テッカバトン

禁止級(デオキシスS)を除くと実質最速のポケモンであるテッカニンは、特性「かそく」により1ターンごとに素早さのランクが1段階ずつ上がります。本人はこれ以上素早くなっても意味がないので、「かそく」で上がった素早さを「バトンタッチ」で誰かに引き渡しましょう。ついでに「つるぎのまい」や「みがわり」をバトンできればなお良いです。このテッカニンによる「バトンタッチ」を一般的に「テッカバトン」などと呼びます。

誰に「バトンタッチ」する?

テッカニンの「かそく」で上がった素早さを「バトンタッチ」する先ですが、基本的には素早さの遅い物理アタッカーがよいです。カイリキーやガラガラ(「ふといホネ」持ち)などが最適です。彼らは攻撃がとても高いですが、素早さが遅く先手で相手に対処できないのがネックです。テッカニンから「バトンタッチ」を受けて素早くなれば、先手を取って相手に攻撃ができるようになります。

テッカニンの使用法

必須技は「バトンタッチ」、「まもる」or「みがわり」(1ターン目に使用)、メインウェポンの「シザークロス」or「とんぼがえり」です。必要なら「つるぎのまい」も入れます。

1ターン目は、「まもる」or「みがわり」をして相手の攻撃をかわし、確実に素早さを1段階上げます。
2ターン目は、上がった素早さを「バトンタッチ」します。

これが基本です。相手が交換したり、補助技を積んできたりして隙を見せたら、「つるぎのまい」を積むか「みがわり」を出してそれらも「バトンタッチ」で引き渡します。

「みがわり」か「まもる」のどちらかは必須ですが、「まもる」は連続で出せないので、1ターン目に「まもる」を使ったら2ターン目は先攻で「バトンタッチ」するしか手段がありません。しかし、「みがわり」と違い確実に1ターン相手の攻撃を防げるという利点もあります。

「みがわり」にしたときは、「まもる」と違い連続で使用できるという強みがあります。1ターン目、2ターン目に「みがわり」を出せば、素早さを2段階上げることができます。「まもる」と違って普通の技なので、相手の先制技に弱く、「ふきとばし」で強制交代させられるという欠点があるので注意です。どちらにするかはお好みで決めてよいと思います。

スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館