メレシー育成論

メレシーの育成論。ポケモンXY対応版。

メレシーの種族値・タイプ相性・特性などのデータや、個体値・努力値・技などの育成型、役割関係を考察。

メレシーの基本データ

全国 No.703 メレシー
メレシー 分類 : ほうせきポケモン
タイプ : いわ/フェアリー
高さ : 0.3 m
重さ : 5.7 kg
種族値 タイプ相性
HP 50
攻撃 50
防御 150
特攻 50
特防 150
素早さ 50
×4
×2 水 草 地
×1/2 無 炎 飛 虫 悪
×1/4
無効
特性
クリアボディ 相手のわざや特性で能力のランクを下げられない。
隠れ特性(夢特性)
がんじょう 「じわれ」「ぜったいれいど」「つのドリル」「ハサミギロチン」などの一撃でひんし状態になるわざが効かない。
HPが全快のときにHPが0になるような攻撃を受けてもHPが1だけ残る。

メレシーのさらに詳細なデータはポケモン図鑑 メレシーを参照(覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます)。

メレシーの特徴

【良いところ】

  • メレシーはポケモンXYで新登場した宝石のポケモンで、幻ポケモンのディアンシーとも関係が深いポケモンです。XYの新タイプであるフェアリータイプを持ちますが、幻ポケモンを除くと岩/フェアリーのタイプ構成を持つのはメレシーのみです。
  • メレシーはタイプ耐性が多めで、ドラゴンや炎といったメジャー技読みで繰り出すことができます。特に「りゅうせいぐん」のようなドラゴン技に無償降臨できる点は大きく評価できます。
  • 高耐久でパーティのサポートに使える岩ポケモンには他にツボツボやダイノーズなどがいます。メレシーはツボツボのように「ステルスロック」に弱点を持たず、ダイノーズのように地面や格闘といったメジャータイプに4倍弱点を持たないことが評価できます。

【悪いところ】

  • メレシーのウリは耐久の高さですが、水や地面といったメジャータイプに弱点を持ち、鋼に4倍弱点も持つため居座りには向きません。メレシーの耐久を生かすなら、得意な相手に何度も交代出しして「ステルスロック」などのサポート技を使う役割が無難です。しかしメレシーは「じこさいせい」のような回復技を覚えず、繰り出せる回数は限られてしまいます。
  • メレシーは攻撃力が低いため敵を流す力が弱く、流しに失敗すると相手に「つるぎのまい」など積み技を積む起点にされてしまいがちです。メレシーは「リフレクター」などで相手の積み技に一時的に対抗できますが、相手に複数回積まれてしまうと厳しいです。
    また攻撃力の低さから「ちょうはつ」にも弱く、攻撃技を覚えていたとしても与ダメージが少ないため相手の積み起点になりがちです。
  • メレシーはフェアリーポケモンのためドラゴン技読みで無償降臨できます。一見ドラゴン流しとして期待できそうですが、メレシーは岩タイプを併せ持つためガブリアスやボーマンダの「じしん」、ラティオスやラティアスの「なみのり」などで弱点を突かれてしまいます。このためメジャーなドラゴンを流しにくく、ドラゴン流しのフェアリーポケモンが必要なときはメレシー以外のポケモンを選択した方が無難です。

メレシーの型

【サポート型】

特性 :
クリアボディorがんじょう
性格 :
ずぶといorおだやかorわんぱくorしんちょう
努力値:
HP252 防御or特防252
持ち物:
たべのこしorひかりのねんど
確定技:
ステルスロック/リフレクターorひかりのかべ
選択肢:
ムーンフォース/ストーンエッジ/パワージェム/がんせきふうじ/だいばくはつ

◆型について

  • メレシーは高い耐久とタイプ耐性を生かし、ドラゴン、炎、飛行などの相手に交代出しできるポケモンです。相手を流す際に「ステルスロック」や壁張りをすれば味方のサポートができます。補助技を中心としたサポート型は、攻撃力は低くても繰り出せるチャンスがそこそこあるメレシーにピッタリの型です。

