ホウオウ育成論

ホウオウの育成論。

ホウオウの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

ホウオウの基本データ

全国 No.250 ホウオウ
ホウオウ 分類 : にじいろポケモン
タイプ : ほのお / ひこう
高さ : 3.8 m
重さ : 199.0 kg
種族値 タイプ相性
HP 106
攻撃 130
防御 90
特攻 110
特防 154
素早さ 90
×4
×2 水 電
×1/2 炎 格 鋼
×1/4 草 虫
無効
特性
プレッシャー 相手が使用したわざのPPを1多く減らす。
手持ちの先頭にいると、レベルの高い野生ポケモンが出現しやすくなる。
隠れ特性(夢特性)
さいせいりょく バトルから引くと最大HPの1/3だけ回復する。

ホウオウのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ホウオウを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ホウオウの特徴

【良いところ】

  • 攻撃種族値が高く、特攻種族値が高めです。
  • 禁止級伝説ポケモンには珍しい物理アタッカーとなることができます。伝説解禁戦では特殊アタッカーが多いので、相手の特殊攻撃をどのように受けるかばかりに目がいきがちです。そこで物理攻撃をすることで、相手を落としやすくなることも。
  • 特殊耐久が高いです。雨が降っていなければホウオウが耐久無振りでも特攻特化パルキア(特攻種族値150)の「なみのり」のダメージが76.2~90.6 %となり、確定で耐えます(個体値はVを仮定)。
  • 物理耐久も決して低くはなく、「ヨロギのみ」を持たせればホウオウが耐久無振りでも攻撃特化グラードン(攻撃種族値150)の「ストーンエッジ」のダメージが 83.9~99.4 %となり、確定で耐えます(個体値はVを仮定)。耐えてから「ブレイブバード」で相手もろとも散るのもアリです。

【悪いところ】

  • 専用技の「せいなるほのお」は50%の確率で相手をやけど状態にできます。通常ルールのバトルではやけどに弱い相手の物理アタッカーを強く牽制できますが、ホウオウが出られる伝説解禁バトルでは特殊アタッカーの方が多いです。よって、相手がやけどを負っても相手の火力ダウンは期待できません。(物理アタッカーがそこそこメジャーなのは、グラードン・ホウオウ・レックウザくらいでしょうか。)
  • 炎技メインウェポンを半減してくる禁止級伝説ポケモンが多いです。レジギガスとケッキングを除く種族値670、680のポケモン(ディアルガ等9匹)のうち5匹が炎技に耐性を持っています。
  • 伝説戦ではカイオーガ(とくに「こだわりスカーフ」持ち)が最もメジャーであり、天気が雨のことが多いです。天気が雨だとホウオウのメインウェポンである炎技は半減されてしまい、弱点である水技はさらに1.5倍ダメージとなります。ホウオウの高い特防により通常なら耐えることができるような水技であっても、雨による火力UPで耐えられないことも。。
    こちらはグラードン等によるサポートをしたいところです。ホウオウが登場するときに雨が降っていなければOKです。ホウオウをいかに使うかよりも、ホウオウ登場時にいかに雨を避けるかということが課題です。
  • 禁止級伝説ポケモンの中では素早さは90族と最鈍です(最鈍といっても9匹中5匹いますが・・・)。高火力技の撃ち合いになるときに、素早さが低いのは損です。
  • 岩タイプに4倍弱点を持つので「ステルスロック」で体力の半分を削られます。ただ、伝説解禁戦では伝説ポケモンは耐久があるため「きあいのタスキ」はそこまで使用されることはなく、タスキ潰しの「ステルスロック」も通常対戦ほどは使用されないのが救いです。(高火力戦では使っている余裕もありませんし・・・)

ホウオウの型

【物理こだわり型】

性格 :
ようき
努力値:
攻撃252、素早さ252、HP6
持ち物:
こだわりハチマキ
メイン:
せいなるほのお、ブレイブバード
サブ技:
じしん、アイアンヘッド
補助技:
なし

ハートゴールド・ソウルシルバーで強力な飛行タイプ技の「ブレイブバード」を使えるようになりました。以前までは、使える飛行物理技はクセの強い「ゴッドバード」しかなかったので「ブレイブバード」の習得は大きいです。対戦で「ゴッドバード」を使う場合は「パワフルハーブ」が必要であり、「こだわりハチマキ」は持つことはできませんでしたが、ようやく飛行技メインウェポンと「こだわりハチマキ」の両立が可能になりました。細かいことは考えずに、先手を取れそうな相手に突っこんでいくのが基本です。

禁止級伝説ポケモンの中では遅い90族ですが、ホウオウと同じ90族にはディアルガ、ギラティナ、グラードン、カイオーガがいます。この中でディアルガ、ギラティナはHP振りが多く、最速でないことが多いです。グラードンはHP振りと素早さ振りがいます。カイオーガはスカーフ持ちが多いので諦めます。天気が雨時の水技でもない限り、ホウオウは大抵の特殊技を耐久無振りでも耐えることができるため、素早さに振り最速にした方が使いやすい気がします。

ホウオウの技ですが、上には「せいなるほのお」「ブレイブバード」「じしん」「アイアンヘッド」を載せましたが、普段は「せいなるほのお」と「ブレイブバード」のみを専ら使うことになると思います。
「アイアンヘッド」はまず使うことはありませんが、他に技もないので。。アイアンヘッドを外して補助技にしてしまってもよいと思います。

○VSディアルガについて。

  • 特攻特化ディアルガの「りゅうせいぐん」で耐久無振りホウオウに 56.3~66.2 %ダメージ(特攻ダウンを加味すると確3)
  • 攻撃全振り「こだわりハチマキ」ホウオウの「じしん」でHP振りディアルガに 70.5~84 %ダメージ(確2)
  • 同条件ホウオウの「せいなるほのお」でHP振りディアルガに 52.6~62.8 %ダメージ(確2)
先手を取ることができれば押しきれそうです。

○VSパルキアについて。
パルキアは素早さが100族なので、最速ホウオウでも抜けるか分かりません。
  • 特攻特化パルキアの「なみのり」で耐久無振りホウオウに 76.2~90.6 %ダメージ
  • 特攻特化パルキアの「ハイドロポンプ」で耐久無振りホウオウに 96.1~113.8 %ダメージ
  • 攻撃全振り「こだわりハチマキ」ホウオウの「ブレイブバード」でHP振りパルキアに 78.1~92.8 %
先手を取れるか分からない不安と、「ブレイブバード」の反動を加味すると、パルキアとは相打ちになれば上出来という感じです。

○VSグラードンについて。
この型のホウオウは「ヨロギのみ」を持てないので、相手に先手で「ストーンエッジ」を当てられたら負けます。「ストーンエッジ」のないグラードン(特殊型など)なら、「ふんか」「ソーラービーム」がメインなので戦えますが。
攻撃全振りホウオウの「せいなるほのお」(晴れ時)でHP振りグラードンに 69.5~82.6% ダメージです。ホウオウが先手が取ることができれば、後攻で「ストーンエッジ」を喰らっても相手に大ダメージを与えておくことができるため、次のポケモンがグラードンを倒しやすくなります。


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館