てんのめぐみ+ひるみ

特性「てんのめぐみ」は技の追加効果の出る確率が2倍になる強力な特性です。トゲキッス、ノコッチ、ハピナス、ジラーチ、シェイミ(スカイフォルム)などが持っていますが、この中でもとくにトゲキッスとノコッチは、相手をひるませる追加効果を持つ技と併用するコンボをよく使います。トゲキッスなら「エアスラッシュ」(ひるみ30%)、ノコッチなら「ずつき」「いわなだれ」「かみつく」(ひるみ30%)などと組み合わせると強力です。

トゲキッスでてんのめぐみ+ひるみ

トゲキッスのメインウェポンである「エアスラッシュ」は通常ひるみの追加効果が30%の技ですが、トゲキッスの特性「てんのめぐみ」によりひるみの追加効果は60%になります。

しかし、1つ問題があります。トゲキッスは素早さ種族値が80です。相手をひるませるには先攻で攻撃しなければなりませんが、80は微妙なところです。

そこで、「でんじは」を使います。相手に「でんじは」をかけてマヒさせれば、相手の素早さは1/4になり、トゲキッスが先制できます。おまけにマヒ状態で相手は1/4の確率で動けないので、トゲキッスが「エアスラッシュ」で攻撃したターンに相手が動ける確率は、
 ひるまない確率×マヒしない確率=4/10×3/4=3/10=30%
です。一撃必殺技の命中率です(笑)。

「でんじは」→「エアスラッシュ」の流れで多くの敵を倒せるので、トゲキッスの強い型のひとつと言えます。地面タイプと特性「じゅうなん」(マヒしない)や特性「せいしんりょく」(ひるまない)には注意です。

ノコッチでてんのめぐみ+ひるみ

ノコッチはタイプ一致の「ずつき」を初め、「かみつく」「いわなだれ」「いびき」など多くのひるみ追加効果のある技を習得します。

素早さが種族値45ととても低いので、相手に先制してひるませるために、トゲキッス同様まず相手をマヒさせます。マヒさせる技は、「でんじは」と「へびにらみ」の2択です。「でんじは」は命中率100で安定していますが、地面タイプには効きません。「へびにらみ」は命中率75と不安が残りますが、地面タイプに効きます。ガブリアスとかにも効くってことです☆

シングル戦なら、メインウェポンは「ずつき」にしてひるみコンボで押し切りましょう。上のトゲキッスと要領は同じです。相手がそのターン動ける確率は30%です。「ずつき」だけではゴーストタイプで止まるので、「かみつく」や「いわなだれ」も入れておきましょう。ダブル戦では、相手2匹に先制できれば、「いわなだれ」で相手2匹共にひるませることが可能です。

○トゲキッスとの差別化
ノコッチなんて、管理人もしばらく知りませんでした・・・
こんなのいたっけ?って感じのポケモン。ツチニンだと思ってました。ごめんなさい。
ノコッチよりトゲキッスのが有名だし、カワイイし・・・
なのですが、ノコッチにもよいところ、あります。
  • 弱点が少ない。 
    トゲキッスの3タイプに対してノコッチは1タイプ(格闘)しか弱点がありません。
  • 「へびにらみ」で地面タイプにも対応できる。
    トゲキッスは「でんじは」しか使えないので地面タイプをマヒ状態にできませんが、ノコッチなら「へびにらみ」で地面タイプにも対応できます。
  • 「いわなだれ」で2匹ひるみ(ダブル限定)
    「いわなだれ」は敵全体攻撃なので、相手のポケモン2匹まとめてひるませることができます。

スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館