【移転しました】脱走してきたった
日時: 2015/02/20 19:09:59
名前: や◆6EocqOu9QZ6 ID:jhPYOZM2

クリックありがとうございます
世界観がポケダンとトレーナーのでる本編でごちゃまぜになっています。
苦手な方はお戻りくださいね

【警告】
以下のファイルは調査隊員のみ閲覧が許可されています。
我々が捨てられ、傷を負ったポケモンであることは外部に漏らしてはいけません。
情報漏れを確認次第、犯人を特定、太陽と月による処分がなされます。

万が一、日月のどちらかが吸収された場合、調査隊員は速やかに処理を行ってください

登場キャラ>>30
目次>>31

【お知らせ】
2月6日からポケモンノベル様にてリメイク、及び追更新をしていくことにしました
メンテ
Page: 1 | 2 | 全て表示 |
Re: 脱走してきた ( No.15 )
日時: 2018/01/30 19:58:31
名前: レナード◆vfI4TZSK7kk ID:Mx8DLgDo

はじめまして!
厳選で逃がしていくのが嫌になったけどボックスが…
情景がすぐに浮かんできてとても分かりやすくて濃い話で面白いです
投稿頑張って下さいませ♪
メンテ
Re: 脱走してきた ( No.16 )
日時: 2018/01/30 20:09:43
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

9 レトロなギルド

 外があんなに汚くて、いかにも整備が整っていない田舎という感じだったのに、ギルド内は目が覚めるくらいきれいで、様々な設備が準備されていた。
 崖の上の入り口から地下へはポケモンが穴を掘ったのだろう、全フロア吹き抜けで、入ってすぐの足場がエレベーターになっており、そのエレベーターで下まで降りていく構造だ。
 天井近くは鉄骨で支えられた床が設けられ、そこに藁の寝床と、天窓にレンズを向ける望遠鏡がある。
 地下まで続く壁はなにかの機械のコードが何本も這い、下に行くにつれ、壁をくりぬいた本棚や、緻密な装飾の吊り下げランプが増えていった。

「驚きましたか? 外があんまりに汚いから」

 エレベーターで降りる中、隣のメガニウムが微笑んだ。エンペルトも一緒だ。ファイアローが宙を羽ばたく羽音がうるさい。

「ええ。外があれなのに、どうこのギルドを……」

 ウインディは内装の美しさに圧倒されていた。途中に窓がいくつかあって、山岳地帯の景色が見えた。

「整備係――ラグラージが元の世界に帰ってしまったので、外はあの状況なのです。
 このギルドは調査隊メンバーのドリュウズと、街のシンボラーとメリープたちの協力で建てることができました」

 やがてエレベーターが一番下に着くと、エンペルトがサッと柵を開け、メガニウムを先に降ろした。

「ウインディさん。まずはわたしの隊長室で話を聞きましょう。あなたがこの世界にきた経緯と、我々に力を貸す覚悟があるのか、問いたいことがたくさんあります」
メンテ
Re: 脱走してきた ( No.17 )
日時: 2018/01/30 20:19:31
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

>>15
レナードさんはじめまして<(_ _)>
好きなポケモンほど逃がしづらいですよね、、、
あと育成したものずっとボックスにいる子とか、
後者はポケリゾートで改善された感がありますねw

トレーナーの酷さとかがテーマの暗い話じゃあないので
楽しく読んでいただけると嬉しいです!
メンテ
Re: 脱走してきた ( No.18 )
日時: 2018/01/30 21:48:26
名前: 午前の紅茶◆N1GNKXcS27Q ID:zrAUa/G2

>>0 に警告文が追加されてるーwww
あのルナアーラさん親切そうな雰囲気だったのに、ポケモンを「処分」したりなさるのですか…

ウインディとファイアローのやり取りがなんだか微笑ましいです。
2匹とも精神年齢は同じくらいっぽいですねー
ファーストコンタクトはこんな感じかもだけど、良き友、良きライバルになれそうな予感がします。

