メガリザードンX育成論

メガリザードンXの育成論。ポケモンXY対応版。

メガリザードンXの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

★リザードン・メガリザードンYの育成法はリザードン育成論メガリザードンY育成論の方を参照。

メガリザードンXの基本データ

全国 No.006 メガリザードンX
メガリザードンX 分類 : かえんポケモン
タイプ : ほのお/ドラゴン
高さ : 1.7 m
重さ : 110.5 kg
種族値 タイプ相性
HP 78
攻撃 130
防御 111
特攻 130
特防 85
素早さ 100
×4
×2 地 岩 竜
×1/2 電 虫 鋼
×1/4 炎 草
無効
特性
かたいツメ 直接攻撃わざの威力が1.3倍になる。
隠れ特性(夢特性)
-

メガリザードンXのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 メガリザードンXを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

メガリザードンXの特徴

【良いところ】

  • メガリザードンXはリザードンが「リザードナイトX」により覚醒したメガシンカ形。元のリザードンはほのお/ひこうタイプでしたが、メガリザードンXはほのお/ドラゴンタイプに変わりました。タイプの変更により岩技が4倍弱点でなくなり、メジャーな水・電気技も弱点でなくなります。
    ドラゴン+炎は攻撃面で優れたタイプでもあります。ドラゴン技に耐性を持つ鋼ポケモンには炎技が効果抜群で、フェアリーポケモンにも等倍ダメージを与えられます。また炎タイプを持つため、氷技やフェアリー技で弱点を突かれないのも他のドラゴンと異なる点です。
  • メガリザードンXはリザードンに比べ、攻撃種族値が大幅にアップしています。加えて特性「かたいツメ」で直接攻撃技の威力が1.3倍となり、更なる火力に期待できます。
    またメガリザードンXは特攻も高く、特殊技の「オーバーヒート」「だいもんじ」を交えた二刀流も可能です。
  • リザードンにはメガリザードンX・メガリザードンY2つのメガシンカ形があります。そのためリザードンが出た時点では、相手はどちらにメガシンカするか判断できません。相手はどちらのメガシンカ形にも対応できる交換先のポケモンに交代する必要があるため、相手の交換先の選択肢が狭まります。

【悪いところ】

  • リザードンは岩技に4倍弱点を持つため、「ステルスロック」で最大HPの半分のダメージを受けてしまいます。メガリザードンXにメガシンカすれば岩技は2倍弱点となりますが、最初にメガシンカするときだけはリザードンの状態で場に出さなくてはなりません。
    上記のことから、「ステルスロック」が多く使われる6対6戦でリザードンを使うのは厳しいです。3対3戦で使うか、味方に「こうそくスピン」で「ステルスロック」を撤去できるサポートポケモンを入れておくなどの対策が必要です。味方に「こうそくスピン」を覚えたポケモンがいても「ステルスロック」撤去に成功する保証はないため、勝ち筋をリザードンだけに頼らないことが必要です。
  • リザードンはメガシンカしても素早さ種族値が上がりません。素早さ100族はそれ自体が激戦区でもあり、バトル終盤ではさらに素早いポケモンも多く出現します。特にメガリザードンXよりも素早いラティオス、ラティアス、ガブリアスなどのドラゴンは危険です。メガリザードンXの攻撃力を生かして全抜きを狙うなら、「りゅうのまい」などによる素早さアップが必要です。
  • リザードンをメガリザードンXにメガシンカさせると、当然メガリザードンYは使えません。メガリザードンYは炎/飛行タイプで岩技に4倍弱点を持つなどの問題を抱えますが、特性「ひでり」により晴れ下で「だいもんじ」+「ソーラービーム」を使える強力なポケモンです。メインウェポンの威力もメガリザードンYの方が高い上、メガリザードンYは特攻種族値が159もあります。火力はメガリザードンYの方がかなり高いため、場合によってはメガリザードンXよりもYの方を使ったほうが良くなってしまいます。メガリザードンXを使うなら、炎/ドラゴンのタイプ構成を生かしたり、「りゅうのまい」により物理火力を生かすなどの工夫が必要です。
    また、メガシンカが使えるのは1回のバトルで1匹までです。リザードンをメガリザードンXにメガシンカさせると他のポケモンはメガシンカさせられないため、他の有用なメガシンカポケモンを使うという選択肢がなくなります。有用なメガシンカポケモンはメガリザードンXの他にもいるので迷うところです。

