とっておき+α

「とっておき」で戦います。「とっておき」は威力130のノーマル物理技です。「とっておき」を出す段階までに辿りつくことさえ出来れば、きっと高威力で強いことでしょう。「とっておき」以外の技をそれぞれ1回以上は使っていないと失敗します。基本的には、「とっておき」と他に1つだけ技を覚えて(残りの技は忘れじいさんに忘れさせてもらう)、「とっておき」メインで戦います。岩・鋼やゴーストタイプのポケモンで止まります・・・。

「とっておき」を使えるポケモン

あいうえお順です。赤文字のポケモンは「とっておき」を使う戦法がメジャーなポケモンや、使う価値があると思われるポケモンです。「とっておき」がメジャーなポケモン以外でも、ノーマルタイプのポケモンならメインウェポンにできるので、意表を突いて「とっておき」してみるのもアリだと思います☆

アグノム(Lv61、教え技)、イーブイ(Lv50、教え技)、エーフィ(Lv50、教え技)、エテボース(Lv43、教え技)、エネコロロ(タマゴ技、教え技)、オオタチ(タマゴ技、教え技)、オドシシ(教え技)、カクレオン(教え技)、カビゴン(ゴンベ時Lv49、教え技)、カモネギ(教え技)、グランブル(教え技)、グレイシア(Lv50、教え技)、ザングース(教え技)、サンダース(Lv50、教え技)、シャワーズ(Lv50、教え技)、シェイミ(教え技)、ジラーチ(Lv65、教え技)、セレビィ(教え技)、ダークライ(教え技)、チリーン(リーシャン時Lv22、教え技)、トゲキッス(トゲチック時Lv51、教え技)、ドンファン(ゴマゾウ時Lv37)、ノコッチ(教え技)、バシャーモ(タマゴ技、教え技)、パチリス(Lv37、教え技)、パッチール(教え技)、ハピナス(タマゴ技、教え技)、ビーダル(教え技)、ピクシー(教え技)、フィオネ(教え技)、ブースター(Lv50、教え技)、プクリン(教え技)、ブニャット(教え技)、プラスル(Lv48、教え技)、ブラッキー(Lv50、教え技)、ペルシアン(タマゴ技、教え技)、ポリゴン2(教え技)、ポリゴンZ(教え技)、ポワルン(教え技)、マイナン(教え技)、マッスグマ(教え技)、マナフィ(教え技)、ミミロップ(教え技)、ミュウ(教え技)、ラッタ(タマゴ技、教え技)、ラティアス(教え技)、ラティオス(教え技)、リーフィア(Lv50、教え技)、リングマ(教え技)

「とっておき」+「ねこだまし」

初ターンで「ねこだまし」をして、2ターン目から「とっておき」を連打します。
エテボース、エネコロロ、ペルシアンなどが「とっておき」と「ねこだまし」を共に習得できます。エテボースに関しては「とっておき」使用時には特性「テクニシャン」が発動しませんが、「テクニシャン」発動時「ダブルアタック」×2よりも「とっておき」の方が命中率・威力ともに上なのでオススメです。

「とっておき」+「まもる」

「とっておき」を覚えるポケモンなら誰でもできるコンボです。
1ターン目で「まもる」、2ターン目で「とっておき」です。
その後は「まもる」と「とっておき」を使い分けます。
「とっておき」+「まもる」+「ねこだまし」にしてもよいです。

スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館