PokémonLIFE
日時: 2019/02/28 21:11:09
名前: white flower◆TiF84PiVvzo ID:MVbDKi0Y

どうも、はじめまして。white flowerです。
ここのポケモンの二次創作物語を読んで書いてみたくなり、学園ものを書いてみます。

タイトルがおかしなことになってますがね …本当は

『POKEMON LIFE』

です。
タイトルの直し方知っている方がいたら、教えてください。
メンテ
Page: 1 | 全て表示 |
Re: PokémonLIFE ( No.1 )
日時: 2019/02/28 21:44:55
名前: white flower◆TiF84PiVvzo ID:MVbDKi0Y

…拙い文章ですが、ご容赦ください。
学園ものなので、非常に登場ポケモンが多いです。また、途中から学園ものっぽくないものもあるかもしれません…

登場ポケモン

《空の騎士》
ウォーグル♂lv 85がんばりや。自己犠牲も厭わないほどの優しい教師。ブラッキーが親友。
生徒たちからとても慕われている。とあるつらい過去を持つ。
《月光》
ブラッキー♂lv 80れいせい。ウォーグルの親友。エーフィの恋人。サンダースの兄。
常に冷静沈着で、現実主義者。しかし、甘い一面も。生徒指導担当。
《無敗の白羽》
アブソル♀lv 80いじっぱり。学院長の秘書兼用心棒。メガストーンを持ち、メガシンカして戦う。
よくウォーグルと意見をぶつけている。過去に囚われている。
エーフィ♀lv 70おとなしい。ブラッキーの恋人。占いの館の主兼天文台管理者。滅多に怒らないが、怒ると部屋の中のもの全てを吹き飛ばすほどのサイコパワーを解放する。
メンテ
Re: PokémonLIFE ( No.2 )
日時: 2019/02/28 22:07:57
名前: white flower◆TiF84PiVvzo ID:MVbDKi0Y

サンダース♂lv 65ようき。ブラッキーの弟。教師陣の中で一番若い。そのため、経験が浅い。
でんきタイプ専門教師。リーフィアの親友。
リーフィア♂lv 55おだやか。サンダースの親友。ほんわかしている植物系男子。
植物庭園の管理者であり、植物研究者でもある。
タブンネ♀lv 50のんき。恋バナが大好きな保健室の先生。《保健室の守り人》と呼ばれている。
《御手》
ムーランドlv⁇おだやか。学院長。その実力は、誰も知らない。
また、とても寛容な人物。普段は優しいおじいちゃん。

※題名が上手く打てなかったので、ここで言いますと、

『POKEMON LIFE』

です。
ド素人の筆者ですので、日本語おかしいこともあるかもしれませんが、よろしくお願いします。
メンテ
Re: PokémonLIFE ( No.3 )
日時: 2019/02/28 22:25:59
名前: white flower◆TiF84PiVvzo ID:MVbDKi0Y

いろんな人物の目線で進む物語です。
読みづらかったら、すみません。

※ポケモンが喋る感じの物語です。


目線:ウォーグル





『ウォーグル君、君を……愛してた。』


ーー目が覚めると、泣いていた。


「先生、大丈夫ですか?」

俺の生徒…チコリータが心配そうに俺を見上げて言った。

「あ、ああ。どうした?」

俺が彼女に聞くと、彼女は苦笑して言った。

「ダメですよ?無理しちゃ。」

普段は、ほとんど発言をしないというのに…

『おはようございます』

朝の会が始まり、中学部の生徒たちが挨拶をする。

ーーー平和で、かけがえのない日々が、ここにある。


メンテ
Re: PokémonLIFE ( No.4 )
日時: 2019/02/28 22:48:19
名前: white flower◆TiF84PiVvzo ID:MVbDKi0Y

目線:ウォーグル

ーー1時間目

「よーし、これからバトルの練習だ!
誰かやりたい人はいるか?」

『では、私と一戦。ウォーグル。』

生徒たちが敵意の目を向ける。…アブソルだ。

「あら、いやなの?(空の騎士》…意外と軟弱者なのかしら?」

生徒たちの怒りはとうに頂点に達していた。そして今、溢れ出した。

「アブソル先生!ウォーグル先生を困らせて何が楽しいのですか⁈」

生真面目な生徒会副会長、フォッコが叫んだ。

「何の利益も生まない争いをするのですね…アブソル先生。」

努力家のミジュマルが、静かに怒っている。

「何故そんなにウォーグル先生が嫌いなのですか⁈」

委員長ヒトカゲがトドメを刺すかのようにアブソルに吠えかかる。

…一体どうなることやら。俺は1人ため息をついた。
メンテ
Re: PokémonLIFE ( No.5 )
日時: 2019/02/28 22:58:08
名前: white flower◆TiF84PiVvzo ID:MVbDKi0Y

目線:アブソル

「私は随分嫌われ者だねぇ……。」

まぁ、確かに今のは挑発しすぎた。
しかし……生徒たちはどれほどウォーグルを慕っているのだろう?