メガリザードンXの型

【りゅうのまい型】

特性 :
かたいツメ
性格 :
ようきorいじっぱり
努力値:
攻撃252 素早さ252 HP4
持ち物:
リザードナイトX
確定技:
ドラゴンクローorドラゴンダイブorげきりん/ほのおのパンチorフレアドライブ/
りゅうのまい
選択肢:
じしん/かみなりパンチ/みがわり/はねやすめ

◆型について

  • 高い攻撃を特性「かたいツメ」と「りゅうのまい」でさらに高めます。「りゅうのまい」では素早さも上がるため、バトル終盤の全抜きアタッカーにピッタリです。
  • メガリザードンXは炎タイプを持つため、他のドラゴンと違い「りゅうのまい」で上がった攻撃力をやけどにより下げられる心配がありません。「おにび」「ねっとう」を使う相手にも強いです。
  • メガリザードンXは他のドラゴンと異なり「バレットパンチ」に耐性を持ち、「こおりのつぶて」で弱点を突かれません。メガリザードンXはカイリューやボーマンダよりも先制技に強いといえます。
  • リザードンは「ステルスロック」に弱いので、6対6で使用するなら特に「こうそくスピン」サポートのポケモンが味方に必要です。

◆特性について

  • 直接攻撃技の威力が上がる「かたいツメ」です。メインウェポンは全て直接技ですが、「じしん」は間接技なので威力が上がらないことに注意。

◆性格・努力値について

  • 性格は攻撃重視のいじっぱりか、素早さ重視のようきで選択となります。
    性格がいじっぱりでも最速カイリューや最速ギャラドスは抜くことができます。こちらが「りゅうのまい」を積んでいれば、カイリューやギャラドスに「りゅうのまい」を積まれても抜かれる心配がありません。当然「こだわりスカーフ」の最速バンギラスも抜いています。
    性格をようきにするメリットは、最速ランドロスれいじゅうフォルムを含めた素早さ87~100族を抜けることです。最速ボーマンダとはち合わせてどうしても交代できないとき、撃ち合いで50%の確率で勝てるメリットもあります。
  • 努力値は先制高火力で攻撃しやすくなる攻撃・素早さ全振りがオススメです。

◆持ち物について

  • 「リザードナイトX」でリザードンをメガリザードンXにメガシンカさせます。

◆技について

「ドラゴンクローorドラゴンダイブorげきりん」「ほのおのパンチorフレアドライブ」「りゅうのまい」「選択肢」という技構成です。

  • 「ドラゴンクロー」「ドラゴンダイブ」「げきりん」はタイプ一致のメインウェポンですが、どれも一長一短です。
    「ドラゴンクロー」は命中率100の安定技ですが、威力が80と低いのが悩みどころ。3つの技の中で一番安定感は高いです。
    「ドラゴンダイブ」は命中率が75と低いですが、威力は100で確定圏内に入る相手が増えます。外れやすいため、「りゅうのまい」を積んでこれから全抜きというときに外して反撃で倒されるなどのリスクがあります。
    「げきりん」は命中率100、威力120の強力な技。使うと自動的に数ターン「げきりん」を使い続けるため、いつでも使えるわけではありません。ドラゴン技に耐性があるポケモンを繰り出されて積み技を使われるなどの危険があります。
  • 「ほのおのパンチ」「フレアドライブ」はタイプ一致の炎技。ドラゴン技に耐性がある鋼やフェアリーといったポケモンが攻撃範囲です。
    「ほのおのパンチ」はBW2の教え技です。威力は75と低いですが、デメリット効果もない安定技です。
    「フレアドライブ」は威力120と強力ですが、反動ダメージが痛いです。
  • 「りゅうのまい」はりゅうのまい型なので確定です。
  • 「じしん」はドラゴン+炎のタイプを補完するのに最適な地面技。ドラゴン+炎に両方耐性を持つマリルリに等倍ダメージを与え、メレシーや特性「もらいび」のヒードランの弱点を突くことができます。天気を雨にされ、炎技が火力ダウンしたときにも効果的です。「じしん」は直接技ではないため特性「かたいツメ」の威力アップが発動しないことに注意です。
  • 「かみなりパンチ」はマリルリの弱点を突けるほか、ギャラドスの4倍弱点を突くことができます。
  • 「みがわり」は相手の交代読みで使えば、交代先の相手に効果的な技を確実に選択できます。
  • 「はねやすめ」は交代読みなどで使い、リザードンを回復させる技。使っているヒマはあまりないかもしれませんが、あれば便利な技です。