隊長室なんて場所まで連れてこられて問い詰められるとか、緊張感半端なさそうです。
ウインディよ、なんとかこの面接をうまく乗り切ってくれ…!!
メンテ
Re: 脱走してきた ( No.19 )
日時: 2018/01/31 22:21:23
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

10 『ほしぐも』の由来

 隊長室は極彩色の草花がたくさん飾られ、蜜の甘い匂いが充満していた。
 メガニウムに続き、ウインディ、エンペルトが室内に入ると、同じく入室しようとしたファイアローが飛んできたが、エンペルトがそれを阻止するかのようにドアをバン! と閉めた。
 ドアの向こうでファイアローの嘆きの叫びが聞こえる。ピョェエエエエーと耳障りだ。

「邪魔が入るといけないだろう」

 エンペルトの鋼の両翼が鋭く光った。
 フフっと優しげに微笑するメガニウムが、部屋の奥の、花々に囲まれた書斎机のところに行き、足を崩して座った。
 ウインディは、エンペルトのほうを見た。その青色の目が「行け」と言っている。
 部屋の天井は高く、窓から透き通った日射しがさしていた。いざメガニウムと向き合うと、足の裏の肉球が汗をかき始めた。

「ほしぐも調査隊のギルドにようこそ。何度か言っておりますがわたしが隊長、そして副隊長のエンペルトです」

 メガニウムの隣の椅子に腰かけるエンペルトが、軽く翼を上げた。

「わたしはジョウト、エンペルトがシンオウの出身ですが、ボックスから出してもらない日々が続き、偶然外に出してもらえたとき、ルナアーラというポケモンにこの世界へ案内してもらったのです。
『あなたがいる世界より、さらに住みやすい場所がある』と」
「おれもルナアーラに案内された」

 ウインディはあのときのことを思い出しながら、脳内で言葉を整えた。

「おれはイッシュ出身、リーグじゃ向かうところ敵なしだった。
だが3回戦目くらいにメガルカリオとあたって……ボコボコにされた。おれのトレーナーは勝負に拘る性質だったから捨てられたくないと思って、怖くてリーグ会場を逃げ出したんだ。
そしたら夜、ルナアーラが現れて、誘ってきた」

 ふと、もしかしたら自分はとっくに見捨てられているのでは、という思いが頭をよぎった。
 下顎がガクガクふるえて、口から牙がのぞいてしまう。必死に我慢するもの、それはいきなり爆発して、ウインディは書斎机にのりかかった。

「ルナアーラから聞いた! ここで鍛えたポケモンは強くなると。
そのためならなんでもしてやる! だから頼む、ここに入れてくれ!
おれは強い自分を信じていたい、己が納得する道を探しているんだッ!」
メンテ
Re: 脱走してきた ( No.20 )
日時: 2018/01/31 22:34:35
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

>>18
紅茶さんこんばんは<(_ _)>
なんか報告書っぽい雰囲気がだしたくて
ちょっとかっこつけちゃいました笑

ルナアーラはぱっと見優しいのですが
ちょくちょく言葉がきつい怖い女性って感じですね、、
月に代わっておしおきよ、みたいなセーラー風のイメージもありますwww

ウインディとファイアローはもう一匹加えてトリオにする予定で
また気が向いた時に訪問してやってください;
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.21 )
日時: 2018/02/01 14:09:36
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

 メガニウムの目が、真ん丸になっていた。
 こちらの体重に耐えきれず、書斎机がギシギシ音を立てる。メガニウムがなにも反応してくれないので、ウインディは机にのりかかって彼女を威圧していたが、エンペルトの咳払いで我に返った。

「……すみません」

 ウインディは元の体勢に戻り、しょぼんと耳を垂らした。
 メガニウムは深く目を閉じ、勢いよく息を吹いた。胸元の花から長いツタが二本、伸びてくる。ツタは机の引き出しを開け、そこから紙とペン、朱肉をとった。

