ファイヤー育成論

ファイヤーの育成論。

ファイヤーの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

ファイヤーの基本データ

全国 No.146 ファイヤー
ファイヤー 分類 : かえんポケモン
タイプ : ほのお / ひこう
高さ : 2.0 m
重さ : 60.0 kg
種族値 タイプ相性
HP 90
攻撃 100
防御 90
特攻 125
特防 85
素早さ 90
×4
×2 水 電
×1/2 炎 格 鋼
×1/4 草 虫
無効
特性
プレッシャー 相手が使用したわざのPPを1多く減らす。
手持ちの先頭にいると、レベルの高い野生ポケモンが出現しやすくなる。
隠れ特性(夢特性)
ほのおのからだ 直接わざを受けたとき、30%の確率で相手をやけど状態にする。
手持ちにいると、通常の半分の孵化歩数でタマゴが孵化する。

ファイヤーのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ファイヤーを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ファイヤーの特徴

【良いところ】

  • 特攻種族値が125と高く、晴れ状態からのタイプ一致「だいもんじ」は高火力です。
  • メインウェポンの「だいもんじ」に耐性のある相手は炎・水・岩・ドラゴンタイプ。この中で、水・岩タイプには「ソーラービーム」で効果抜群をとることができます。ドラゴンには交代読みで「めざめるパワー氷」。晴れ状態が必要ですが、サブウェポンまで合わせて範囲が広いです。
  • メタグロス、ハッサムの鋼技を受けて交代出しすることができます。ファイヤーが「ひのたまプレート」持ち&晴れなら、彼らが「オッカのみ」持ちでも「だいもんじ」で確1(詳しくは↓の○参考 にて)。
  • 受けにくいゴウカザルの「インファイト」「くさむすび」など読みで出し、流すこともムリではありません。「ストーンエッジ」持ちゴウカザルはムリですが・・・
  • 飛行タイプなので、相手の「じしん」読みで無償降臨ができます。格闘、地面タイプの「じしん」読みで出せば、それぞれ「エアスラッシュ」「ソーラービーム」が効果抜群のため相手が流れてゆきます。

【悪いところ】

  • リザードンと同タイプのため、差別化が課題となります。攻撃系・耐久種族値では勝っていますが、素早さ種族値では10も負けてしまっています。ファイヤーは耐久が高くはなく、「ステルスロック」の不安もあり、場に出せる回数が少ないためなるべく先手で相手を倒し、ダメージを押さえたいのですが・・・
    特性も、リザードンの「もうか」の方がアタッカーとしては優秀。
  • 岩タイプに4倍弱点を持つため、「ステルスロック」でHPの半分が削られてしまいます。HPは奇数調整をしておきます。奇数にしておくことにより「ステルスロック」が撒かれてもギリギリ2回場に出ることができます。
  • 晴れ状態で強くなるポケモンなので、相手が晴れ以外の天気パだと辛くなります。天候合戦は命をかけましょう。バンギラスやカバルドンは見たくもありません。

ファイヤーの型

【晴れパ特殊アタッカー型】

性格 :
おくびょう
努力値:
素早さ252、HP奇数調整、残り特攻
持ち物:
ひのたまプレート等火力UP系
メイン:
だいもんじ、エアスラッシュ
サブ技:
ソーラービーム、めざめるパワー氷
補助技:
にほんばれ、おにび

晴れて攻撃します。味方のポケモンに晴れてもらってもよし、交代読みでファイヤーが晴れてもよし。

性格・努力値について。
激戦区なのでおくびょう最速です。素早さに性格補正をかけないと、最速ヘラクロス、カイリューを含む多くのポケモンに抜かれてしまって使いにくいったらありゃしません。HPは「ステルスロック」対策で奇数調整です。ファイヤーのHP個体値がVなら、HPに無振りでLv50時のステータスが165となり、奇数です。

持ち物について。
後出しの機会があまりなくどうしても攻撃回数が限られてしまうため、突破力を上げる「ひのたまプレート」「いのちのたま」を持たせましょう。

技について。
「だいもんじ」「ソーラービーム」「選択肢」「選択肢」という技構成とします。
メインウェポンは晴れ状態で高火力な「だいもんじ」です。
メインウェポンを「オーバーヒート」にし、「オーバーヒート」&「とんぼがえり」で撃ち逃げ仕様もできますが、一度バトルから引いてしまうと交換出しが難しく、また「ステルスロック」を撒かれて終わりかねないという欠点があります。ファイヤーに出された相手ハピナスに交代読み「とんぼがえり」をぶつければ後続物理アタッカーの無償降臨ができるため、使えないワケではないのですが・・・
サブウェポンは、炎技を受けてきたラグラージやドサイドン、水タイプに撃てる「ソーラービーム」は確定です。「めざめるパワー氷」はドラゴンタイプに交代読みで撃つ技。「エアスラッシュ」は「だいもんじ」と撃つ範囲が被りますが、ゴウカザル・「あついしぼう」ハリテヤマ・ルンパッパ(晴れでない時)等ピンポイントで使うことができます。ゴウカザルに後出しを考えるならコレ。
補助技は、「にほんばれ」は持っておきたいところです。相手の交代読みで晴れてしまいましょう。もちろん、ファイヤー以外のポケモンが予め晴れサポートをしてもОKです。「おにび」はバンギラス・カビゴン・ガブリアスなどに交代読みで使います。特にバンギラスを無償で出されると「ソーラービーム」を撃つこともできなくなり辛いです。

○参考
特攻全振り性格補正無しファイヤーの「だいもんじ」(晴れ)で

  • HP振りメタグロス@オッカのみに 86.6~102.6%ダメージ(低乱数1)
    ファイヤーが「ひのたまプレート」持ちで 103.7~122.9%ダメージ(確1)
  • 特防特化ハッサム@オッカのみに 137.8~164.9%ダメージ(確1)
  • 耐久無振りラティオスに 44.5~52.2%ダメージ(低乱数2)
    ファイヤーが「ひのたまプレート」持ちで 54.1~63.8%ダメージ(確2)
特攻全振り性格補正無しファイヤーの「ソーラービーム」で
  • HP振りミロカロスに 55.4~65.3%ダメージ(確2)
  • HP振りラグラージ@リンドのみに 69.5~83%ダメージ(確2)

関連


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館