上に向かってもう一歩
日時: 2015/01/18 20:16:58
名前: タープン◆FaGHt3tX1yg ID:ZVKPOlbQ

こんにちは!初めての人は初めまして。今回新たに冒険物を描かせていただきます。
現在「ポケモン女王 現る!」を執筆中ですが同時進行となります。更新が遅れることがあると思いますがよろしくお願いします。

 注意点等々
・冒険物です。
・オリジナル地方、オリジナル登場人物が出てきますが実際のアニメやゲームキャラも出てきます。オリジナルポケモンは出てきません。
・誤字脱字ありです。
・荒らし等利用規約を守って下さい。

 内容

色んな地方に回ってきたが、旅には出たことがないこの主人公ユウト。ユウトは今このアルス地方にいる。
今回このアルス地方に旅をすることを決意する!
メンテ
Page: 1 | 全て表示 |
Re: 上に向かってもう一歩 ( No.1 )
日時: 2015/01/18 20:37:10
名前: タープン◆FaGHt3tX1yg ID:ZVKPOlbQ

俺はユウト。少し前までホウエン地方にいたが、父の仕事の関係でアルス地方に来た。
父は研究所で働いていたが、アルス地方の新博士に就任した。あのオダマキ博士のように。
だからもうこの地方から出ないと思うが・・・

俺はこの地方を旅を決意したいと思った。何故?それは自分の成長のためだ。
ただポケモンは持っていない。だから父であり博士であるアルムに最初のポケモンを貰いに行く。
ただだけど、他の地方と違ってその地方のくさ、ほのお、みずポケモン。いわゆる御三家ポケモンがいない。
  
だからこそドキドキしてたまらない。


  第1話「世界と自分」
メンテ
Re: 上に向かってもう一歩 ( No.2 )
日時: 2015/01/18 20:53:09
名前: タープン◆FaGHt3tX1yg ID:ZVKPOlbQ

説明が遅れたがここはアルス地方のトビシタウンのポケモン研究所前だ。
ウイーン
自動ドアが開き受け付けの女性に
ユウト「ポケモンを貰いに来たものですが」
女性「アルム博士の息子さんじゃないですか。案内する前に旅をされたことがあるんですか?」
ユウト「いえ」
女性「そうですか。ではご案内します」
 
しばらく黙ってついて行く俺。すると女性が
女性「あっ今日は博士の初仕事ということでこのあとパーティーがあるんです。良かったらご一緒にどうですか?」
ユウト「そうだったんですか!」
女性「すいません」
メンテ
Re: 上に向かってもう一歩 ( No.3 )
日時: 2015/01/19 16:42:21
名前: タープン◆FaGHt3tX1yg ID:ZVKPOlbQ

アルム「おっユウトか。話は聞いている」
ユウト「うん。最初のポケモンを貰いにきたよ」
アルム「その気になってくれて嬉しいよ――――」
 
そう、俺は旅に行くのが嫌だった。
今まではポケモンと触れ合うのが好きだった。でも前に暮らしているホウエン地方にマグマ団とかが復活して、倒したいと思った。でもポケモンは持っていない。だけど―――――

アルム「ユウト?ポケモンを貰いに来たんだろ」
ユウト「あっ、ごめんなさい・・・」
アルム「最初のポケモンを貰う前に何故旅に行こうと思ったんだ?」
ユウト「いやっその、自分の成長になると思って」
アルム「そうかそうか。では―――
    最初のポケモン紹介しよう!」
メンテ
Re: 上に向かってもう一歩 ( No.4 )
日時: 2015/01/19 22:01:59
名前: タープン◆FaGHt3tX1yg ID:ZVKPOlbQ

ポーン
アルム「1体目はハリマロンだ」
ハリマロン「ハァロッ!」
なかなか元気な子だなぁ。見ていてパワーが貰える感じがする。
アルム「この子は見た目の通り元気な子でバトルでも使いやすいだろう」
ハリマロン「リマー!」
ワワッ、本当に元気見たい。

アルム「2体目は」
ポーン
フォッコ「フォッコッコ」
アルム「フォッコだ。なかなかなつきやすくて可愛いポケモンだ」
確かに、何というかよく見なくても可愛いらしい。

アルム「最後の3体目を紹介する」
ポーン
ケロマツ「ケロー」
アルム「ケロマツ。少しボーッとしている見た目だけどバトルは大好きでとても強いぞ」
少し意外だけどこの子もいいかもしれない。
アルム「さあどの子とアルス地方を旅する?」
正直迷う。でもやっぱりこの子にしよう―――――
メンテ
Re: 上に向かってもう一歩 ( No.5 )
日時: 2015/01/24 18:42:10
名前: タープン◆FaGHt3tX1yg ID:iolBlPxs

ユウト「ハリマロン!」
そう言って俺はハリマロンに指を指す。
アルム「ハリマロンか。正直ケロマツを選ぶと思った。じゃあポケモン図鑑を渡すよ。モンスターボールはこの研究所は5つ渡すルールだから5つ渡す。手持ちは6体まででそれを越えると思う特別なパソコンに移動するんだ」
ユウト「すごいなぁ。それよりこのあとのパーティー参加していいでしょ!?」
アルム「勿論!何行っても記念すべきポケモンとポケモン図鑑を渡したのは第一号だからね」
ユウト「やった!」
ミズキ「ちょっと待って下さい!」
なんだ?あの子は
アルム「ああ、ミズキさんね」
ミズキ「ちょっと2番目なんですか!?」