「ここに足形を押してください」

 ツタが運んだ紙を見て、ウインディは半ば口を開けた。入隊書だ。
 もう一本のツタがさしだしてきた朱肉に右足をつけ、緊張でにわかにふるえながらも、紙面にドン、と足形を押した。我ながら大きな足だ。

「最後に入隊したのがバンギラスで、彼も十分に濃い個性を持っています。
面接時、感傷に浸った彼は大泣きして、部屋中砂まみれになったものです」

 紙と朱印を回収したメガニウムは、器用にツタを使って紙面へペンを走らせていく。

「ほしぐも調査隊の創設者はわたしではなく、ソルガレオという、ルナアーラの対になるポケモンです」
「ソルガレオ?」
「ええ。ルナアーラと同じ案内役で、まあ、それなりにおじさんって感じの方です」

 エンペルトが水の入った鍋を持ってきた。ウインディはその中に右足を入れ、インクを落とした。

「これで署名は完了しました。今晩リングルをお渡しします。それと、今日の夕食の時間に他のメンバーへの自己紹介をお願いしますね」
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.22 )
日時: 2018/02/01 17:31:03
名前: 午前の紅茶◆N1GNKXcS27Q ID:pCbaxilc

対戦の世界から逃げたウインディの姿が自分と重なる紅茶です。
ポケモン用の机は人が使うものより強度が高いだろうとはいえ、
ウインディが体重かけたら流石にギシギシいいますってwww

ファイアローが苦手としてるらしい例のバンギラス、かなり濃いキャラのようですねww
砂まみれにされてしまったら、後片付けする方もさぞかし大変でしょう。

口数少ないけど副隊長らしくしゃきしゃきと仕事してるエンペルトがかっこいいです。
普通の洗面器やバケツに足が入らないので鍋を使わないといけないところからもウインディのスケール感が伝わりますね…

夕食タイム、楽しみです!
ここにいる読者もまだ、メンバー全員の顔は知りませんからね……
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.23 )
日時: 2018/02/02 23:39:32
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

11 彼らとともに

 隊長室とちがって食堂は天井が低く、ギルドの仲間たちが集まると、息苦しさが胸を締めた。
 部屋の真ん中に長机が一本、豊富な料理が並ぶ机を、隊員たち――右からタブンネ、ドリュウズ、ファイアロー、色違いのバンギラス、そして副隊長のエンペルトが囲んでいる。エンペルト以外、不審な目をこちらに向けていた。

「皆さんに紹介したい新人がいます。どうぞ、ウインディ」

 メガニウムに後押しされ、ウインディは上座に座った。
 全身を彼らの視線が刺す。天井の明かりがまぶしい。口内で何度か舌を動かしてから、ウインディは声を押し出した。

「こんばんは……。名前は、ウインディです。イッシュ地方からきました。バトルでメガルカリオにやられて、ルナアーラにここへ誘われました。これからよろしくお願いします」

 その語尾が消えても、隊員たちは反応がない。目が鋭いままだ。
 こいつら本当に仲間か? と思いながら、背後のメガニウムを見た。彼女は特になにも感じていないのか、うんうんとうなずいて、ツタで眠りかけのファイアローをつついた。

「次は皆さんの番ですよ。できるだけ手短に。わたしが長いと感じたら強制終了です」

 メガニウムの金色の目が、タブンネを捉えた。緩やかな体形のポケモンだ。

「わたしはタブンネ。あなたと同じ、イッシュ地方出身です。
わたしたちはタブンネボムって育成法で有名なのだけれど、それに嫌気がさして逃げてきたの。ここでは救護係をしているわ。怪我をしたらきてね」

 タブンネの耳から伸びたイヤリングのような触覚が揺れた。
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.24 )
日時: 2018/02/02 23:40:38
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

