キュウコン育成論

キュウコンの育成論。

キュウコンの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

キュウコンの基本データ

全国 No.038 キュウコン
キュウコン 分類 : きつねポケモン
タイプ : ほのお
高さ : 1.1 m
重さ : 19.9 kg
種族値 タイプ相性
HP 73
攻撃 76
防御 75
特攻 81
特防 100
素早さ 100
×4
×2 水 地 岩
×1/2 炎 草 氷 虫 鋼
×1/4
無効
特性
もらいび ほのおタイプのわざを受けると無効化し、ほのおタイプのわざの威力が1.5倍になる。
隠れ特性(夢特性)
ひでり バトルに出ると、天気が晴れになる。

キュウコンのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 キュウコンを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

キュウコンの特徴

【良いところ】

  • 特攻を2段階一気に上げる積み技「わるだくみ」を覚えることができます。キュウコンは火力がなく、相手を流す能力は高くないので交代読みで積むことは安定しません。しかし「さいみんじゅつ」と組み合わせれば「わるだくみ」を1回積むチャンスをつくることができます。
    頑張って3回積めば、特防振りハピナスも「だいもんじ」で確2となります。対ハピナスでは「かみなり」のマヒがコワイため、眠らせるか逃げた方がいいですが・・
  • ボーマンダやラティオスなど強力なドラゴンを呼び寄せるので、交代際の「さいみんじゅつ」で眠らせることができます。呼ぶ相手が強力なので「さいみんじゅつ」とは相性がいいポケモンです。外れるとコチラ後続の負担が痛すぎますが・・・

【悪いところ】

  • メジャーなタイプに対する耐性が少ないため、交代出ししにくいポケモンです。一度出したらできるだけ止まらないようにする必要がありますが、覚える技が少なく止まりにくいとはいえません。コチラの別なメンバーで、キュウコンの苦手な相手を予め倒しておくのが理想です。
  • 交代出ししにくくこれといった役割を持ちにくいポケモンなので、相手を次々に倒すアタッカー路線で考えます。タイプ一致威力120の炎技「だいもんじ」で攻めていきたいところ。しかし特攻種族値は81と低めで、アタッカーなのに火力がありません。特攻全振り性格補正無しキュウコンの「だいもんじ」で、HP振りメタグロスですら中低乱数1です。「わるだくみ」を積まないととても戦えません。積み技を使わなくてもそこそこ火力のあるスターミーやゴウカザルの方が、特殊アタッカーとしては使いやすいといえます。彼らの方が素早さも高いのでタイマン戦にも強いです。
  • 素早さ種族値が100と中途半端です。スターミー・ゴウカザル・ガブリアスなど多くのより素早いエースに先手を取られてしまいます。止まりにくくする必要があるとはいえ、キュウコンで全抜きはキビシイです。
    「わるだくみ」を使ったターンにスターミーやガブリアスに交代されると、コチラは何もできずに逃げなければなりません。
  • 覚える技のレパートリーが少ないです。
    ドラゴンは炎技に耐性があるため、炎ポケモンはドラゴンを呼び寄せやすいです。キュウコンも例外ではなく、ドラゴンを牽制できる攻撃技が「めざめるパワー氷」しかないので、ボーマンダやラティオスなど強力なドラゴンを呼び寄せてしまいます。交代読み「さいみんじゅつ」が当たればいいのですが、外れてしまうとコチラ後続の負担が大きくなります。「さいみんじゅつ」の命中率は60と低いので、コレでドラゴンを牽制しなければならないことは結構運ゲです。
  • 特性「もらいび」を持ち、炎技読みでの無償降臨ができます。しかし対戦でメジャーな炎タイプは、「インファイト」を持つためキュウコンを後出しできないゴウカザルくらいです。炎タイプ以外で「だいもんじ」を使ってくる相手にはボーマンダ・ガブリアスなどドラゴンタイプが多いです。バトルで炎技を使ってくる相手はキュウコンに対して有利であるポケモンが多いといえます。そのため「もらいび」を発動させることは難しく、死に特性となりがちです。
  • 岩技が弱点のため「ステルスロック」でHPの1/4を削られます。パーティの「ステルスロック」耐性が悪くなります。

キュウコンの型

【わるだくみ型】

性格 :
おくびょう
努力値:
特攻252、素早さ252、HP6
持ち物:
いのちのたま、ひのたまプレートなど火力UP系
メイン:
だいもんじ
サブ技:
エナジーボール
補助技:
さいみんじゅつ、わるだくみ

草タイプの「リーフストーム」読みで交代出しか、キュウコンよりも遅い相手に死に出しで登場します。
「さいみんじゅつ」で相手を眠らせたら、相手が交代するターンに「わるだくみ」が積めます。

性格・努力値について。
「わるだくみ」を積むとはいえ、特攻種族値の低さを補う意味で特攻に振ります。
「わるだくみ」を積んだらできるだけ先手で攻撃したいですし、止まりにくくするために素早さに振ります。

持ち物について。
「いのちのたま」など火力UP系でさらなる決定力の補強をしたいところ。
「いのちのたま」を他のメンバーに持たせている場合は「ひのたまプレート」など。

技について。
「だいもんじ」「エナジーボール」「さいみんじゅつ」「わるだくみ」という技構成とします。
「だいもんじ」はメイン技。特攻種族値が低めであり「かえんほうしゃ」「ねっぷう」では決定力不足です。「オーバーヒート」は連打ができないため却下です。
「エナジーボール」は「だいもんじ」に耐性がある水・岩タイプの弱点を突ける技です。威力不足ですが、ラグラージやドサイドン、スターミーの牽制となります。
「さいみんじゅつ」は相手を眠らせて交代させることにより「わるだくみ」を1回積む隙をつくる技。ボーマンダ・ガブリアスのような強力なドラゴンタイプやスターミーなど、キュウコンが呼び寄せてしまう相手全般を牽制する技でもあります。複数の意味を持つ技であり、ドラゴン対策ピンポイントとなる「めざめるパワー氷」や物理アタッカーにしか効果がない「おにび」よりもオススメです。
「わるだくみ」は火力のないキュウコンが決定力を一気に上げるための技です。「さいみんじゅつ」と組み合わせて使うほか、草タイプの「リーフストーム」読みでキュウコンを出した後に相手の交代読みで積むこともできます。コレがないと止まりやすすぎるためキビシイです。あっても、積んだターンにガブリアスが出て来たりして止まりますが・・・

役割関係

【キュウコンを繰り出せるポケモン】

【キュウコンに繰り出されるポケモン】


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館