんじょそこらのズバットと一緒にしないでくださいね。」

ハヤト「オニスズメ!つつくだ!」

オニスズメは鋭い嘴をズバットに向け、一直線に飛んできた。
メンテ
Re: 魂銀 『伝説の幕開け』手持ちポケモン募集 ( No.19 )
日時: 2014/12/18 08:34:29
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:Nma/m7GE

第10話「こんな奴に負けるわけが無い」

オニスズメの鋭い嘴はズバットめがけ一直線に飛んできた。

負けじとズバットは強烈な光を放った。

ハヤト「オニスズメ!どうしたんだ?!」

オニスズメは嘴を構えたまま右往左往していた。

ハヤト「あやしいひかりか・・・!」

ソウル「さっすがぁ!ジムリーダー!そのままにしておくとお前のオニスズメ、俺のズバットの餌食になるぜ?」

ハヤト「くっ・・・」

ソウルはとどめをズバットに指令した。

ソウル「ズバット!つばさでうつだ!」

ズバットは翼でオニスズメを叩いた。オニスズメは力なく地面へ落ちていった。

ハヤト「へぇ。やるな。だが!俺の二番手には勝てまい!」

ハヤトと二番手はギャラドスだった。
ギャラドスは出てくるなりズバットを威嚇し、そのまま

ハヤト「りゅうのいかり!」

ギャラドスの放った衝撃波でズバットはひんしなった。

ソウルの次なる手は・・・?
メンテ
Re: 魂銀 『伝説の幕開け』 ( No.20 )
日時: 2015/01/03 12:32:35
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

第十一話「関係無くね?」

ソウルはギャラドスを見て唖然とした。というのも本来鳥ポケモンを専門とするハヤトが明らかに鳥ではない、ギャラドスを使っているからだ。

ソウル「ん?ギャラドスって鳥じゃないですよね?」

ハヤト「確かにそうだ。だが、俺は専門という概念にとらわれない!俺はジムリーダーとして勝ってやる!」

ハヤトは逆に開き直り、勝利宣言を掲げた。

ソウル「本当にバカですね。ハヤトさん。俺にはサンダースがいるんですよ。」

ギャラドスは水・飛行タイプ。どちらのタイプにも有効なタイプは電気タイプである。そのタイプを持つのがサンダースである。

ソウルはサンダースをボールから出した。

ハヤト「攻撃を食らう前に倒せばいいことだ!ギャラドス!雨乞い!」

ギャラドスは雨雲を呼び出し、雨を降らした。

ハヤト「からのハイドロポンプ!」

ギャラドスの口から水流が発射されたがその水流がサンダースに当たる前にギャラドスにかみなりが当たった。

ソウル「俺の勝ちですね。かみなり、という技は命中難の代わりに強威力。ですが、天気か雨だと必中となる。」

ソウルは勝ち誇って笑みを浮かべた。

ハヤト「ああ、僕の敗けだ。君が俺のピジョンを倒してなかったら別だが」

こうしてソウルはウイングバッジを手にした。
メンテ
Re: 魂銀 『伝説の幕開け』 ( No.21 )
日時: 2015/01/03 12:42:21
名前: 瓜島 パンプキン ID:r37n1bMA

お久しぶりです!
>>13なんですが、キュウコンをライバルと交換!とか熱くないですか?
メンテ
Re: 魂銀 『伝説の幕開け』 ( No.22 )
日時: 2015/01/03 13:06:50
名前: ブレイズ◆8tQMOi8Z8zI ID:iGJ7tyco

>>21
それはいい考えですが、リザードンとタイプが被り、投稿してくれた>>13ですが、もう
クロバット、サンダース、オーダイルリザードンは決定しているので5、6匹目を募集していたので、その中から二匹選んでくれないでしょうか?
メンテ
Page: 1 | 全て表示 |
タイトル スレッドをトップへ移動
名前 (偽者防止にを付けましょう)
パスワード (半角8文字以内) ※投稿内容修正時に使用します メンテ
投稿キー (投稿時 を入力して下さい) ※投稿キーが4桁表示されない場合
コメント

   文字入力できない場合
| ポケモン王国 | ポケモンUSUM攻略 | ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモンORAS攻略 | ポケモンXY攻略 | ポケモンBW2攻略 | ポケモンBW攻略 | ポケモンHG・SS攻略 | ポケモン図鑑 | ポケモン育成論 | 掲示板TOP | ▲TOP |