「ドリュウズだ。同じくイッシュ出身。
本当はバトルでガンガン戦いたかったんだが、あいにく毎日土木作業に駆り出されてな。
まあ、おれの力が必要なときにだけ話しかけてくれ」

 彼はドリル状の手でコップを持って、水を飲んだ。頭部の大きな刃物の下から、切れ長の目がのぞいた。
 次はファイアローなのだが、彼はまた居眠りをしており、メガニウムにツタで叩かれたところで、ハッと開眼してキョロキョロ周囲を見回した。

「自分のこと話すんだよ」

 ドリュウズが小声でささやいた。

「え? 自己紹介?」
「そうだ。短くやれよ。じゃないとまた葉っぱ食う目にあうぞ」

 ファイアローが思わずピョエッ! と声を漏らした。

「カ、カロス出身だ! この立派なハチマキもカロス製だぞ!
おれの特性がリーグ公式で弱体化されたとかで、全盛期と比べたら弱くなってるがな!
でもおまえより強い。本当だぞ! 威嚇とか先制技なんてぜーんぜん怖くないからな!」

 ファイアローがバサバサ翼を鳴らした。

「まあ、いいでしょう。次、バンギラス……」

 みなの注目が、バンギラスに集まった。そういえば、なぜあのバンギラスだけ色違いなんだ。
 ここですんなり自己紹介をしてくれればよかったのに、そうはいかなかった。
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.25 )
日時: 2018/02/02 23:54:13
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

>>22
対戦はもうミミッキュ・他似たPTだらけっぽいみたいですね、、
それに自分は禁伝パでフリー潜ってるんですが中々マッチングしないうえ
短時間で同じ人とあたることがあって今の対戦界はほんと人口少ないんじゃあないかと時々思ってしまいます

文を書いてるときはなにも思わないのですが
後から読み直すとスケールかなりでかいですねwwなんか不自然だから他のやり方のほうがよかったかも、、、?

エンペルトのキャラは今の所一番気に入ってます笑
こういう堂々としたポケモンってやっぱりリーダーポジションにおきたくなるんです
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.26 )
日時: 2018/02/03 00:01:28
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

USM発売後ネクロズマ関連の物語が増えてきましたね
2011年あたりから王国の掲示板使わさせてもらってるんですが
過疎った板に今もなお更新があるのはうれしいような、
でも数年前のスレがまだ上にあるという人の少なさに悲しくなって
不思議です
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.27 )
日時: 2018/02/03 16:24:14
名前: 午前の紅茶◆N1GNKXcS27Q ID:zrAUa/G2

タブンネボムとかいう闇の深いワードが出てきてしまったーww
狩る方は気分うきうきだけど狩られるタブンネの立場からすると恐怖しかないでしょうし、逃げたくなるのも仕方ないです。

バトル好きのドリュウズはバトルから逃げたウインディとは真逆ですね。
でも、ギルドの建設に携わったあたりからしても土木作業の腕は確かなようで。
あの長い爪でコップ持ったりもできるしかなり器用??

ファイアローはうるさいか居眠りしてるかのどっちかしかない両極端な奴みたいですね…
疾風の翼の弱体化はバランスブレイカーすぎたから仕方ないのでしょう。

どういうわけか色違いなバンギラス、私も非常に気になります!
早く彼の自己紹介が見たいです!!!
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.28 )
日時: 2018/02/03 22:55:23
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

>>27
ハピナス・ラッキーも闇抱えてそうですよね
どちらも可愛い系のポケモンなのがまたやばみを感じますw

少し交流掲示板のほう覗かしてもらいましたが紅茶さんが
くさタイプ推し?らしいようで
環境からファイアローがほぼほぼ駆逐されて多少動きやすくなったのではと思っております笑

こちらも紅茶さんの小説楽しみにしています!
先の展開もそうですがあのギャルガレオと対のルナアーラが
どういうキャラしてるんだろうとすごい気になりますw
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.29 )
日時: 2018/02/03 22:56:20
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