ユウト「俺はユウト。さっきポケモンを貰いに来た。君は?」
ミズキ「私はミズキ。私もポケモンを貰いに来たんだけど、二番目だったからちょっと悔しくて」
アルム「はは、友達が出来た感じだね。それではポケモンを選んでくれと言いたいんだけど、ハリマロンはさっきユウトにあげたからフォッコとケロマツの2体しかいないんだ。ごめんね」

しばらくミズキはポケモンを選んでいた。

ミズキ「フォッコ、フォッコにします!」
アルム「じゃあそのフォッコをあげよう」
ユウト「話を逸らすけど、パーティーはどうすんの?」
アルム「ああ、じゃあ二人で一緒にきなよ」


 第一話「世界と自分」完
メンテ
Re: 上に向かってもう一歩 ( No.6 )
日時: 2015/01/24 23:23:28
名前: ササミ◆.dvv.zVP1zE ID:x6PmRF3M

言おうかどうか悩みましたが結局言うことにします。

タープンさん、スレッドの乱立は利用規約違反です。乱立の定義がいくつなのか具体的な数は明記されておりませんがこれ以上スレッドを建てるのは控えた方が賢明だと思います。
以上です。スレ汚し失礼しました。要望があればこの書き込みは削除させていただきます

あ、最後に一言
色々な人がスレ乱立してるのにタープンさんにだけ注意してるのかというと私がタープンさんは話のわかる人だと思っているからです。他の人に関しては黙って通報しています。

ではでは、3つのスレッド管理頑張って下さい
メンテ
Re: 上に向かってもう一歩 ( No.7 )
日時: 2015/01/25 09:35:41
名前: タープン◆FaGHt3tX1yg ID:iolBlPxs

ササミさんへ

はい、流石にちょっとやってしまいましたね。これが最後の小説にしようとは思っていましたが
この「上に向かってもう一歩」「ポケモン女王 現る!」だけは完結しようということは頑張りたいと思います。

見ている方々にも言いますが、みてくださっているのだからこそこんな身ですが頑張ってかき続けたいと思います。
メンテ
Re: 上に向かってもう一歩 ( No.8 )
日時: 2015/01/29 17:54:07
名前: タープン◆FaGHt3tX1yg ID:kLnfbZnM

 次回予告

タープン「はい、次回予告です。いきなりなんかボケようとしましたが、誰もいなくて心が寂しいので真面目にお送りします。(キリッ

    「旅に出る前にミズキと出会ったユウトは、父のアルムの記念パーティーを参加する。
     そこでは、急きょバトルすることに。果たして勝てるのか!?」
    「次回第2話「初めての●●」お楽しみに」
メンテ
Re: 上に向かってもう一歩 ( No.9 )
日時: 2015/02/01 21:32:43
名前: タープン◆FaGHt3tX1yg ID:EFf708zI

 第2話「初めての●●」


この後パーティーが行われた。周りにはやけに賢そうな人がいっぱいで子供は俺とミズキだけだ。
アルム「では、かんぱーい!」
ユウト「流石に盛り上がっているなぁ」

しばらくすると、
アルム「せっかくだから二人で初バトルをしてみたら?」
ミズキ「え?」
ユウト「良いじゃん、やろう!」
アルム「じゃああとで審判する」

そしてパーティーは終わった。これからバトルだ!
メンテ
Re: 上に向かってもう一歩 ( No.10 )
日時: 2015/02/14 20:48:31
名前: タープン◆FaGHt3tX1yg ID:i697.YVQ

アルム「これから1対1のシングルバトルを始める。時間無制限。始め!」

いよいよ始まるんだ。胸のドキドキがよく聞こえてくる・・・!

ミズキ「行くよ!フォッコ!」
フォッコ「フォッコォ!」

どちらのポケモンもやる気十分に思える。おそらく、トレーナーの期待に応えようとしているのだろう。

ミズキ「お先にいくよ!ひっかく攻撃!」
おっと、考え事かなんかをしてたら攻撃してきてる!よし、落ち着いて・・・・・
ユウト「ハリマロン!つるのムチで食い止めろ!」 
ズザザザ・・・・
ミズキ「あっ・・・
それならニトロチャージ!」
メンテ
Re: 上に向かってもう一歩 ( No.11 )
日時: 2015/09/22 22:08:04
名前: タープン◆FaGHt3tX1yg ID:4IPgLOcA

やばい・・・っ くさタイプにほのお技は効果はばつぐん。それなら・・・

ユウト「ころがる!ころがるだ!」
ハリマロン「リママママッ・・・」
ミズキ「あっ! フォッコ、ニトロチャージ、ニトロチャージ!」

ドォン....

何かが壮大に爆発したかような感じだった。

フォッコ「ッコーー!」
ハリマロン「リマァ!」
ユウト「更に転がるだ!」
ハリマロン「リマッ!」

ドン! ......
メンテ
Page: 1 | 全て表示 |
タイトル スレッドをトップへ移動
名前 (偽者防止にを付けましょう)
パスワード (半角8文字以内) ※投稿内容修正時に使用します メンテ
投稿キー (投稿時 を入力して下さい) ※投稿キーが4桁表示されない場合
コメント

   文字入力できない場合
| ポケモン王国 | ポケモンUSUM攻略 | ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモンORAS攻略 | ポケモンXY攻略 | ポケモンBW2攻略 | ポケモンBW攻略 | ポケモンHG・SS攻略 | ポケモン図鑑 | ポケモン育成論 | 掲示板TOP | ▲TOP |