オーダイル育成論

オーダイルの育成論。

オーダイルの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

オーダイルの基本データ

全国 No.160 オーダイル
オーダイル 分類 : おおあごポケモン
タイプ : みず
高さ : 2.3 m
重さ : 88.8 kg
種族値 タイプ相性
HP 85
攻撃 105
防御 100
特攻 79
特防 83
素早さ 78
×4
×2 草 電
×1/2 炎 水 氷 鋼
×1/4
無効
特性
げきりゅう HPが1/3以下になると、みずタイプのわざの威力が1.5倍になる。
隠れ特性(夢特性)
ちからずく わざの追加効果が発動しない代わりに威力が1.3倍になる。

オーダイルのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 オーダイルを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

オーダイルの特徴

【良いところ】

  • オーダイルは攻撃種族値がそこそこ高く、「りゅうのまい」や「つるぎのまい」といった物理面での積み技を習得できるため、物理アタッカーとして育成できます。「りゅうのまい」を舞えば最速130組を抜くことも可能なので、うまく使えば全抜きを狙うこともできます。
  • 「みがわり」を駆使して特性「げきりゅう」と「チイラのみ」を共に発動させ高火力を狙うこともできます。
  • 覚えるサブウェポンがそこそこ豊富です。物理アタッカーとしては頼もしいです。
  • オーダイルは耐久もそこそこあります。相手の攻撃を耐えてくれることが多いので、「みがわり」を使わなくても上手に立ち振舞えば「げきりゅう」を発動させることもできます。

【悪いところ】

  • オーダイルと同じ水タイプで「りゅうのまい」使いとしてライバルにギャラドスがいますが、ギャラドスの素早さ種族値は81でありあちらの方が速いです。ギャラドスはオーダイルより少ない努力値で最速130組抜きを達成できます。また、特性「いかく」も合わせると、物理・特殊耐久はギャラドスの方が上です。攻撃種族値もギャラドスの方が上なので、単純なフルアタにしようとすると劣化になってしまうこともあり。オーダイルはギャラドスと違い電気タイプに4倍弱点でないという利点はありますが。。
  • オーダイル・・・ゴツい・・・(オーダイルゴメン)。でもラグラージほどはきもくない??

オーダイルの型

【りゅうのまい型】

性格 :
ようきorいじっぱり
努力値:
攻撃252、素早さ252、HP6 or
攻撃252、素早さ・HP「りゅうのまい」込みで仮想敵に合わせて調整
持ち物:
いのちのたま等火力UP系orラムのみorソクノのみ
メイン:
たきのぼり(推奨)orアクアテール
サブ技:
れいとうパンチ、かみくだく、ばかぢから、じしん、いわなだれ
補助技:
りゅうのまい

オーダイルの素早さ努力値は、性格ようきなら最速130組抜き調整が無難です。最速マルマイン(140族)抜き調整にしてもOKです。最速マルマイン抜き調整なら、最速130組抜き調整をしたポケモン達をついでに抜くこともできます。また、最速スカーフ70族(とくにメタグロス)も抜いておくことで対処をしやすくなります。

性格いじっぱりのときは、火力と引き換えに「りゅうのまい」で最速130組が抜けなくなります。性格ようきで最速130組を抜いても、攻撃全振りでも「りゅうのまい」を1回積んだ「たきのぼり」で耐久無振りサンダースすら確1にできません(中高乱数1)。なので、最速130組に対処するのは諦めて、性格はいじっぱりでもよいと思います。いじっぱりなら、耐久無振りサンダースクラスのポケモンは「たきのぼり」で確1になります。オーダイルが性格いじっぱり素早さ全振りで、「りゅうのまい」で最速125族をギリギリ抜けます。

性格いじっぱりオーダイルの努力値の振り方は、「りゅうのまい」で最速125族まで抜きたいなら攻撃と素早さに全振りして耐久を諦めるか、最速125族を抜く必要がないと感じるなら攻撃全振り、素早さは調整で余った分をHPに回す振り方がよいと思います。(上の計算は個体値はVを仮定)

持ち物は、オーダイルは種族値105と微妙な火力なので火力UPアイテムにするか、電気技が来たときや既に「りゅうのまい」を積んでいて電気ポケモンと戦わなくてはいけないときのために「ソクノのみ」、または状態異常防止のために「ラムのみ」などがよいと思います。(とくに麻痺とやけどは「りゅうのまい」型のポケモンの機能を無にします。。あと催眠対策としても)