◆特性について

  • 「クリアボディ」は無難な特性です。
  • 隠れ特性「がんじょう」は半減技読みで繰り出すときにHPが減るため微妙ですが、ドラゴン技読みで無償降臨できれば役立つことがあります。

◆性格・努力値について

  • メレシーを繰り出せる回数を増やすため、物理耐久or特殊耐久いずれかに特化するのが無難です。物理耐久に特化すると「げきりん」などを使う物理アタッカーに繰り出したとき読み外して違う技を使われてもダメージが抑えられます。特殊耐久に特化すると「りゅうせいぐん」などを使う特殊アタッカーに繰り出しやすくなります。
  • 「ムーンフォース」など特殊技を使うとき性格は攻撃↓のずぶといorおだやか、「ストーンエッジ」など物理技を使うときは特攻↓のわんぱくorしんちょうになります。

◆持ち物について

  • たべのこし:
    メレシーを回復し、何度も場に繰り出せるようになります。
  • ひかりのねんど:
    「リフレクター」「ひかりのかべ」が8ターン続くようになり、サポート効果が増します。

◆技について

「ステルスロック」「リフレクターorひかりのかべ」「選択肢」「選択肢」という技構成です。

  • ステルスロック:
    撒いておけば味方のエースが相手を確定で倒しやすくなります。また相手のリザードンやウルガモスといった岩に弱いポケモンに圧力をかけられます。
  • リフレクター・ひかりのかべ:
    壁張りしてから交代することで味方が受けるダメージを減らすサポートができます。メレシーが呼び寄せる鋼・地面ポケモンは物理アタッカーが多いため「リフレクター」が有効で、水や草といったポケモンには「ひかりのかべ」が有効です。
  • ムーンフォース:
    タイプ一致のフェアリー技で、ドラゴンへの遂行技でもあります。メレシーは特攻種族値が低すぎるため、タイプ一致で弱点を突いても相手を一撃で倒しにくいです。
  • ストーンエッジ・パワージェム・がんせきふうじ:
    タイプ一致の岩技で、炎や飛行といった相手への遂行技になります。攻撃系種族値の低さから火力は微妙です。
    「ストーンエッジ」は威力100の物理技です。「パワージェム」は特殊技で、XYで威力80に上がりました。「がんせきふうじ」は威力60の物理技ですが、相手の素早さを1段階下げる追加効果があります。
  • だいばくはつ:
    メレシーの体力が減ったり、必要なくなったときに自爆で散ることができます。メレシーは攻撃が低いので威力は微妙なところです。

【トリックルーム型】

特性 :
がんじょう
性格 :
ゆうかんorのんきorなまいき
努力値:
HP252 攻撃or防御or特防252
持ち物:
ラムのみorメンタルハーブ
確定技:
トリックルーム/だいばくはつ
選択肢:
リフレクター/ひかりのかべ/ステルスロック

◆型について

  • メレシーは「トリックルーム」を覚えるため、トリパ(トリックルームパーティ)のスタート役を任せることができます。3on3のバトル先発や6on6のバトル後半に死に出しなどで登場し、「トリックルーム」を使う型です。
  • メレシーは素早さ種族値が50と遅いため「トリックルーム」後に先手をとりやすく、「トリックルーム」後は即「だいばくはつ」で散ることができます。味方の後続を高火力の鈍足エースにしておき全抜きを狙いましょう。

◆特性について

  • 夢特性「がんじょう」にすれば相手の攻撃をほぼ必ず1発耐えられます。メレシーは岩タイプなので砂嵐で「がんじょう」が潰されない点も良いです。

◆性格・努力値について

  • 霰などで「がんじょう」が発動しなくても必ず「トリックルーム」を使えるようにHPに全振りします。
  • 「トリックルーム」後に先手で「だいばくはつ」を使えるよう、性格は素早さ↓のゆうかんorのんきorなまいきがオススメです。
  • ゆうかん+攻撃振りにすると「だいばくはつ」の威力が上がります。その他、耐久にこだわりたいときはのんき+防御振りやなまいき+特防振りもお好みで選択できます。