 自分も陸上ポケモンの中では大きいほうだが、バンギラスのずんぐりとした巨体は、部屋の狭さもあってさらに大きく見えた。
 手足は太短く、腹部から紫色の装甲がのぞいている。背中は鋭い背びれで覆われていた。まさに怪獣だ。

「……おれは元々トレーナーのポケモンだった。カントー地方のな。
トレーナーが『ひかるおまもり』をもらって、初めて卵から生まれた色違いがおれだった。
思い返すと、本当に愛されて育った。毎日毛づくろいにつれていってもらって、サナギラスからバンギラスに進化したときは、他の地方のリボンやお菓子をいっぱいもらった。
でも、ある日、トレーナーとその家族がアローラに引っ越すことが決まった」

 メガニウムの強制終了を恐れる様子なしに、バンギラスは続けた。

「家族会議でポケモンは連れていけないってことになって……自分みたいな凶暴そうなのは特にだろうな。
そんで他のトレーナーのところで頑張ってこいって、おれの主人はおれをミラクル交換所に出したんだ。交換先は真面目なトレーナーだったが、それゆえ、おれを不正なポケモンと判断して逃がした。
色違いだし、ちゃんと厳選された個体だから余計怪しまれたんだ……」

 バンギラスの目がどんどん潤んでいく。首元と膝に開いた穴から細かい砂が噴出しだした。

「この石――バンギラスナイトを持たせてくれたのに、あれ以来一度も使っていない。背中が裂けるのは怖いけれど、また会いたい、うう……!」

 ますます砂の勢いが強くなった。
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.30 )
日時: 2018/02/03 23:06:06
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

登場キャラ
No.1ウインディ@いのちのたま/威嚇
  フレアドライブ/インファイト/しんそく/もえつきる

No.2ファイアロー@こだわりハチマキ/はやてのつばさ
  ブレイブバード/フレアドライブ/はがねつのつばさ/とんぼがえり

No.3エンペルト@とつげきチョッキ/げきりゅう
  ハイドロポンプ/アクアジェット/れいとうビーム/ラスターカノン

No.4メガニウム@バコウのみ/しんりょく
  エナジーボール/めざパ氷/げんしのちから/カウンター
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.31 )
日時: 2018/02/03 23:14:58
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

目次
1話>>1 8話>>11-12
2話>>2 9話>>16
3話>>3 10話>>19-21
4話>>4
5話>>5
6話>>7-8
7話>>9
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.32 )
日時: 2018/02/04 11:56:13
名前: ガリュオド◆8UISjI5FEMg ID:uc1raUFk

初めまして。厳選など一切分からない+伝説厨のガリュオドです。
すごく壮大なスケールですね!私はミラクル交換しようとすると誰も来てくれないんですよね・・・。
このお話の続き、待ってます!
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.33 )
日時: 2018/02/05 00:00:55
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

 バンギラスがおんおんと泣き出したとたん、エンペルトがさっと動いて、彼を食堂の外につれだした。そのあとを防塵ゴーグルをかけたタブンネが追っていく。

「あらら……」

 食堂の外では砂嵐が渦を巻いていた。風の唸る音に混じって、バンギラスの野太い泣き声が聞こえる。

「ここはタブンネとエンペルトに任せましょう。あの三体の分はあとから特別に作るので、先に食べて構いません」

 メガニウムがそう言ったとたん、ファイアローはくちばしで皿を引き寄せて、中の料理をついばんだ。コイキングの型をしたパンケーキだ。
 ドリュウズはチラチラとバンギラスの様子を気にしていたが、ファイアローに「食べないのか?」ときかれ、食卓に顔を向けた。