メインウェポンは「たきのぼり」と「アクアテール」の2択です。「たきのぼり」は命中率100ですが、威力が80とあまり高くありません。「りゅうのまい」での火力増強が必要です。「アクアテール」は威力は90と「たきのぼり」よりも高いですが、命中率が90です。威力が100もない技なのに命中率が100ではなく安定しないので、「○○を確1にしたい!」という明確な理由があるとき以外はあまり使わない方がいいかもしれません。

サブウェポンはいろいろあるので、倒したい相手に合わせてお試しバトルをしながら調整しましょう。「れいとうパンチ」はプラチナの教え技で教えてもらえるようになったので、タマゴ技でなくても大丈夫です。


【物理フルアタ型】

性格 :
いじっぱり
努力値:
HP252、攻撃252、素早さ6
持ち物:
いのちのたま等火力UP系、ラムのみ、ダメージ半減実
メイン:
たきのぼりorアクアテール、(アクアジェット)
サブ技:
ばかぢから、れいとうパンチorゆきなだれ、かみくだく、じしん、いわなだれ
補助技:
なし

とにかく面倒なこと抜きで攻撃したい!!って型。オーダイルは覚えるサブウェポンが多いので、相手の弱点を突いて戦っていくことができます。タマゴ技の「りゅうのまい」を使わないので一緒ににジョウトを旅したオーダイルをどうしても対戦で使いたい!!って時にも。もちろん普通にタマゴから育てたオーダイルでもOK。タマゴ技の「アクアジェット」(ハートゴールド・ソウルシルバーのみ)を使いたければタマゴから育てよう。

性格は攻撃特化のいじっぱりです。素早さは元からあまり高くない上、「りゅうのまい」も使わないので、相手に先手を取れることは期待していません。HPに振って耐久を上げておきましょう。

技は、メインウェポンである「たきのぼり」or「アクアテール」は必須です。相手の弱点が突けないときは、タイプ一致技である水技を使って戦うことになります。「たきのぼり」は威力80命中100、「アクアテール」は威力90命中90です。

サブウェポンはいろいろあります。

  • 「ばかぢから」
    高威力の格闘技です。水技で弱点を突けない悪、鋼、氷、ノーマルタイプの弱点を突くことができます。また、バンギラスに4倍ダメージを与えることができ、ハピナス、カビゴンなど耐久系ノーマルポケモンにも効果抜群です。
  • 「れいとうパンチ」or「ゆきなだれ」
    シングルバトルでメジャーな600族ドラゴンに4倍ダメージを与えられます。「れいとうパンチ」は威力75命中100、「ゆきなだれ」は威力60命中100の氷タイプ物理技。単純な威力は「れいとうパンチ」が上ですが、「ゆきなだれ」はそのターンにオーダイルが相手からダメージを受けていれば威力が2倍となる技です。ドラゴンタイプは素早く、後攻になることが多いオーダイルには「ゆきなだれ」の方が合っているかもしれません。ドラゴンタイプだけでなく、草タイプポケモンへ牽制もできます。
  • 「かみくだく」
    エスパー、ゴーストタイプの弱点を突くことができます。ただ、エスパー、ゴーストタイプは物理耐久が低いポケモンも多いため、「かみくだく」を入れていなくても「たきのぼり」で十分だったりします。「たきのぼり」が効果いまひとつなスターミーやヤドランには使えます。技スペースと対処しなければいけない相手を考えて、入れるかどうか決めるとよいと思います。
    参考
     「かみくだく」は弱点を突いたとき威力80×2(抜群)=160
     「たきのぼり」はタイプ一致で威力80×1.5(タイプ一致)=120
  • 「じしん」
    水技で弱点を突けない電気、毒、鋼タイプの弱点を突くことができます。電気タイプに交代読みで当てることができれば理想です。「ばかぢから」を入れないなら、鋼タイプ対策に「じしん」をいれてもよいと思います。
  • いわなだれ
    水技で弱点を突けない氷、飛行、虫タイプの弱点を突くことができます。メジャーポケで、オーダイルが倒しにくいギャラドスに対して2倍ダメージを与えることができます。
  • アクアジェット
    先制技。相手の「きあいのタスキ」が不安なら入れておきましょう。

オススメ技構成は、
 たきのぼりorアクアテール / ばかぢから / ゆきなだれ / 選択肢
という感じです。選択肢はパーティと相談で。

関連


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館