◆持ち物について

  • ラムのみ:
    相手の「さいみんじゅつ」などに強くなり、確実に「トリックルーム」を発動させるのに役立ちます。メレシーは特性「がんじょう」で相手の攻撃をほぼ必ず耐えられるため、「きあいのタスキ」を持たせる必要がありません。
  • メンタルハーブ:
    「ちょうはつ」対策になるアイテムで、ついでに「アンコール」などの技も防げます。

◆技について

「トリックルーム」「選択肢」「選択肢」「選択肢」という技構成です。

  • トリックルーム:
    【トリックルーム型】なので確定です。
  • だいばくはつ:
    「トリックルーム」後は速攻で自爆して退場します。
  • リフレクター:
    「トリックルーム」を使う前に壁張りをしておけば味方の後続エースのサポートになります。味方の後続アタッカーが物理技に弱いときにオススメです。
  • ひかりのかべ:
    こちらも「トリックルーム」を使う前に使用します。味方の後続アタッカーが特殊技に弱いとき役立ちます。「リフレクター」と両方覚えさせて場合によって使い分けたり、余裕があれば両方の壁を張ってもOKです。
  • ステルスロック:
    「トリックルーム」発動前に撒いておけば、味方の後続エースが相手を確定で倒しやすくなります。

【めいそう型】

特性 :
クリアボディ
性格 :
ずぶとい
努力値:
HP252 防御252
持ち物:
たべのこしorカゴのみ
確定技:
ムーンフォース/めいそう
選択肢:
パワージェム/ねむる/ねごと

◆型について

  • メレシーの高耐久を生かし、「めいそう」を積んで居座りを狙う型です。メレシーは弱点がメジャーで鋼に4倍弱点もあるため本来居座りにくいポケモンですが、相手に物理エースが残っていないときに限れば「めいそう」を積むことで対処しにくいポケモンとなります。メレシーは素早さが遅いため、他の素早いエースと違い「めいそう」一積みから全抜きに繋げることは厳しいです。
  • メレシーの弱点のメジャーさや相手も同時に積み技を使えることから、通常ルールで「めいそう」メレシーが居座ることは厳しいです。マイナーポケモン限定ルールなど、ルールによっては活躍できるかもしれません。

◆特性について

  • 「クリアボディ」が無難です。

◆性格・努力値について

  • 予めずぶとい防御特化で物理耐久を最大まで上げておきます。特殊耐久は「めいそう」で上げることで居座りを狙います。

◆持ち物について

  • たべのこし:
    メレシーを回復しつつ居座りを狙います。
  • カゴのみ:
    「ねむる」と組み合わせて1回だけ全回復できます。

◆技について

「ムーンフォース」「めいそう」「選択肢」「選択肢」という技構成です。

  • ムーンフォース:
    タイプ一致のメインウェポンです。メレシーは特攻が低いですが、「めいそう」を複数回積めれば火力に期待できます。
  • めいそう:
    【めいそう型】なので確定です。
  • パワージェム:
    「ムーンフォース」を半減する炎ポケモンに効果抜群です。鋼ポケモンにはこちらも半減されてしまいます。
  • ねむる:
    「カゴのみ」と組み合わせて全回復したり、「ねごと」と組み合わせてねむねご戦法ができます。
  • ねごと:
    「カゴのみ」がない場合、「ねむる」で体力を全回復したら「ねごと」を使えば眠りながら技を使えます。

役割関係


スポンサーリンク

メインコンテンツ

共通コンテンツ

スポンサーリンク

PR

  • ポケモンウルトラサン・ウルトラムーン攻略 | ポケモン王国攻略館
  • ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー攻略館