【二刀流型】

特性 :
かたいツメ
性格 :
むじゃきorやんちゃorうっかりや
努力値:
素早さ252 特攻調整 残り攻撃
持ち物:
リザードナイトX
確定技:
ドラゴンクローorドラゴンダイブorげきりん/だいもんじorオーバーヒート
選択肢:
じしん/かみなりパンチ/りゅうのまい/みがわり/はねやすめ

◆型について

  • メガリザードンXの高い特攻を生かせる特殊炎技を使う型です。リザードンが使う特殊技は間接技なので特性「かたいツメ」が発動しませんが、元の威力が物理技より高いので大丈夫。また物理技だけを使うよりも、特殊技を使った方が物理耐久が高いポケモンを突破しやすくなります。
  • こちらの型でも、リザードンが最初に場に出るとき「ステルスロック」がないようにします。3対3の方がオススメですが、6対6なら「こうそくスピン」などでのサポートが必要です。

◆特性について

  • メインウェポンのドラゴン技が威力アップする「かたいツメ」です。

◆性格・努力値について

  • 性格は攻撃面重視のやんちゃorうっかりやか、素早さ重視のむじゃきで選択となります。素早さアップの性格にするメリット・デメリットは上記りゅうのまい型と共通です。
  • 努力値は攻撃全振りでもOKですが、特攻にも振っておくと高耐久ポケモンを突破しやすくなります。例えば性格がむじゃきのとき特攻に156、うっかりやのとき特攻に36だけ振ると、「たべのこし」を持つHP振りカバルドンを確定2発で倒せます。

◆持ち物について

  • 「リザードナイトX」でリザードンをメガリザードンXにメガシンカさせます。

◆技について

「ドラゴンクローorドラゴンダイブorげきりん」「だいもんじorオーバーヒート」「選択肢」「選択肢」という技構成です。

  • 「ドラゴンクロー」「ドラゴンダイブ」「げきりん」はメインウェポンのドラゴン技。選択基準は上記りゅうのまい型と同じです。
  • 「だいもんじ」「オーバーヒート」は炎タイプの特殊技です。メガリザードンXの高い特攻を生かすことができます。また攻撃対象となる鋼ポケモンは防御>特防のポケモンが多いので、特殊技の方がダメージが入りやすいです。
    確定で倒したい仮想敵が特にいない場合、威力減衰のない「だいもんじ」がオススメです。2発以上連続で撃つなら「だいもんじ」の方が高火力です。
    「オーバーヒート」は使用後に特攻ダウンがありますが、最初の1発で倒せる相手は増えます。またメガリザードンXには物理技もあるので、特攻が下がるデメリットも半減です。
  • 「じしん」「かみなりパンチ」の選択基準は上記りゅうのまい型と同じです。
  • 「りゅうのまい」は二刀流型でも生かせます。バトル終盤に積めば上がった素早さで全抜きしやすくなります。
  • 「みがわり」「はねやすめ」の選択基準は上記りゅうのまい型と同じです。

役割関係

【メガリザードンXを繰り出せるポケモン】

【メガリザードンXに繰り出されるポケモン】


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館