「おれはどこに座ればいい?」
「今日はどこでもいいですよ。明日から入隊順……バンギラスの隣です」

 ウインディは苦笑いした。明日から泣かれないのを願うしかない。
 ずっと上座にいるのも落ち着かないので、タブンネがいた席に座ると、ドリュウズがジッとこちらの身体を見つめてきた。たしかドリュウズは一メートルなかったはず。ウインディの足の付け根あたりまでの身長だ。

「ドリュウズ、ドレッシングなんにしますか?」

 彼のところに山盛りのサラダがあるのを見て、メガニウムがきいた。

「ああ……オーロラミロカロスで頼む」

 ツタがボトルを運んでくる。ドリュウズはそれを受け取って、乳白色のドレッシングをかけた。
 ウインディはメガニウムをチラ見した。バンギラスが気になるのだろう、林檎をかじりながらそちらを見ている。ウインディは視線を机にやって、一際良い匂いのする皿を自分のところに寄せた。
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.34 )
日時: 2018/02/05 00:02:59
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

クリーム色のソースがパスタにかかっている。チーズの匂いにウインディは鼻孔を膨らませ、皿に顔を突っこんだ。

 パスタはつるつるしていて、歯ごたえがあった。まだ麺が熱いので味が濃く感じる。柔らかな味のクリームソースの中で、ときおりコショウがピリッときいた。

「美味しいですか?」

 メガニウムの言葉に、ウインディは何度もうなずいた。

「よかった。ミルタンクのミルクを使ったクリームとチーズは、カクレオンの七色グミと並んでこの世界の最高の品の一つなんです」

 パスタを完食してぴちゃぴちゃ水を飲んでいると、隣のドリュウズが身体を軽く叩いてきた。

「バンギラスもそうだが、トレーナーのポケモンでいるってのは大変なのか?」
「おい! おれも元トレーナーのポケモンだぞ!」

 返事をする前に、ファイアローが横槍を入れてきた。

「おまえは話が薄いんだ。あとくちゃくちゃ食べながら話をするな汚い」

 ドリュウズにそう言われ悔しそうにくちばしをカタカタ鳴らすファイアローを横目に、ウインディは答えを返した。

「一部のポケモンは大変だろう。おれのところは頑張ったら褒めてくれる人間だったが、そのぶん、勝ち続けないといけないと勝手に思うようになった。
おれはいままで戦ってしかこなかったから、きみみたいに人の役に立つ生活に興味があるよ」
「そうか。おれのところも人間自体は良かったから、もしかしたら、おれが勝手に気にくわなかっただけで、恵まれた環境だったのかもな」

 ドリュウズがため息をついた。

「おれのとこの作業員も、おまえのトレーナーも、みんな、ポケモンがある日いなくなったって、気にしてくれていたらいいんだが。
もし元の世界に戻ったとき、帰る場所があるのとないのじゃ、まったくちがうだろ」

 脳裏の光景に、空が開けた。横幅のある河に、陸を結ぶ大きな橋がかかっている。スカイアローブリッジだ。毎日見ていたのに、とても懐かしい。

「帰るべき場所か……あるのを願うが、当分はここにいたい。
いくらトレーナーが言ったって、自分にしか理解できない悩みがあるだろう。それを解決できたら、もっと輝けるはず」

 ぼんやりつぶやいた言葉に、ドリュウズがうなずいたのが見えた。
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.35 )
日時: 2018/02/05 00:06:38
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

>>32
ガリュオドさんはじめましてー
コメント頂きうれしゅうございます!
地味にガリュオドさんの裁判小説もちょくちょく読ませてもらってますよ!
同じ伝説厨とは気があいそうですね、、、伝説サイコーです笑
メンテ
Re: 脱走してきたった ( No.36 )
日時: 2018/02/06 14:19:28
名前: や@伝説キッズ ID:K0iCbZM2

一つお知らせがあるのですが
これからは他サイト様のポケモンノベルというところで
GOLDSTARというネームで続きを書いていくことに決めました。
ここ自体人が少ないのと、このスレが3年前のものでそのとき書きたかったことを
思い出して文にしていく作業が、内容的に納得がいかないことが多々ありまして1から
書き始めたいと思ったのが決め手でした。

