ラティアス育成論

ラティアスの育成論。

ラティアスの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

★BW対応版 > ラティアス育成論

ラティアスの基本データ

全国 No.380 ラティアス
ラティアス 分類 : むげんポケモン
タイプ : ドラゴン / エスパー
高さ : 1.4 m
重さ : 40.0 kg
種族値 タイプ相性
HP 80
攻撃 80
防御 90
特攻 110
特防 130
素早さ 110
×4
×2 氷 虫 霊 竜 悪
×1/2 炎 水 草 電 格 超
×1/4
無効
特性
ふゆう じめんタイプのわざを受けない。
隠れ特性(夢特性)
-

ラティアスのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ラティアスを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ラティアスの特徴

【良いところ】

  • 特殊耐久が高く、耐性も多いので特殊受けとなることができます。「めいそう」を積めればタイプ不一致氷技などではそうそう落ちません。また、受けに便利な再生回復である「じこさいせい」を習得できます。
  • 特性「ふゆう」は優秀です。ラティアスは回復技として「ねむる」でなく「じこさいせい」を選択することが多いため、状態異常に弱いですが特性により「どくびし」を回避することができます。ついでに「まきびし」も無効です。
  • 後続のサポートになる「ねがいごと」「しんぴのまもり」「リフレクター」「ひかりのかべ」を習得することができます。特殊受けであるラティアスに対しては物理アタッカーが出てきやすいため、壁張りは「リフレクター」がオススメできます。
  • メインウェポンの「りゅうのはどう」を半減できるポケモンは鋼タイプのみで安定します。
  • 同じ特殊受けであるハピナスと比べ火力が高く、ハピナスよりは「ちょうはつ」に強めです。また、ハピナスが相手できないゴウカザルに対してラティアスは有利です。

【悪いところ】

  • 弱点が5つと多いです。サブウェポンに多い「れいとうビーム」を効果抜群で受けてしまいます。また同速の兄ラティオスの「りゅうせいぐん」、ゲンガーの「シャドーボール」も弱点。
  • 回復技に「じこさいせい」を使用すると、「どくどく」に弱くなります。「ねむる」+「カゴのみ」なら「どくどく」は怖くありませんが、1度しか回復できない上に持ち物が「カゴのみ」に縛られてしまいます。
  • 素早さは110族であり激戦区です。お兄様のラティオス、ゲンガー等に先手を取られると不利となります。素早さに振ると耐久が落ち、また最速にしても同速には確実に先手が取れないためどれだけ振るか悩みます。ボーマンダ、ガブリアス、ゴウカザルなど、抜いておけば対処しやすいポケモンも多いです。
  • ボーマンダなど他のドラゴンと違い、「だいもんじ」を習得できません。「めざめるパワー炎」がない場合、「めいそう」を積みそこねると後出しされたメタグロス、ハッサムに対して辛い展開となります。逃げようにも「おいうち」がコワイ・・・
  • ラティ兄妹専用アイテムである「こころのしずく」はほとんどの場合禁止されているアイテムです。気をつけましょう。
  • 同じ特殊受けであるハピナスと比べ特殊耐久が低いです(特防特化時の比較では約半分)。ハピナスは特性「しぜんかいふく」を持ち、バトルから引くことにより状態異常を回復することができますが、ラティアスはそれができません。

ラティアスの型

【めいそう型】

性格 :
おくびょう
努力値:
①HP252、素早さ252、特攻6
②HP252、素早さ・特攻調整
持ち物:
たべのこしorオボンのみorラムのみ
メイン:
りゅうのはどう
サブ技:
めざめるパワー炎、10まんボルトorかみなり
補助技:
めいそう、じこさいせい

「めいそう」で決定力を上げる型です。バトル中盤~終盤で有利な相手に出し、「めいそう」を積んで相手にトドメを刺していきます。

性格・努力値について。
ラティアスの「めいそう」型は、大きく分けて素早さ寄りと耐久寄りの2つがあります。
ここではおくびょう最速をベースとし、防御には振らずに素早さ寄りにします。せっかく「めいそう」を積んでも、素早さに無振りだとガブリアス・ボーマンダに対処できずラティアスを戻さなければいけません。「めざめるパワー氷」持ちゴウカザルと対峙した時も、先手が取れれば押し切りやすくなります。
素早さを調整するなら、最速ボーマンダ(100族)、ガブリアス(102族)、ゴウカザル(108族)抜きあたりが調整点となります。これらのポケモンを相手が後出ししてくることを牽制します。

持ち物について。
延命アイテム「たべのこし」「オボンのみ」がオススメです。他のポケモンに持たせてしまっているなら「ラムのみ」でもOK。

技について。
「めいそう」「じこさいせい」「りゅうのはどう」「選択肢」という構成とします。
「めいそう」を積み決定力を上げて、すでに傷ついた相手を狩っていきます。素早さが高いため相手に先手を取りやすく、一度「めいそう」を積んでしまえば終盤では止まりにくいです。
「じこさいせい」は便利な再生回復です。「めいそう」を積んでからの回復で、特殊アタッカーにラティアスを突破することは厳しくなります。味方のサポートができる「ねがいごと」もありますが、この型では「めいそう」したら居座り、相手の突破を狙っているため「じこさいせい」推奨です。
「りゅうのはどう」はメインウェポンです。威力は高くないため、相手のポケモンに予めダメージを与えておく必要があります。
サブウェポンは「めざめるパワー炎」か「10まんボルト(かみなり)」の選択となります。
「めざめるパワー炎」はラティアスが苦手とするメタグロス・ハッサムの突破に役立つ技です。「めいそう」1積みの「めざめるパワー炎」でどちらも確2。彼らは「おいうち」を持ち、ラティアスが逃げることは危険であるため、サブウェポンで攻撃していくしかありません。
「10まんボルト」「かみなり」は、水タイプの「ハイドロポンプ」を受けて出て行った後に撃つ技です。また、「めいそう」と合わせてメタグロス、ハッサムへの攻撃手段にもなります。

○参考
特攻4振りラティアスの「めいそう」1積み「めざめるパワー炎」で

  • HP振りメタグロスに 50.2~59.8%ダメージ(確2)
  • 特防特化ハッサムに 81.3~97.1%ダメージ(確2)
特攻4振りラティアスの「10まんボルト」で
  • HP振りヤドランに 46.5~55.4%ダメージ(中乱数2)
  • HP振りミロカロスに 32.6~38.6%ダメージ(高乱数3)
ミロカロスは「かみなり」でも確3のため、「めいそう」を積まないとキビシイです。
(ダメージ計算で個体値はVを仮定)

関連

スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモン Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ(レッツゴーピカブイ)攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館