…まるで私が悪役ではないか。

「邪魔して悪かったわね、私はもう行くわ……。」

敵意のこもった視線を感じながら、事務室に帰ろうとしたとき。

「……ッ!」

ウォーグルが、目の前に降り立った。

「お前の過去を知る俺が。
お前のバトルの誘いを断ると思うか?」
メンテ
Re: PokémonLIFE ( No.6 )
日時: 2019/03/01 18:51:13
名前: white flower◆TiF84PiVvzo ID:MVbDKi0Y

目線:ウォーグル

あまりにも、哀しげなお前を…俺は放っておけなかった。

「真剣勝負だ。《無敗の白羽》」

彼女も、生徒たちも、困惑して俺を見ている。

だが、彼女は自嘲気味に笑うと無言で頷いた。

「バトルを楽しめよ?」

彼女は複雑な感情を顔に浮かべながら俺を見ている。

「わかったわよ、《空の騎士》」

ーーそしてここにウォーグルvsアブソルのバトルが幕を開けた。
メンテ
Re: PokémonLIFE ( No.7 )
日時: 2019/03/01 19:19:39
名前: white flower◆TiF84PiVvzo ID:MVbDKi0Y

目線:アブソル

…しばらく私達は、ピリピリとした空気の中、静寂を守っていたが、
私はその沈黙を破った。

「使わせてもらっても?」

私は首からかけているメガストーン……アブソルナイトのペンダントに手をかざして彼に問う。

「ああ、もちろん。」

少し驚いていたが、彼は了承した。

私は目を閉じて、静かに詠唱する。

『我の秘められし真の力よ、羽となりて姿を現せ。
ーー進化を超えろ、メガシンカ……!』

直後、凄まじい力がその場を支配する。
激しい光と風が荒れ狂い、私の姿は変化する。

白い『羽』が背に生え、光を浴びて輝く。

「さぁ、本気の勝負よ。」

ウォーグルは満足気に笑うと、攻撃を開始した。

「『ブレイブバード』!」

彼の十八番の技である。
私も反撃を開始する。

「『あくのはどう』!」

彼が直接攻撃なら、わざわざぶつかりに行く必要はない。
私は遠距離から攻撃を放つ。

だが、彼も相当の実力者。
見事に回避し、空高く舞い上がる。

(チッ……『そらをとぶ』?何もできないじゃない)

私は『サイコカッター』で彼を狙うが、思うように当たらない。
両者、まだHPは何一つ削られていない。

『そらをとぶ』だと考えていたが、違うらしい。
急降下した後、私をめがけて一直線に飛んでくる。

「あ、ああぁ……!」

意外と迫ってくるというのは、怖い。
私は冷静さを、失った。
メンテ
Re: PokémonLIFE ( No.8 )
日時: 2019/03/01 22:18:58
名前: Marigold◆SYslhLkLErE ID:dLx.UhRE

アブソルさん、クール系なのかと思ったら、ウォーグルの急降下に対して動揺してるのが、意外で可愛いというか、脆いというか、紹介にあったようにいじをはってるのかなぁ。
メンテ
Page: 1 | 全て表示 |
タイトル スレッドをトップへ移動
名前 (偽者防止にを付けましょう)
パスワード (半角8文字以内) ※投稿内容修正時に使用します メンテ
投稿キー (投稿時 を入力して下さい) ※投稿キーが4桁表示されない場合
コメント

   文字入力できない場合
| ポケモン王国 | ポケモンレッツゴーピカブイ攻略 | ポケモンUSUM攻略 | ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモンORAS攻略 | ポケモンXY攻略 | ポケモンBW2攻略 | ポケモンBW攻略 | ポケモンHG・SS攻略 | ポケモン図鑑 | ポケモン育成論 | 掲示板TOP | ▲TOP |