ラティアス育成論

ラティアスの育成論。ポケモンブラック・ホワイト対応版。

ラティアスの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

★メガラティアスの育成法はメガラティアス育成論の方を参照。

ラティアスの基本データ

全国 No.380 ラティアス
ラティアス 分類 : むげんポケモン
タイプ : ドラゴン / エスパー
高さ : 1.4 m
重さ : 40.0 kg
種族値 タイプ相性
HP 80
攻撃 80
防御 90
特攻 110
特防 130
素早さ 110
×4
×2 氷 虫 霊 竜 悪
×1/2 炎 水 草 電 格 超
×1/4
無効
特性
ふゆう じめんタイプのわざを受けない。
隠れ特性(夢特性)
-

ラティアスのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ラティアスを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ラティアスの特徴

【良いところ】

  • 特攻と素早さが高く、先手で放つ「りゅうせいぐん」が強力です。水・電気・炎などの特殊技中心のタイプに耐性を持つため、これらの技読みで繰り出して相手に負担をかけられます。特性「ふゆう」で「じしん」読み無償降臨ができ、格闘相手にも繰り出せるので一部の物理エースの対策にもなります。
    ラティアスは素早さが高いため、「こだわりスカーフ」を除くドラゴンとのタイマン戦に強いのもメリットです。
  • ラティオスと似た種族値ですが、耐久面に秀でる代わりに攻撃面で劣ります。「りゅうせいぐん」はラティオスのそれの方が強力で、ラティアスでは確1圏内に入る相手が減ります。
    しかしラティオス@こだわりメガネ の「りゅうせいぐん」は耐久調整の基準にされやすく、ギリギリで耐えられることも多いです。ラティオス@こだわりメガネの「りゅうせいぐん」耐えの耐久調整が当たり前の環境前提ならば、ラティオスでもラティアスでも「りゅうせいぐん」で相手が確2になることは変わりません。このとき、耐久が高いラティアスの方が相対的に優秀です。

【悪いところ】

  • ラティオスと比べて特攻が低く、「こだわりメガネ」+「りゅうせいぐん」で確1圏内に入るポケモンが減ります。ラティオス@こだわりメガネ の「りゅうせいぐん」耐え耐久調整が流行っている前提なら強いですが、仮にラティアスが流行りすぎて対ラティオスの耐久調整が流行らないような環境ならラティオスの方が強いことになります。絶対的な強さを持つラティオスと比べ、ラティアスの強さは環境に左右されます。
  • 素早さは110族ですが、同族にはラティオスやゲンガーなどメジャーな相手がいます。これらの相手とはお互いに後出しできないものの後続で対処しにくいポケモンなので、はち合わせたら戦わざるを得ない状況もありえます。
  • ブラックホワイト世代になり環境が変わりました。ナットレイやシュバルゴなどの鋼タイプが増えたのはラティアス・ラティオスに逆風です。こちらのほぼ全ての技が通らないナットレイ・「おいうち」を持つシュバルゴは厄介な相手です。また鋼ではないものの、バンギラスの「おいうち」解禁も考慮する必要があります。

ラティアスの型

【こだわりメガネ型】

性格 :
おくびょう
努力値:
①特攻252 素早さ252
②素早さ252 HP・防御調整 残り特攻
持ち物:
こだわりメガネ
確定技:
りゅうせいぐん / 10まんボルト or かみなり
選択肢:
くさむすび / めざめるパワー / りゅうのはどう / サイコキネシス /
サイコショック / なみのり / トリック(/ じこさいせい / リフレクター )

水・電気・炎・地面などのメジャー技読みで繰り出せます。繰り出したら「りゅうせいぐん」or鋼に交代読みの電気技が基本です。
ラティオス@こだわりメガネ の「りゅうせいぐん」耐え調整をした相手にならラティオスよりも有利に戦えます。