7年間使ってきた王国を離れるのは寂しいですが
気になっている小説は時々読みに来ますのでどうかよろしくお願いいたします。
メンテ
Re: 【移転しました】脱走してきたった ( No.37 )
日時: 2018/02/06 20:24:05
名前: 午前の紅茶◇N1GNKXcS27Q ID:zrAUa/G2

バンギは縦にも横にも大きいし、迫力ありますよね!
間近で見ると圧倒されてしまいそうです。

正規個体なのに改造だと間違われてかわいそうすぎる…

メガ進化時の図鑑説明文は衝撃的でしたよね。まさか背中が裂けてる状態で戦ってたとは…そりゃ怖いっすよ…

感極まるとすぐに泣いてしまうのですねーwww
こんな時にも真っ先に動けるエンペさんほんとかっこいい…
彼、鋼タイプだし砂ダメ受けませんしね!
手早い処置のおかげで今回はギルド内砂まみれは回避できましたね。
防塵ゴーグルかけてまでついていくタブンネさんまさに天使や
このタブンネさん怪我の治療だけでなく心のケアもできるんですね。私も愚痴とか聞いてもらいたい(

確かにアローは話が薄いwwww
そしてクチャラーだったのですね。食べてる時までうるさいとは限りなく迷惑な奴ですな。

ああ、私の頭の中にもイッシュの風景が…
あの巨大な橋で孵化作業してたのが懐かしい…あの環境が懐かしい…


>>36
えっ……
移転されてしまうのですか!?

ポケモンノベルさんの方も検索して見つかれば読ませていただきます。

貴方が戻って来られるように、
私達がこのサイトを温めておきますから、
また気が向いたら小説を書きにきてください!!!
メンテ
Re: 【移転しました】脱走してきたった ( No.38 )
日時: 2018/02/06 20:31:23
名前: ガリュオド(元・ルーク)◆8UISjI5FEMg ID:uc1raUFk

や@伝説キッズさん<移転、ですか・・・。少し悲しいですね。ですが、いつでも待ってますよ!また来てください!この掲示板に!また貴方の小説が見たいです!!

王「いつでもオレは待ってますよ!」
牙「それまで、しばしのお別れだね。」

また、戻ってきてください!ガリュオドも待ってます!

へなちょ子さん<私も温めてるの、協力します!その意見に異議なし!
メンテ
Re: 【移転しました】脱走してきたった ( No.39 )
日時: 2018/02/07 00:22:40
名前: リッキー◆rxs1u6pHm96 ID:zPog81c2

元赤ギツネのリッキーです。
移転されてしまうのですか……寂しくなりますね……。
ポケモンノベルは僕も以前通ってました。あそこは今でも結構賑わってますよね。
というより、むしろあそこぐらいですよね、賑わってるところって。
8年くらい前はどこの板も賑わってたのに、今じゃめっきり人が減っちゃって寂しいです……。

なんだか湿っぽくなっちゃいましたねw
向こうでも執筆活動頑張ってください! 応援してますよ!
メンテ
Page: 1 | 2 | 全て表示 |
タイトル スレッドをトップへ移動
名前 (偽者防止にを付けましょう)
パスワード (半角8文字以内) ※投稿内容修正時に使用します メンテ
投稿キー (投稿時 を入力して下さい) ※投稿キーが4桁表示されない場合
コメント

   文字入力できない場合
| ポケモン王国 | ポケモンピカ・ブイ攻略 | ポケモンUSUM攻略 | ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモンORAS攻略 | ポケモンXY攻略 | ポケモンBW2攻略 | ポケモンBW攻略 | ポケモンHG・SS攻略 | ポケモン図鑑 | ポケモン育成論 | 掲示板TOP | ▲TOP |