ライコウ育成論

ライコウの育成論。

ライコウの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

ライコウの基本データ

全国 No.243 ライコウ
ライコウ 分類 : いかずちポケモン
タイプ : でんき
高さ : 1.9 m
重さ : 178.0 kg
種族値 タイプ相性
HP 90
攻撃 85
防御 75
特攻 115
特防 100
素早さ 115
×4
×2
×1/2 電 飛 鋼
×1/4
無効
特性
プレッシャー 相手が使用したわざのPPを1多く減らす。
手持ちの先頭にいると、レベルの高い野生ポケモンが出現しやすくなる。
隠れ特性(夢特性)
ちくでん でんきタイプのわざを受けると無効化し、最大HPの1/4だけ回復する。

ライコウのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 ライコウを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

ライコウの特徴

【良いところ】

  • 特攻・素早さ種族値が高いため、特殊エースとして期待できます。耐久も低くはなく、サンダースよりも相手との撃ち合いに強いポケモンです。特に特殊耐久は高めであり先制「めいそう」により強化することもできるので、特殊相手との撃ち合いには強いです。バトル終盤に「めいそう」を使えば全抜きも狙えます。
  • 特殊耐久は素でも高めであり、スイクンやヤドランなど火力のない水タイプになら交代出しができます。サンダーなど、ライコウに有効な技を持たない飛行タイプにも有利です。相手の交代を読んで「めいそう」を使いましょう。

【悪いところ】

  • 単電気なのでタイプ耐性が少ないです。耐性を利用した交代出しがしにくいポケモンです。
    バトルに出しにくいのでできるだけ止まりにくくしたいところです。しかし電気タイプの宿命で、使えるサブウェポンをほとんど習得できませんので止まる相手には激しく止まります。
    「10まんボルト」で足りない攻撃範囲は「めざめるパワー」に頼ることになります。「めざめるパワー」は、電気技が無効である地面タイプを狙える氷か草となりますが、どちらにせよ突破できない相手が出てきてしまいます。ライコウで突破できない相手は味方に交代すれば良いですが、味方に負担がかかります。6匹見せ合い3on3なら相手のパーティ次第でライコウを選択しないという手もあります。
    2010年夏映画の前売り券配布の色違いライコウは「はどうだん」「ウェザーボール」などを習得しています。「はどうだん」はカビゴン・ユキノオーなどに撃つことができます。しかし性格がうっかりやで固定であるという説が強いです(今後検証)。よって性格不一致のため却下です・・・もったいない。
  • 決定力を上げる「めいそう」を習得できます。頑張って5回積めば特防振りハピナスが「10まんボルト」で確2となるため、突破できます。しかしハピナスは「かみなり」を持っていることが多いためマヒが怖く、かといってライコウに状態異常対策の「みがわり」を入れるには技スペースがきついです。
    タイマンでは勝つことができますが、マヒが痛すぎるので、ハピナスに対しては素直に物理アタッカーに交代した方が良さそうです。「めいそう」を見せただけで相手が流れてくれればいいのですが・・

ライコウの型

【特殊エース型】

性格 :
おくびょう
努力値:
特攻252、素早さ252、HP6
持ち物:
いかずちプレート
メイン:
10まんボルト
サブ技:
めざめるパワー氷or草、シグナルビーム
補助技:
めいそう、リフレクター

火力のない水タイプなどに交代出しで登場します。交代読み「めいそう」で全抜きも狙えます。
バトル序盤から「めいそう」を使うと、突破できない地面タイプが後出しされてムダ積みになるので気をつけましょう。

性格・努力値について。
撃ち合いに強くするためにおくびょう最速とします。耐久は無振りでもそこそこ。
エースなので特攻に振ります。

持ち物について。
耐久を削らずに「10まんボルト」を強化できる「いかずちプレート」などがオススメです。
コレでなければいけない、という持ち物ではないので別なものでもよいです。

技について。
「10まんボルト」「めざめるパワー氷or草」「めいそう」「選択肢」という技構成とします。
「10まんボルト」はメイン技。地面タイプのアタッカーには無償降臨されてしまうので、バトル終盤まで素直に選択しにくいことが欠点です。
「めざめるパワー氷or草」は電気技の効かない地面タイプの対策で、選択です。
氷にすればガブリアスの4倍弱点をつくことができますが、ドサイドン・ラグラージがムリになります。氷技では、電気技に耐性のあるラティオスと草タイプの弱点をつくこともできます。
草にすればドサイドン・ラグラージの4倍弱点をつくことができますが、ガブリアスがムリになります。ラティオスと草タイプの弱点も突けなくなります。
「めいそう」は決定力を上げる積み技です。素早さが高いので、うまく積めれば全抜きを狙うこともできます。使える技の威力がそもそも微妙なので、コレがないと火力不足といえます。
残りの技は選択肢となります。
「シグナルビーム」はラティオスや草タイプの弱点をつくことができます。「めざめるパワー」が氷の場合、ラティオス・草タイプには氷技で良いので、ユキノオーピンポイントとなりそこまで必要ありません。「めざめるパワー」が草の場合は、ラティオスと草タイプの対策に必要です。ラティオスには「シャドーボール」の方が威力が高いですが、範囲の広いコチラがオススメです。
「リフレクター」はドサイドンやラグラージなどへの交代読みで張ります。コチラ後続の負担を減らすことができます。ライコウは交代出ししにくいエースなので、場に出たらできるだけ相手を攻撃したいですから置き逃げ系の技とは相性が良くありません。しかし「めざめるパワー」が氷の場合、上記の地面タイプを突破することは難しいので使われます。

役割関係


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館