ジバコイル育成論

ジバコイルの育成論。

ジバコイルの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

ジバコイルの基本データ

全国 No.462 ジバコイル
ジバコイル 分類 : じしゃくポケモン
タイプ : でんき / はがね
高さ : 1.2 m
重さ : 180.0 kg
種族値 タイプ相性
HP 70
攻撃 70
防御 115
特攻 130
特防 90
素早さ 60
×4
×2 炎 格
×1/2 無 草 電 氷 超 虫 岩 霊 竜 悪
×1/4 飛 鋼
無効
特性
じりょく はがねタイプのポケモンが逃げたり、入れ替えできなくなる。
がんじょう 「じわれ」などの一撃でひんしになるわざが効かない。
HPが全快のときに一撃でひんしになる攻撃を受けてもHPが1だけ残る。
隠れ特性(夢特性)
アナライズ そのターンのいちばん最後にわざを出すと、わざの威力が1.3倍になる。

ジバコイルのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ジバコイルを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ジバコイルの特徴

【良いところ】

  • 特性「じりょく」は強力です。メタグロス・エアームドを初めとする鋼タイプを捕獲して、逃がさずに倒すことができます。メタグロスのタイプ一致技「コメットパンチ」「しねんのずつき」両方に耐性があることが評価できます。
  • 地面が4倍弱点なので、相手が「じしん」等地面技持ちポケモンに交換してくることが多いです。相手が交換してくるターンに、交換読みで「でんじふゆう」をすれば、地面技を無効化することができます。岩・地面タイプの「じしん」を無効化すれば、相手の「ストーンエッジ」は怖くありません。またメタグロスの「コメットパンチ」読みで繰り出し、次のターンに「じしん」読みで「でんじふゆう」すれば相手を狩ることができます。
  • ギャラドス、ボーマンダ、カイリューなどとうまく弱点を補い合っています。相性が良いポケモンです。
    また彼ら以上にジバコイルと相性がよいのがマッスグマやエテボースなどノーマルタイプの物理アタッカーです。彼らノーマルはメタグロスやエアームドなど鋼タイプに止められがちです。ジバコイルは「じりょく」で相手の鋼を逃がさずに狩れるため、こちらのノーマルタイプアタッカーの全抜きの助けとなることができます。

【悪いところ】

     
  • 見せ合いありルールの場合、メタグロスに交代読みで「じしん」を撃たれます。よってメタグロスに無条件に繰り出せるわけではありません。パーティ構築で「じしん」の一貫性を下げることが必要です。例えばジバコイルの交代前のポケモンをギャラドスにしておけば、相手は交代読みでも「じしん」を撃ちにくくなります。
    こちらは見せ合いでジバコイルを見せておき、メタグロスの「じしん」読みでボーマンダなど別なポケモンを繰り出していくのも戦略のひとつです。  
  • ジバコイルは鋼狩りが第一の役割となるものの、電気タイプでもあるのでサンダースのように水タイプの対策も兼ねたいところです。しかし水技は半減できないため交代出しのときに受けるダメージが大きいです。水タイプのアタッカーに繰り出すことはできません。  
  • 電気タイプにはありがちな問題ですが、サブ技が少ないです。「めざめるパワー」以外のサブ技は「ラスターカノン」「だいばくはつ」くらいです。

ジバコイルの型

【鋼タイプ狩り型】

特性 :
じりょく
性格 :
ひかえめorおくびょう
努力値:
特攻252、素早さ調整、残りHP
持ち物:
シュカのみ
確定技:
10まんボルト、でんじふゆう、だいばくはつ
選択肢:
みがわり、めざめるパワー炎、きんぞくおん

メタグロス・ドータクン・エアームドなど鋼タイプの相手に繰り出し、逃がさずに狩ることができます。
ハッサムも狩れることがありますが、相手の基本行動が「とんぼがえり」なので期待できません。
相手の鋼を狩ることにより、こちらのノーマルタイプやラティオスが全抜きをするサポートとなることができます。

特性について。
鋼相手を逃がさずに狩れる「じりょく」で確定です。

性格・努力値について。
火力を保つために特攻特化が基本ですが、鋼を狩るために特攻から削って耐久に回すのもアリです。
素早さは、仮想敵であるメタグロスを抜けるよう調整します。メタグロス自体が素早さ調整をかけているため、こちらも半端な調整では抜けません。
おくびょう最速にしてしまう手もあります。ハッサムも抜きやすくなります。

持ち物について。
メタグロスやドータクンの「じしん」に対する保険となる「シュカのみ」です。

技について。
「10まんボルト」「でんじふゆう」「だいばくはつ」「選択肢」という技構成とします。
「10まんボルト」はタイプ一致技です。鋼タイプに対する遂行技です。
「でんじふゆう」はメタグロスの「コメットパンチ」読みで繰り出した次のターンに「じしん」をかわすために使います。先制で使わないと「じしん」を当てられてしまうため、素早さ調整は必須です。
「だいばくはつ」は役割を終えた後の退場技です。
残りの技は選択肢となります。
「みがわり」は交代読みで使います。交代先の相手を見てから技選択をすることができます。鋼狩りのときには相手はそもそも交換できないため、ジバコイルの役割とは関係ない技です。
「めざめるパワー炎」はハッサムに4倍ダメージを与えることができる遂行技です。草タイプへの牽制技ともなります。ハッサムの「バレットパンチ」読みで繰り出した後に使います。「とんぼがえり」で逃げられることが多いですが・・
「きんぞくおん」はハピナスやカビゴンに交代読みで使い、相手の突破を狙います。彼らには「だいばくはつ」という選択もあります。

(ダメージ計算で個体値はVを仮定)

関連


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館