ユレイドル育成論

ユレイドルの育成論。

ユレイドルの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

ユレイドルの基本データ

全国 No.346 ユレイドル
ユレイドル 分類 : いわつぼポケモン
タイプ : いわ / くさ
高さ : 1.5 m
重さ : 60.4 kg
種族値 タイプ相性
HP 86
攻撃 81
防御 97
特攻 81
特防 107
素早さ 43
×4
×2 氷 格 虫 鋼
×1/2 無 電
×1/4
無効
特性
きゅうばん 強制的に交換させられるわざを受けない。
隠れ特性(夢特性)
よびみず みずタイプのわざを全て自分が受けて無効化し、特攻のランクが1段階上がる。

ユレイドルのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ユレイドルを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ユレイドルの特徴

【良いところ】

  • 岩タイプのため、天気が砂嵐のときに特防が1.5倍となります。この恩恵を受けるために砂パに組み込むのがオススメです。
    砂嵐は耐久を上げるだけでなく、相手にダメージを蓄積させることにも役立ちます。火力がなく、相手を素早く倒すことのできないユレイドルにとって砂嵐はダメージソースでもあります。
    コチラの「すなおこし」要員としては、弱点が被るバンギラスよりもカバルドンがよいです。パーティの火力が低くなりますが・・
  • 岩技をタイプ一致で使うことができ、ギャラドスやボーマンダなどの飛行タイプに強いです。このこともカバルドンと相性がよい理由です。
    特に、砂嵐の特防UP効果により受け不可能な二刀エースであるボーマンダを流すことができます。

【悪いところ】

  • 砂嵐下で特殊耐久が上がり、再生回復の「じこさいせい」を持つため特殊受けとして期待されがちです。しかし単なる特殊受けとしては、天候に関わらず安定するハピナスを使った方がよいです。
    ハピナスとの差別化点は、耐久調整によりギャラドスやボーマンダなどの飛行タイプの流しができることです。
  • 「バリアー」「のろい」「たくわえる」など、防御力を上げて居座りを狙う補助技を使うことができます。砂嵐状態で積めば堅くなりますが、高火力の相手を呼び寄せるため積んでも居座れるかは微妙です。またユレイドルの火力がないため「つるぎのまい」などの積み技の起点にされてしまいます。急所にも弱いです。
  • 攻撃種族値が低く、努力値を割く余裕もないため火力がありません。タイプ耐性を活かさずとも多くの相手を呼び寄せてしまいます。
    タイプ一致で弱点を突けるヘラクロス・メタグロスなどのエースや「つるぎのまい」を使い突破を狙ってくるガブリアス・ルカリオなど強力なポケモンを呼び寄せます。繰り出される相手が強く厄介です。

霰パ型

【いろいろ流し型】

性格 :
しんちょうorなまいき
努力値:
HP252、防御調整、残り特防
持ち物:
たべのこし
確定技:
いわなだれ、じこさいせい、バリアーorのろい
選択肢:
くさむすび、あやしいひかり、ミラーコート

砂嵐の特防UP効果を受けたいので砂パで使用します。

性格・努力値について。
火力UPアイテムのないギャラドスはHP振りだけでも流すことができます。
防御は、火力UPアイテムを持ったギャラドスなど飛行タイプを相手にすることを考慮して調整します。防御に多めに振るとしても、種族値の高い特防に性格補正をかけた方が得です。
性格は特防が上がるしんちょうが基本ですが、「くさむすび」でヤドランを流せるなまいきも候補となります。
防御調整先の例としては、攻撃特化ギャラドス@いのちのたま の「アクアテール」を「たべのこし」込みで2発耐えるなどがあります。この配分でボーマンダの流しも行うことができます。

持ち物について。
再生回復と相性がよい「たべのこし」です。

技について。
「いわなだれ」「じこさいせい」「バリアーorのろい」「選択肢」という技構成とします。
「いわなだれ」はギャラドス・ボーマンダなど飛行タイプへの遂行技です。「ストーンエッジ」ではPP・命中率ともに不安定です。
「じこさいせい」は便利な再生回復技です。居座りとの相性もよいです。
「バリアー」「のろい」はギャラドスに「りゅうのまい」で突破されることを防ぐ対抗手段です。物理耐久を上げて居座りを期待することもできます。砂パに入れれば砂嵐で特防は上がっているため、防御UPの積み技で物理・特殊共に高耐久となります。ユレイドルがHP振りだけでも、「バリアー」を使えば攻撃に振っていないゴウカザル程度の弱点技持ちに対して居座ることができます。防御に振れば更に高火力の相手に対し居座ることもできます。しかし積んだターンに火力UPアイテム持ちヘラクロスなどの物理エースが繰り出されると、結局逃げる必要があり積み損となってしまいます。リスクなく積めるのは危険な相手を倒した後です。「のろい」は攻撃UPが魅力ですが、「バリアー」の方が素早く物理耐久を上げられるため居座りやすく「りゅうのまい」にも強くなります。
残りの技は選択肢となります。
「くさむすび」はスイクンやヤドランへの遂行技です。彼らまで流しの範囲に入れたいなら必要です。
「あやしいひかり」はメタグロスやヘラクロスへの交代読みで使い、コチラ後続の負担を減らします。
「ミラーコート」は相手の特殊技を読んで使います。「バリアー」を積むことに成功すれば、相手は物理技でのユレイドル突破が困難となるため反射のチャンスがあります。火力に乏しいユレイドルが相手にある程度のダメージを与えられる手段です。素の状態で呼び寄せる相手には物理アタッカーが多いため使いにくさがあります。

役割関係


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンサン・ムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館