◆性格・努力値について

①ベースとなる振り方です。ラティオス@こだわりメガネ と運用法は同じです。
②ラティアスの耐久をフルに活かすなら耐久調整が欲しいところ。耐久調整ではHPに割くのが基本ですが、こだわるなら防御にも分けて振ると努力値が少なくすみます。
タイマンに強くするために素早さの努力値は減らせないので、耐久に回すぶんは特攻から削ります。耐久への振り方は、まず[特殊耐久]に合わせてHPに振り、次に[物理耐久]に合わせて防御に振るとよいです。
具体的な耐久調整先は
[物理耐久]
仮想敵に確実に遂行するために振るが「おいうち」にも強くなる効果あり

  • 攻撃全振り性格補正無しテラキオン@いのちのたま(orこだわりハチマキ)の「インファイト」2発耐え
    ☆ついでに「つるぎのまい」を積まれても1発は耐える
  • 攻撃特化ギャラドス@いのちのたま の「りゅうのまい」+「こおりのキバ」耐え

[特殊耐久]
読み外してシャンデラの「シャドーボール」を受ける想定や、ゲンガーと戦わざるをえないケースのために振る

  • 特攻特化シャンデラの「シャドーボール」1発耐え
  • 特攻全振り性格補正無しゲンガー@いのちのたま の「シャドーボール」1発耐え
    ☆火力UPアイテム無しゲンガーなら耐久無振りでも1発耐えられる

◆持ち物について

  • こだわりメガネ :
    一発撃ち逃げと相性が良いアイテムです。流し際の攻撃力を最大まで上げられます。

◆技について

  • りゅうせいぐん :
    タイプ一致の強力なドラゴン技で、これを主軸に考えます。
  • 10まんボルト :
    鋼タイプへの牽制技です。水タイプへの遂行技にもなり「りゅうせいぐん」と違って特攻が下がりません。
  • かみなり :
    用途は「10まんボルト」と同じですが高威力です。ハッサムやメタグロスへの蓄積に期待できますが、特攻にあまり割かないなら2発圏内には入れにくいです。
  • くさむすび :
    主にバンギラスへの牽制技です。水タイプ→バンギラスの交代に一貫性があります。
  • めざめるパワー :
    炎タイプ⇒鋼タイプへの牽制技で、特にハッサム・シュバルゴ・ナットレイの4倍弱点を突けます。狙った相手に当たらないと意味がないため、「こだわりメガネ」で技が縛られた状態で使うにはリスクが大きいです。まためざパが炎で最速でないことがバレると、相手のラティオス・ラティアス・ゲンガーの死に出しに弱くなります。
  • りゅうのはどう :
    終盤までラティアスが残ったときに、連打して相手を抜けます。特攻が下がらないので、全抜き用には「りゅうせいぐん」よりも向いています。終盤までラティアスが生き残れるかは微妙ですが・・
  • サイコキネシス :
    タイプ一致技ですが、ドラゴン技との相性補完は微妙です。「りゅうのはどう」と同様に特攻を下げません。
  • サイコショック :
    ハピナスのように特殊耐久>>物理耐久の相手を狙います。特攻に割いてもハピナスを突破できるかは微妙なところ。
  • なみのり :
    炎タイプへの遂行技です。「りゅうせいぐん」で事足りますが、こちらは特攻が下がりません。
  • トリック :
    相手の耐久型に「こだわりメガネ」を押し付けて機能停止させます。物理型が多い鋼タイプ相手にも有効です。使うタイミングをかなり選び、安定行動とはいえません。
  • (じこさいせい) :
    交代読みで回復できる優秀な技ですが、「こだわりメガネ」との相性は微妙です。メガネ無しのときに採用。
  • (リフレクター) :
    メタグロスやハッサムなど物理相手への交代読みで。こちらもメガネ無しでの採用になります。

役割関係

【ラティアスを繰り出せるポケモン】

【ラティアスに繰り出されるポケモン】


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館