ヨルノズク育成論

ヨルノズクの育成論。

ヨルノズクの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

ヨルノズクの基本データ

全国 No.164 ヨルノズク
ヨルノズク 分類 : ふくろうポケモン
タイプ : ノーマル / ひこう
高さ : 1.6 m
重さ : 40.8 kg
種族値 タイプ相性
HP 100
攻撃 50
防御 50
特攻 76
特防 96
素早さ 70
×4
×2 電 氷 岩
×1/2 草 虫
×1/4
無効 地 霊
特性
ふみん ねむり状態にならない。
するどいめ 相手のわざや特性で命中率のランクを下げられない。
手持ちの先頭にいると、レベルの低い野生ポケモンが出現しにくくなる。
隠れ特性(夢特性)
いろめがね 「効果はいまひとつ」のわざを使ったときに与えるダメージが2倍になる。

ヨルノズクのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ヨルノズクを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ヨルノズクの特徴

【良いところ】

  • ヨルノズクは特性「ふみん」が優秀です。プラチナで催眠が多少弱体化したとはいえ厄介なことには変わりないので、パーティに特性「ふみん」「やるき」を持つポケモンがいると何かとお役立ち。相手の催眠技読みで場に出していくことができます。催眠技を受けてからコチラが「さいみんじゅつ」をすることもできます。
  • 特殊耐久が高いです。耐久型にすれば、タイプ不一致の弱点特殊技くらいなら余裕で耐えることができます。特防特化ヨルノズクは、特攻特化グレイシアの「ふぶき」すら確定で耐えます。(81.1~96.6%ダメージ。個体値はVを仮定)
  • 耐久型には便利な「はねやすめ」を覚えられます。「はねやすめ」をすると電気・氷タイプが弱点ではなくなるので、特殊アタッカーの電気・氷技を読んで先制で「はねやすめ」できれば理想的です。
  • 「リフレクター」を覚えるので、特殊耐久特化にして物理耐久は「リフレクター」で補うこともできます。相手を流すことを重視するなら「フェザーダンス」でもよいです。

【悪いところ】

  • HPはそこそこありますが防御は低いので物理耐久はありません。相手が物理アタッカーに変えてくると読んだらどうするのかあらかじめ考えておきましょう。(交代読みで「さいみんじゅつ」「フェザーダンス」「リフレクター」などがあります)
  • 相手の「じしん」読みで場に出せても、地面タイプのサブウェポンに多い「ストーンエッジ」を受けると辛いです。

ヨルノズクの型

【特殊受け耐久型】

特性 :
ふみん
性格 :
おだやか
努力値:
HP252、特防252、防御or素早さ6
持ち物:
たべのこしorオボンのみ
メイン:
エアスラッシュ(スペースがあれば)
サブ技:
ナイトヘッド、ねっぷう
補助技:
はねやすめ、リフレクターorフェザーダンス、さいみんじゅつorどくどく

ヨルノズクの特殊耐久を生かした耐久型です。特殊アタッカーに対して出して行き、余裕があれば「リフレクター」で物理耐久も上げていきます。

性格・努力値について。
基本的に特防特化です。素早さは激戦区の70族です。先制で「はねやすめ」を使えると便利なので素早さを調整して耐久を削ってもよいのですが、何に合わせて調整するかが難しく、先手を取れるかは実際に対峙してみないと分かりません。よって、耐久に全振りして基本後攻になると想定して戦略を立てておいた方が戦い方が安定すると思います。

技について。
耐久型の技で「はねやすめ」は必須です。「さいみんじゅつ」を覚えておくと何かと使えますが、催眠は嫌われる上命中率も低いので、相手の耐久型対策に「どくどく」でもOKです。物理アタッカーへの交換読みで、「リフレクター」を覚えておくのもオススメ。

攻撃技をひとつは持っておかないといろいろと不便です。「ナイトヘッド」は安定したダメージを与えることができオススメです。「ナイトヘッド」無効のノーマルタイプで止まらないように「エアスラッシュ」や「ねっぷう」を入れておいてもよいです。「ねっぷう」は「エアスラッシュ」に耐性のある鋼タイプの弱点で、特性「ふゆう」ドータクン等に効果抜群がとれます。「はねやすめ」「ナイトヘッドorエアスラッシュ」「選択肢」「選択肢」という感じの技構成になります。


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館